「ほっ」と。キャンペーン

世界のあっちこっちで・暮らしの中の小さな幸せ♪

hirorobox.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ホノルル編Honolulu( 21 )

南の島とのお別れ

多分そろそろかなと、、、わかってはいたのですが、
あまりにもそれは突然でした。 秋のはじめ。。。
連れの仕事の関係で、なんと、1週間くらいで
スピードお引越ししなければならなくなってしまったのです。

私は日本で、仕事が入っていて、荷造りにも、お家にさよならを言いにも行けなくて。。。
最期に、お世話になった懐かしのコンドミニアムの思い出の写真をここに貼って、
お別れしようと思います。(笑)

                       屋上にて
c0164052_12244920.jpg

                   さようなら、青い海。

c0164052_551727.jpg

                さようなら、ダイアモンドヘッドさま。

c0164052_12275433.jpg

                重宝しました。バーベキューグリル。

c0164052_12292237.jpg

                小さな屋上図書室は、くつろげました。

c0164052_12255868.jpg

       ジムルーム。へなちょこエクササイズじゃウェイトダウンはむずかった・笑

c0164052_12263157.jpg

                       プールさん。

c0164052_12304346.jpg

おっと、これには毎朝お世話になりました。 made in Hawaiiのホイップクリーム♪
ワッフルにドバッとつけて、2枚も3枚も・・・これでジムルームの努力も水の泡。笑

c0164052_13114160.jpg

             お世話になりました。マウンテンバイク。
             ママチャリじゃないと怖いよ~なんて、文句を言ったり、
             下手くそな運転で転んだりして、ごめんなさい。
             盗難に遭ったって、戻ってきてくれたのに。。。 
             ほんとうにありがとう。 今生の別れ・・・涙


c0164052_12323963.jpg
c0164052_12334184.jpg


ドイツ生まれハワイ育ちの、大切なこの子とこの子は、ああ、置いては行けません。
荷物と一緒にフェリーに積み込まれ、メインランドへの船の旅へ。
どうぞ無事に着きますように。


c0164052_12352644.jpg
c0164052_1236571.jpg

            というわけで、ハワイの青い海ともお別れです。
c0164052_1237752.jpg

                   そして次なる地、マイアミへ。
c0164052_12373825.jpg

         次回からは、しばしのマイアミ滞在記を、綴っていこうと思います。
[PR]
by hirorobox | 2008-08-21 14:39 | ホノルル編Honolulu | Comments(4)

ノースショアの動物たち

サーフィンはしたことがないのですが、
時々ノースショアへドライブするのは、なかなか楽しいものでした。
c0164052_8423424.jpg

c0164052_843130.jpg

ここにも秘密の場所があって、(笑)

c0164052_9513293.jpg
c0164052_8452257.jpg


この店の角の道を曲がって、山道をのぼっていくと、
こんな小さな牧場?があって、いろんな動物たちが仲良く暮らしているのでした。

c0164052_8474727.jpg

牧場というか、普通のお家の広大な庭?ようでもあります。
c0164052_9301838.jpg

動物たちは、家畜というより、ペットのように人懐こくて、
私たちが車から降りて近づいて行くと、動物達もみんな、どどどどっと寄って来ます。
c0164052_84766.jpg

おおおお、フェンスがなかったらちょっとあせってしまうくらい。

c0164052_9331197.jpg
でも、か、かわいい。。。







気温が高くて、ビーチサイドは蒸し蒸しする日でも、
山の上に少し登ると、ひんやりしてとても涼しくなります。
動物好きの人が、静かな山の上で、ひっそりと楽しく暮らしているのかもしれません。

c0164052_9341388.jpg
c0164052_9345195.jpg








下のスーパーマーケットでサンドイッチや飲み物を買いこんで、
ここで動物たちと一緒にランチするのも、なんだかハワイっぽくない、
シュールで楽しい経験でした。・・・勝手にひとんちの庭先で(笑)
[PR]
by hirorobox | 2008-08-20 09:57 | ホノルル編Honolulu | Comments(0)

