「ほっ」と。キャンペーン

世界のあっちこっちで・暮らしの中の小さな幸せ♪

hirorobox.exblog.jp
ブログトップ

ついに念願のアバヤ購入! その顛末記(笑)

そう、ずっと一枚あったらいいな~と思っていたのです。
現地のナショナル女性はみんな着ている、あの衣装、アバヤ&シーラ(頭に被るベール)。
それは好奇心やおしゃれ心で、というよりは、どちらかというと
「あると便利な生活必需品」的感覚からくる、まっとうな物欲でありました。(?)

特に、この小さな地方都市では、保守的な色合いが濃いようで、
人々の服装は、他の都市よりずいぶんトラディッショナルな感じがします。
外国人の服装もしかりで、ドバイやアブダビのように、むき出しのタンクトップや
短パンなどで歩いている人などはまったく見かけません。
先にあげた大都市に比べると、遙かにUAEナショナルの割合が多いこと、
外国人も物見遊山の観光客は少なくて、この地に足を着けて生活している人が
ほとんどという環境のせいもあるのかもしれません。

そんな中、自分なりに気をつけて、なるべく肌を隠す、体の線のでない服を選んで
外出しているつもりでも、けっこう気になる視線をしばしば感じていました。
詳しい心情は、以前こちらにも書いておりましたが。。。

というわけで、街中や、ごちゃごちゃしたスークなどを歩く時用に、
あると便利な、さっとはおれるアバヤ&シーラを求め、紆余曲折の日々。(笑)
何件かお店を回ったり、いろいろ試着してみたりしたのですが、
店員さんの言う値段も、ピンからキリまでです。
この国には値札なんかついている商品はないから、
どれくらいが適正な価格なのかわからないし、
デザインもそれぞれ。ひらひらレースやキンキラゴールドやぴかぴかビーズなどの
派手さ具合なんかも、どれくらいが「着てて目立たない」レベルなのか見当もつきません。^^;

さて、そんな私たちの前に、これまた今までお世話になりっぱなしの、
地元の素敵カップルが、またまた親切な救いの手を差し伸べて下さいました!

彼らが同行してくれたら、もうなんたって話が、早い早い。(笑)
案内していただいたのは、街中の、いろんなお店がたくさん集まった繁華街です。
アバヤショップもあちこちたくさんあるようでしたが、
アラブタイムの長~いお昼休みに入る直前、かろうじて開いていたこのお店に、滑り込みIN!
c0164052_16172093.jpg

この際、お店の店員さんは、日本のデパートやブティックなどと違い、
私にとってぜんぜん助けにならないってことは、経験済みです。
女性の服飾のお店だろうとなんだろうと、この街では、店員さんはほとんどが男性だし、
ファッションや着こなし相談をしながらの試着やお買い物なんてできないんです。^^;

でもこの日は、素敵カップルの奥さまに相談しながらじっくり選ぶことができました。
目立たずコンファタブルで、かつ、ちょっとはおしゃれなアバヤを一着♪

選んだ後は、おおお!素敵カップルの旦那様のほうが、
ホンモノのアラブ式のあざやかな値切りかたを、私たちに見せて下さいました!!!
アラビア語のやりとりでしたので、その詳しい駆け引きの内容はわからなかったものの、
最終的な購入価格は、今まで私たちがよそで見て値段を尋ねたアバヤの中で
一番安かった価格の、さらに半分くらいの値段に!
ちょっとびっくり。 私たちがよそ者の外国人と見られて、他の店では高い値段を
ふっかけられていたということもあると思いますが、わあ、なんとありがたいことでしょう。

c0164052_16394317.jpg
横幅がだぶだぶすぎたので、細くしてもらい、丈も少しつめてもらいました。注文表は、こんな感じ。 アラビア語なので、あんまりよくわかりませんが。。。^^;
お直しは、その日の夕方にはもう出来上がるとのことでした。アラブ式のゆっくりサービスを覚悟していた私たちは、そんなことにも感動でした。^^



というわけで、手に入れました、念願のアバヤ。
c0164052_16573251.jpg

c0164052_1704099.jpg
c0164052_171692.jpg

袖口のひらひらがおしゃれで、ちょっと自慢なんです♪(笑)
シーラは、それによく合うきらきらビーズ付きのを買おうかな~と思ったのですが、
なんと購入したアバヤよりも高い値段までにしか下がらず、交渉決裂。(笑)
出来上がりを取りに行った時に、もっとシンプルでお安い一枚を、とりあえず買ってきました。

近くの髪飾り屋さんで、髪を止めてシーラもずれにくくする、というこんなクリップもゲット。
c0164052_1658331.jpg
c0164052_16582980.jpg

