世界のあっちこっちで・暮らしの中の小さな幸せ♪

hirorobox.exblog.jp
ブログトップ

2008年 11月 26日 ( 1 )

砂漠の温泉 ラクダと馬車と子どもの話

ハフィート山のふもとの温泉は、お気に入り♪
家からそんなに遠くないし、足湯や、のんびりお散歩できるのが楽しくて、
時間ができると、「また行ってみない?」と、まるで銭湯にでも通うみたいに?(笑)
しょっちゅう足が向いてしまうのでした。

昼間よりも、日が落ちて涼しくなった夜に行くことが多いのですが、
暑いアラブの国では、お店も、街も、公園も、昼間よりも夜の方がずっと人出が多くて、
煌々と灯る明かりの下、にぎやかに振るわっていたりします。^^

広い公園中、あちこちと、小川のように温泉が流れています。
場所によって、熱いお湯だったり、ぬるめだったり。
小川が交差しているところでは、暑さとぬるさを同時に楽しめたり♪^^

こういうお湯の出始めは、熱いところが多いです。
c0164052_18234257.jpg

こんな、急流みたいなところもあるし、
c0164052_19325386.jpg

のんびりゆったり流れる下流もあります。
c0164052_18255361.jpg
c0164052_1934784.jpg

家族連れのグループが多いのですが、
子どもたちは、日本に比べて、とてものびのびしているように感じます。
この子たち、私たちのすぐそばで、足湯に浸かったり、遊んだりしていましたが、
他人の、ましてや外国人の私たちの存在を、
まるで、いつも一緒にいる親戚のおじさんおばさんかのように、
自然に受け入れて、全然警戒したりしないのです。

彼らが遊んでいたおもちゃが飛んできて、私たちの向かい側に落ちました。
3人姉弟のまん中の男の子が、取りに行こうと私たちの前を通り過ぎた時、
「アッサラーム・アライクム」と言いました。
連れがその子に「ワ・アライクムッサラーム」と返すと、
その子からは可愛い自然な笑顔が、にっこり返ってきました。
アラビア語のアの字もわからない私が、あとで連れに何て言ったの?と聞くと、
ただこんにちはと挨拶を交わしただけだよと。

見知らぬ大人に対する警戒心のなさや、
ましてや子どものほうからあたりまえのように挨拶してくる様子を見て、
ああ、日本では悲しいことに、「知らない大人のそばに行っちゃダメ、
話しかけられても答えちゃダメ」と教え込まれるのに、、、と
可哀想な日本の子どもたちと、あまりの境遇の違いを感じて、ちょっとショックでした。

犯罪がまったくないとは言いませんが、UAEは、とても治安がいいのです。
特に、子どもたちにとっては、とても安全な国と聞きます。
きっとポルノグラフィが厳格に禁じられていることが、
子どもの安全が守られているひとつの大きな要因ではないかと推察します。
もしも野放しのポルノや残虐なゲームで学習することなどなかったら、
子どもを犯罪の対象にしようなどとは
(普通の大人や青少年は)誰も考えもしないと思いますもの。
私は専門家ではないけれど、そんなふうに感じました。。。

というわけで、夜遅くまでのびのびと外遊びする子どもたち。
いい大人の私だって遊んじゃう♪
初めてラクダさんにも乗ってみました。芝生の上を一回りしただけなんですけど。(笑)
ラクダさんの背の上は、思ったよりもとても高くて、ちょっと怖かったけど、面白かったです。^^
このラクダさんに乗りました。今は客待ち中。。。
なんだか、お行儀よく正座してるみたいに見えますね。^^
c0164052_19135262.jpg

まっ白な、まるでアラビアの王子様が乗るような、お馬さんもいました。
c0164052_19154178.jpg
c0164052_19161816.jpg

そして馬車にも乗っちゃいましたよ~。
ライトアップされた公園を、プリンセス気分でパカパカパカと一回り。(笑)
ほんとに、子どものように遊んでみました! 結構楽しい~^^

c0164052_19274875.jpg

というわけで、運動不足な日々を、夜のお散歩と、足湯に浸かって解消すべく、
目下のところ大変お気に入りのお出かけ先、ハフィート山の麓の公園で、
あったこと、いろいろでした。^^

c0164052_19282389.jpg

[PR]
by hirorobox | 2008-11-26 19:52 | アラブ編U.A.E.