龍の住む南の島

住んでいたコンドミニアムの北側からは、新しく出来たこんなビルが見えたのですが、
まん中が空洞になっていて、とても不思議な構造だな~と思っていました。
c0164052_15233274.jpg

道路から見ると、こんな感じ。
c0164052_15243777.jpg

それで、ある時、この空洞は、龍が通れるようにわざと作ったのだという話を聞きました。
設計したのは、風水とかの知識のある中国系のかただったのかしら???
真偽のほどはわかりませんが・・・
なんだか素敵なお話だな~と思ったものです。

この南の島には、よく強い風が吹いているせいか、
空に龍の雲ができているのを、しばしば見かけました。
c0164052_15251130.jpg

ふとお昼寝から目覚めて空を見たとき、
ドライブ中の車の中から、
ビーチで空を仰いでみたら、、、
いろんな時に、いろんな所で、龍たちは元気に泳ぎ回っているのでした。

ホノルルの空と、龍の雲のイメージは、
私の中で、今でもとても印象深い思い出として残っています。

青空に泳ぐ龍、夜の空に浮かぶ龍、朝の金色の光に照らされた龍・・・
若い龍や、おとなしげな龍や、暴れん坊なのや、小さな赤ちゃん龍や・・・

今日もきっと、南の島のあちこちで、泳ぎまわっていることでしょう。
残暑の日本で、ハワイの爽やかな空を、懐かしく思い返しています。
c0164052_15272044.jpg

[PR]
by hirorobox | 2008-08-19 15:41 | ホノルル編Honolulu | Comments(2)

ハワイアン・ローカルフード

ハワイのローカルフードレストランといえば、オノ・ハワイアン・フーズ。
外観も店内も、なかなかローカル気分満載です。
c0164052_12434694.jpg

はじめ、日系人のオノさんてかたが経営してるのかな?なんて
おバカにも単純に想像していた私ですが、
後に、「オノ」はハワイ語で「おいしい」という意味だとわかり、
やっとこのお店の名前の謎が解けたのでした。(笑)

いろんなガイドブックに紹介されたりして有名なわりには、
あまり観光ずれしていなくて、日本の地方にもよくあるような、
地味な家族経営の地元の定食屋さん?みたいな雰囲気があって、
お手軽なお値段でハワイアンフーズをいただけます。
c0164052_12444920.jpg

この、お肉をタロイモの葉で包んで地中で蒸した、ラウラウというお料理が一番好きでした。
ポークが主流のようですが、私はチキンのほうが、好みだったかも。
あとは、カルア・ピックとか、ポイというタロイモのペーストとか、ロミロミ・サーモンとか、
いろんなローカル料理があるのですが・・・
まあどれもそんなに感動するほどおいしいとは思えなかったです。
が、伝統料理なんて、そんなものかもしれませんね。
日本のおせち料理だって、言わば伝統の保存食で、お正月にはいただきますが、
一品一品それぞれは、そんなに感動するほどおいしかったり、
しょっちゅう食べたいと思ったりするお料理ではないですものね。

さて、自分で作ろうと思ったら大変でしょうけど、
そのへんのスーパーにも出来合いのラウラウが売られていて、
試しに一度パックで買って帰り、お鍋で温め(地中で蒸すのは無理・笑)
付け合せのロミロミサラダなんかを真似して作って食べたりしたこともありますが、
c0164052_12475139.jpg
c0164052_12482280.jpg









やっぱりこのレストランで食べたほうがずっとおいしいかもしれません。

店内には有名無名いろんな人々のサイン入り写真が壁いっぱいに飾られています。
このへんの感覚も、なんだか日本の地方の定食屋さんっぽいノリ?
リチャード・チェンバレンの大きな白黒写真を見て、
ほんとにこの店に来たのかな~?って、疑いっぽかった連れ。(笑)

**********

蛇足ですが。。。
まあ、これもローカルフードネタということで、少々。(愚痴も入ってます・笑)

ファーストフードって、まあどこの国でも決してグルメな食べ物ではありませんが、
ハワイの(アメリカの?)ファーストフードって、
ほんとになんで?っていうくらいまずくて。。。(涙)
マクドナルドのバーガーもケンタッキーのフライドチキンも、同じチェーンなのに、
日本のお店のほうが、まだしもずっとおいしいのは、なぜ???
世界中で同じ味が食べられるというキャッチフレーズ・・・あれはまったくウソでしょう(涙)

そして、ショッピングセンターとか空港のフードコートなどで食べる
うどんやお蕎麦やラーメンが、あんなにまずくて高いのは、なぜ???
そんな日本のファーストフードがたまに無性に食べたくなるのですが、
セルフサービスの一杯のおうどんが、10ドルぐらいして、
まるでカップヌードルのようなお粗末なお味なのは、なぜ???