                   出来上がりを着た図は、これで~す。
c0164052_173576.jpg

なんか、まだまだコスプレ遊びの域を出ていない感じアリアリですが・・・^^;
日本に観光旅行に来て、振袖を羽織らせてもらってご満悦の、
おちゃめな西欧人旅行者と変わらないかも。。。(笑)

こんな格好で、ショッピングモールやスーパーとかにも出かけてみました。
そういった場所では、普段はぜんぜん必要ないのですけれど、実験、実験。(笑)

そうすると・・・意外な反応を感じて、私はちょっと妙な気分(あんまりいい感じではありません)
になってしまったのでした。。。
普通の格好でいた時の、外国人労働者のおじさんたちから受けた「好色視線」とは
また違った「痛い視線」が、そこにはあります。
それは、ご覧のように、私のアバヤの着かたが、ぜんぜんなっていないけしからんもの
だったことにも原因がありそうですが、
逆に言えば、敬虔なイスラム国家であるはずのこの国の、ちょっとどろどろした暗部を
つかの間垣間見しまった瞬間だったかもしれません。

う~む、、、それについては、もう少し着慣れて(コスプレ卒業して^^;)
いろんなシチュエーションでアバヤ着用体験を積んでから、
ぼちぼちレポートしてみたいと思います。^^

昨日の夕方、少しだけアルアイン博物館を見学しに行ったのですが、
アバヤ着用実験に関しては、気持ち的にちょっとへこんでしまい、、、普通の服にしました。^^;
パートナーが一緒にいてくれる場合は、
いつもの服装の方がやっぱり全然気楽かもしれません。(へなちょこ実験者の本音です)。。。
[PR]
by hirorobox | 2008-12-15 12:56 | アラブ編U.A.E. | Comments(8)
Commented by rikushi at 2008-12-15 14:04 x
う~ん。
難しいものですねぇ。
でも、わかります。
わかったつもりになっていても、やっぱりその国が
身についていなかった・・なんてこと、ざらでした。
歴史も深い国ですもんね。
ありきたりですが、負けないでくださいね~。

でも、とても、すてきです!
アパヤ!
hiroroさんのおっしゃるように、袖口のひらひらが
ツボです♪
ワタシ、黒もすきなのですが、ワンポイントの
シルバーのビーズもすてきですよ~!
Commented by hanamomoact at 2008-12-15 16:57
おお~思ったよりも、袖具合とってもいいですね~。
しかもhiroroboxさん色白だからすごく似合います。
私はどす黒くなっちゃったのでうらやましいっ。
Commented by ボクのママ at 2008-12-15 21:22 x
そうですね。十分にお察しします。難しいでしょうね。すんなりと、違和感無く受け入れてもらえるには、まだまだ時間もかかるんでしょうね。
でも、とってもお似合いですよ。それに、hiroroさんはとってもお若くて、スキニーというか、痩せてらっしゃるんですね。自分の体型に慣れたワタシには、もうそれがショックなくらいです。顔にモザイクなんか入れないで、公表すれば良いのに・・・きっと、美人とみましたぞ。
Commented at 2008-12-15 23:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hirorobox at 2008-12-16 10:54
☆rikushiさん

観光客がお楽しみで着るのと、現地に馴染むために着るのとでは、
アバヤの着方も、心構えを変えなくちゃいけないなと思いました。
新婚旅行帰りの神田うのちゃんのアバヤ姿が素敵で、
ちょっと真似してみちゃったりしたのですが、
あんな格好は、まるで売春婦のように見られて、
この街ではちょっとタブーのようです。^^;
でもお気に入りのアバヤなので、ちゃんとトラディショナルに装って、
少しずつ着こなせていけたらいいな~と思います。^^
Commented by hirorobox at 2008-12-16 10:58
☆ボクのママさん

ご、誤解です~。(汗)
当方、最近メタボも気になる中年のオバさんでございます^^;
中年のおばさんらしく、アバヤもおとなしく着こなさなければなりませんね!^^;
無理せず、少しずつ楽しんで着ていければと思いますよ~。^^
Commented by hirorobox at 2008-12-16 11:06
☆hanamomoactさん

ありがとうございます~。^^
おバカな私がこの街でこんなふうになんとかやって行けてるのも、
はなももさんのおかげです!!!(涙、涙、、、)
アバヤ着慣れ作戦も、楽しくびびらずにやっていきますよ~。
まずはちゃんとした着方を覚えなければ。^^;
シーラの巻き方が難しいですね~。
日本から色つきの綺麗なスカーフなんかも持って来ようと思ってまーす。^^
Commented by miko at 2016-07-04 13:51 x
どんな視線だったのかな?
それから、結果
値段は日本円でどのくらいになりましたか?
値切りの下手な男もいるのかな?それとも男は皆女の為に必死で値切ってくれるのかな?
アバヤめっちゃほしいです‼
自分にぴったりの服を仕立てて貰うなんて何て贅沢なんでしょうか。日本だとかなりお金がかかる印象です。