かくして、ハワイのファーストフードに絶望する中、
カスコの出入り口にあるフードコートのピザは、結構イケることを発見!
c0164052_12551730.jpg
c0164052_12554867.jpg









ばーんとホール買いして、焼きたてを食べられるだけ食べた後、
残りはテイクアウトして冷凍保存、小腹が空いた時に、
フライパンで温めなおすと、ますますクリスピーでおいしくいただけました。
ホットドックも、まあまあで、一本1ドルくらいで安っす~い。
自分で好きなだけオニオンやケチャップ、マスタードをつけて食べるのが楽しかったです。

あ、それと! タコベルのタコスは、けっこう好きです!!!
c0164052_12563791.jpg

ハンバーガーよりずっとヘルシーぽくて、日本人好み。
なのに、日本で見かけることがないのは、なぜなのでしょう?
タコベル、日本にできたら、ぜったいウケると思うのだけれど。。。
日本的な完璧な品質管理と流通システムで、
もっとずっとおいしいタコスが食べられるかもしれないと思うのですが。(笑)
[PR]
by hirorobox | 2008-08-18 13:13 | ホノルル編Honolulu | Comments(0)

パワースポット・クアロア地区

以前ご紹介した、愛するエルフは、オアフ島の東部、クアロア牧場に住んでいます。

c0164052_1519244.jpg
c0164052_15182930.jpg









クアロア牧場は、乗馬をはじめ、いろんなアクティビティが楽しめる
ナチュラルなアドベンチャーランドなのですが、
c0164052_15195424.jpg

今日は、パワースポット・クアロア地区についてのお話を、少し書こうと思います。

コオラウ山脈とカネオヘ湾に挟まれた、このクアロア地区は、
古代ハワイアンの多くのヘイアウ(神殿)があった土地と言われています。
王族の子息に高度な教育と、戦士としての武術を教え込む、学びの場でもあったようです。

今でも土地に漂うマナ(霊力)は強力で、
オアフ島でも最も波動が高い地域のひとつとされ、
クアロア牧場を含む、153エーカーものクアロア地域公園全体が、
世界遺産に登録されているのです。

確かに、訪れるといつも、この谷から海に渡って流れる
不思議なエネルギーを、感じるような気もします。
だけど、お~、気持ちいい!と思うくらいで、鈍感な私はあまりわからないのですが、
そのパワーがずいぶん強力なためなのか???
連れは、ここを訪れた後、いつも熱を出すのでした。(笑)
c0164052_1521504.jpg

c0164052_15221898.jpg

c0164052_15224364.jpg

ある時、(多分ハワイアンの学校の)中学生くらいの生徒たちが、先生に連れられて
このビーチで授業を受けているところに遭遇したことがあります。
生徒達は山に背を向けて、膝まで海に浸かり、一列に手を繋いで目を閉じ、
敬虔な様子で、先生の唱える唄うようなチャント(祈り)の言葉に耳を傾けているのでした。

その光景を見たとき、なんとなく日本の神社の造りに似ていることに気がつきました。
日本の神社も、だいたいが山や樹木を背にして、
開けた原や海に向かって神殿が建っていますよね。
そしてお参りすると、よく山の上の方から下に向かって、
良い気の流れがあるように感じます。

この山には、あちこちに洞窟のようなものがあって、
そこは昔のハワイアンの埋葬の地だったのだそうです。
だから、知らない洞窟の入り口を見つけても、気軽に入ってはいけないのだと。
ビーチにはキャンプ場もあるのですが、
ここに泊まって不思議な経験や怖い思いをしたという人々もよくいるそうです。

でも、いたずらに恐怖の気持ちを持つのではなくて、
心の中に、聖なる土地に対するリスペクトさえ持っていれば、たぶん大丈夫?かしら???
祈りにも似た敬虔な気持ちで、山を背に、足を浸して、海を臨めば、
きっと素晴らしいヒーリングエネルギーに包まれるかもしれません。
c0164052_15282486.jpg

[PR]
by hirorobox | 2008-08-17 15:39 | ホノルル編Honolulu | Comments(0)

ビーチサイド

徒歩か自転車で泳ぎに行くときは、
ヨットハーバーに向かい、イリカイホテルを抜けて、ヒルトンビーチを横切り、

c0164052_12441717.jpg
c0164052_18115722.jpg








いつも、ワイキキビーチの手前のフォート・デ・ルッシー・ビーチまで行きました。
c0164052_181312.jpg

c0164052_18564689.jpg

ここは、いつもそんなに混んでいないんです。
泳ぐと言ったって、私はただ、ぷかぷか浮かんでたりするだけなんですけど。。。(笑)
c0164052_18142352.jpg

歩道を挟んで、フォート・デ・ルッシー・パークがあり、
まだ日差しが暑い時は、ここの木陰で涼めるし。
c0164052_18153050.jpg

この公園を少し奥に入ったところに、私の秘密の花園?がありました。
c0164052_18171510.jpg

多分、ブライダルで使うガーデンのようですが、
あまり使っているところに遭遇したことはなく、
いつもひっそりと人がいなくて、まるでマイプライベートガーデンみたい。
可愛いお花がいっぱい咲いています。

c0164052_1818304.jpg
c0164052_1819635.jpg








c0164052_18194196.jpg
c0164052_18203131.jpg








c0164052_18205918.jpg
c0164052_18214853.jpg








そこをもう少し奥に行くと、ハレ・コアホテルの中庭に出ます。
この大きな大きなシンボルツリーが印象的でした。

c0164052_18235229.jpg
c0164052_18242017.jpg








泳いだ(浮かんだ?)あと、夕暮れ時の浜辺の散歩もなかなか素敵です。
c0164052_18531082.jpg

c0164052_18522289.jpg

c0164052_12452478.jpg

金曜日の夜は、ヒルトンビーチで花火が上がります。
日本の花火大会とか、TDLの花火みたいな派手さはなくて、まあとっても地味なのですが。

c0164052_18293634.jpg
c0164052_1830444.jpg








まだ昼間のぬくもりの残る砂浜に寝転んで、
海の上に上がる花火を眺めるのも、なかなかオツなものでした。
[PR]
by hirorobox | 2008-08-16 18:42 | ホノルル編Honolulu | Comments(0)

ハワイの食べ物

コンドミニアムの目の前のアラワイ運河を渡るとすぐに、
アラモアナショッピングセンターがあって、
なにかとお世話になりました。
c0164052_1321717.jpg

といっても、物欲より食欲の勝った我々のするお買い物といえば、
お洒落なブランドショッピングではなく、食料品の買出しがほとんどでしたけど。(笑)


c0164052_1321578.jpg
いつもふらふらと寄ってしまう、
ゴディバのお店のスイーツ。
c0164052_13222647.jpg

ハワイの(アメリカの?)ケーキって、甘くて大味でそんなに美味しくないのですが、
アラモアナショッピングセンターの奥にできた新しいケーキ屋さんは、
日本人パティシエのプロデュースらしく、小ぶりで上品で美味しい日本的ケーキがたくさん。
どれにしようかな~。 きゃ~、目移りしちゃいます。
c0164052_13233921.jpg

c0164052_13241954.jpg

c0164052_13245021.jpg

ハワイって、小さな島だからしかたないのだと思いますが
生鮮食料品があんまり美味しくないのです。
野菜はなんだかな~、だし、お肉もまずくて。。。

唯一、海でとれるお魚はGoodでした。
アラモアナのフードパントリーやお隣のダイエー(今はドンキ)で、
マヒマヒとかアヒとか大きな切り身を買って来て、よく焼いて食べました。
美味しかったな~。
日本人な私は、ちょろっとかけるキッコーマン醤油が欠かせませんでした~^^
c0164052_13253497.jpg

ロコフードのポキも美味しくて、
お惣菜売り場にあるいろんな味つけを試しては食べたものです。
半ポンドでけっこう食べがいがあります。
c0164052_13264676.jpg

それから、たま~に売っている地元産のマノアレタス。
いつもあるとは限らなくて、発見すると嬉しくて、即買いです!
これが柔らかくて、ほんとに美味しいのです♪
c0164052_1328376.jpg

ハワイの美味しかった思い出は、
お魚とマノアレタス、そしてやっぱり、スイーツなのでした♪
c0164052_13285564.jpg

[PR]
by hirorobox | 2008-08-14 13:47 | ホノルル編Honolulu | Comments(4)

カノエ・ミラーさんのフラ

ハワイアンダンスには、それまでは、そんなに興味がなかった、
というか、あんまり本当の良さがわからなかったのでした。

あちこちでやっているフラ・ショーとかを見ても、
衣装が綺麗とか、動きが素敵とか、群舞が面白いとか、
その程度の感想で、フラ自体に感動するようなことって、あまりなくて。

まあ、観光客向けにやっているショーばかりなので、
そこで本物の伝統的なフラの真髄を見ることは、難しいのでしょうけれど。

でも、ハレクラニホテルで初めてカノエ・ミラーさんの踊りを見た時、
商業的なフラショーに対する見方が、私の中で少し変わったように思います。

c0164052_12495482.jpg

ハレクラニのショーも、普通にハワイアンミュージックに乗って踊る、
まあ言わば、とっても世俗的な現代フラなのですが、
彼女のショーは、若くて綺麗な子たちが、ただすまして
あるいは商業的な笑みを浮かべて、上手に踊るだけなのとは違って、
包み込まれるような、なんとも言えないアロハスピリットがあって、
しっとりと優雅で、なんというか情のようなものが伝わってくるようで、、、

後に、そんな彼女のフラが、
現代的な解釈に偏りすぎて、観光客に媚びている、、、というような
批判的な見方や意見があるということも知りましたが、
フラを習ったこともない、まあ単なる素人のいち観客である私は、
ただもう純粋に、彼女のこの見る者をひきつける素晴らしい技量は、
ソロを踊るフラダンサーとしての、とても魅力的な個性だし、大きな実力だと思います。
大変に花のある人で、その笑顔や、瞳の輝き、ヒューマニックな踊りの中に、
彼女自身の人生やその人柄が、にじみ出ているようにも感じられて、
とても素敵だなぁと憧れてしまうのでした。

それからは、たびたびハレクラニのバニヤンツリーの下で、夕焼けの美しさを愛でながら、
飲み物を頼んで、彼女のショーを見るのが楽しみになりました。
トロピカルなカクテルよりも、冷えたロゼワインをいただくことが多かったかも。
ひんやり軽くておいしくて、何杯でもおかわりしちゃいそうになるのでした。(笑)
一緒についてくるとてもしょっぱいカリカリのポテトチップスも、好きでした♪

c0164052_12473064.jpg

c0164052_1252457.jpg

    (自分で撮ったのにはいいのがなくて、この2枚はよそからお借りしたものです)

ショーが行われるのは、ハウス・ウィズアウト・ア・キー。
「鍵のない家」って、なんか素敵な名前のお店ですよね。
ジョン・レノンとオノ・ヨーコの息子ショーンにちょっと似ている(10代の頃の・・・)
礼儀正しくて笑顔が素敵で、とても親切なウェイターさんがいて、
ひそかにショーンさんと呼んでいたりしました。(笑)

カノエ・ミラーさんは、1974年のミス・ハワイ。
多分、私よりもずっと年上。。。
なのになんていつまでも綺麗で若々しくて魅力的な女性でしょう!

モデルや女優のお仕事もされていましたが、
ダンサーとしては、このホテルでもう30年以上も踊っているそうです。
これもまたすごいことですよね。

去年までは、日曜日をのぞいて毎日、彼女のショーが見られました。
今でもそうでしょうか。
いつまでも現役で活躍していて欲しいです。
いつかまた、懐かしいホノルルに行って、彼女のショーをまた見てみたいなぁと思うのでした。
c0164052_12453686.jpg

[PR]
by hirorobox | 2008-08-13 12:57 | ホノルル編Honolulu | Comments(2)

ドイツ生まれのオールド・ロコボーイ

愛車は、ドイツ生まれ、ハワイ育ちの、オールド・ロコボーイ。(笑)
c0164052_10525139.jpg
そうとう年をとって、もうほとんど
クラッシックカーのようなものでしたけど、(汗)
いつも元気に走って、オアフ中いろんなところへ、
私たちを運んでくれました。
c0164052_10555413.jpg

街なかのドライブも、お買い物にも、ずいぶん重宝しましたが、
c0164052_10572577.jpg
c0164052_10563990.jpg








やっぱり、幌をはずして、気持ちのいい田舎道のドライブが最高でした!!!

ダイアモンドヘッドビーチ
c0164052_10594577.jpg

ココヘッド
c0164052_10575740.jpg

サンディビーチ
c0164052_10582674.jpg


c0164052_1105170.jpg
ノースショアへの道
c0164052_1111978.jpg

ハレイワビーチ
c0164052_1115543.jpg



c0164052_1125695.jpg
雨の日も、風の日も・・・(笑)c0164052_1133136.jpg









いつも共にいてくれた彼は、もうすっかり愛する大事な家族の一員。
外見はごついドイツ車。でも、心の中は、真のネイティブ・ロコ・ボーイなのでした。
ああ、それなのに、、、
なぜか彼の運命は、この後、あちこちと放浪の旅?が始まる私たちとともに、
大変数奇な運命をたどることになるのです。。。
c0164052_114058.jpg



愛するオールド・ロコボーイの、
その後の話は、また後ほど・・・
後日談 その1 その2
[PR]
by hirorobox | 2008-08-12 11:51 | ホノルル編Honolulu | Comments(2)

クカニロコの遺跡・バースストーン

その聖なる地は、この赤い土の道の先、
ユーカリとヤシの林に囲まれた、広々とした空間にありました。
c0164052_1622667.jpg

あまりそういう感覚に鈍感な私でさえ、
ここは本当に神聖で特別な場所なのだと、その空気で感じることができました。

c0164052_1634473.jpg

c0164052_1642369.jpg

c0164052_1645973.jpg

その昔、王族の女性が出産をするために訪れたという聖なる岩。バースストーン。
それは11世紀から18世紀にかけて、700年間に渡って続けられてきたという
ネイティブハワイアンの伝統でした。
c0164052_1655014.jpg

c0164052_1662764.jpg

今でこそ、誰もが入ることを許されていますが、
昔は王族以外の者が足を踏み入れたら処刑されてしまったというほど、
特別に守られた神聖な土地だったようです。
c0164052_167268.jpg

とても良いお天気だったのに、
私たちが訪れている間、何度かぱらぱらと雨が落ちてきました。
後になってから、これは、この場所でよく起こることで、
私たちはとても祝福を受けたのだと、
いろんな噂や、人からの話を聞いて、理解することができたのでした。

**********

クカニロコの聖地を訪れた次の年、
連れの、弟カップルのもとに、小さな小さな命が誕生しました。
赤ん坊を待ち望みながら、何度も何度も悲しい思いをした末に、
やっと彼らのもとに授けられた、本当に特別な、とてもかわいい赤ちゃんが。

また、これも偶然なのかどうか、この1年、
私たちの周りで、知り合いに、たくさんの妊娠と出産のムーブメントが起こりました。

この聖地のエネルギーと、私たちの周りのベビーブームとの間に
何か関係があるのかどうかは、よくわかりません。
嬉しい便りも、胸が痛むとても悲しい便りもありました。

でも、喜びも、悲しみも、それぞれほんとうにとても尊い出来事であること、
命の誕生の神秘と、その素晴らしさ、大切さを、
あらためて、たくさんの縁ある人々から教えられたのでした。
それは私にとって、とても聖なる恵みでした。
[PR]
by hirorobox | 2008-08-10 16:13 | ホノルル編Honolulu | Comments(1)