「ほっ」と。キャンペーン

世界のあっちこっちで・暮らしの中の小さな幸せ♪

hirorobox.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

オーガニックなランチと、フレッシュな大地の野菜

そこは、春に、遠方から薔薇園を見に、訪ねて来てくれた知り合いをご案内して、
京成バラ園から草ぶえの丘のバラ園へと移動する時、
通りがかりに偶然見つけたお店でした。

そしてその日は、秋の薔薇園をひとり楽しんだ後、
またあのお店に行ってみようと思ったのでした。

自然菜食の小さなカフェです。
UAEでも、ドバイに行けば、お鮨屋さんでも高級和食レストランでも、
なんだってあるでしょうけれど、美味しい玄米ご飯やヘルシーな菜食料理が食べられる
こんなカフェは・・・ちょっとなさそうですもの。(笑)

c0164052_18361857.jpg

c0164052_18364469.jpg

普通のお宅を改装して作ったような、飾らないお店です。
ハープや三味線やフルートやピアノ、いろんな楽器が置いてあったり、
テーブルには季節の野の花が生けられていたり。
誰かの家を訪問した時のような、オーナーさんの個性や好みが伝わってくるような、
少しだけ所帯じみたというか、生活感を感じる、気の張らないお店。

c0164052_1848361.jpg
c0164052_18485694.jpg

c0164052_18492521.jpg
c0164052_18494570.jpg

入り口の黒板に書いてあった、「まめ御膳」をいただきました。
c0164052_18504516.jpg

お魚や卵や乳製品まで絶対ダメというシビアな菜食ではなく、
いろんなものを少しずつバランスよく取り入れた自然食、だそうです。
コロッケは揚げたて、とても美味しかったです。 玄米ごはんもふっくら熱々♪
ミニデザートはマンゴープリン。ごちそうさまでした♪^^

c0164052_18555475.jpg

お店の一角で、採れたてのオーガニック野菜を売っていました。
すごく新鮮でお安くてびっくりしました。

c0164052_19069.jpg

買ってきたお野菜で、さっそく簡単なサラダを作りました。
洗う時、レタスに小さな虫くん達がちょこちょこ歩いていているのを発見して、
おお~、オーガニック~。(笑)
本当にフレッシュで、自然の味がしっかりとする、とても美味しいお野菜でした。

c0164052_1965241.jpg
c0164052_1971368.jpg

無農薬だから、ラディッシュの葉っぱには虫食いの水玉模様がついていて、
なんだか可愛かったです♪
[PR]
by hirorobox | 2008-10-30 08:03 | 日本編Japan | Comments(2)

草ぶえの丘バラ園の、可憐な秋薔薇たち

薔薇園が大好です♪
春と秋、薔薇の季節には、あちこちの薔薇園巡りが、とても楽しみで。
なのにこの秋は、なにかと気ぜわしく、心に余裕がなかったのでしょうか、
気がつくと、カレンダーはもう10月も最後の週になっています。。。

連れは先週、UAEへと向かいました。
そして来週には、私も、かの国へ行きます。 豊かな砂漠の国には、
人工の緑はあっても、デリケートな薔薇園を作るのは・・・ちょっと難しそう。^^;
でも、真夏には気温が50度近くなるようなところに、スキー場まで作っちゃうのですから、
立派な薔薇園だって、その気になればできちゃうかもしれませんけれど?!

千葉県には、あちこちに素敵な薔薇園がたくさんありますが、
静かに散策を楽しめる、草ぶえの丘にあるバラ園に行ってみることにしました。

c0164052_19162044.jpg

山奥の不便なところにあるし、薔薇もオールドローズが中心で、
地味で華やかさには欠けるかもしれません。
けれど、自然の中で心がしっとりと落ち着くような、とてもナチュラルな薔薇園です。
c0164052_19201477.jpg

入り口のお兄さんに「秋薔薇ですから、2割ほどしか咲いていませんが・・・」と
申し訳なさそうに言われましたが、ぽつぽつと可憐に咲いている薔薇の花を愛でたり、
写真を撮ったりするのも楽しいものです。

 万葉                          ワーテルロー
c0164052_19225731.jpg
c0164052_19233899.jpg

 ブラッシュ・ノワゼット                オールドブラッシュ
c0164052_19235858.jpg
c0164052_19241219.jpg


c0164052_19254930.jpg

 クリュムネストラ                   アルシデュック・ジョセフ            
c0164052_19262935.jpg
c0164052_19264673.jpg

 ブラッシング・ユキ                  コーラル・クラスター
c0164052_19271226.jpg
c0164052_19273112.jpg


ここは春のシーズンには、白薔薇でいっぱいの、夢のようなあずまやになります。
c0164052_19285624.jpg

 よろこび                         ピンク・グローテンドルスト 
c0164052_19301764.jpg
c0164052_19305397.jpg

 ウィンショッタン                     淡雪                           
c0164052_193119100.jpg
c0164052_1932317.jpg


c0164052_20225618.jpg

 ムーンライト                       レーヴ・ドール
c0164052_811221.jpg
c0164052_19342172.jpg

 情熱                            ワイルドフラワー
c0164052_19554663.jpg
c0164052_1934431.jpg


薔薇の花だけでなく、ハーブや野の草花もそこここにたくさん植えられていて、
ナチュラルなお庭のようで、薔薇の花の少ない秋も、なかなか楽しめます。
c0164052_19353380.jpg

c0164052_1957371.jpg
c0164052_1958116.jpg

c0164052_19591663.jpg
c0164052_19594647.jpg

c0164052_200134.jpg
c0164052_2004142.jpg

薔薇の実も、たくさんついていました。秋ですね。。。
c0164052_2021660.jpg
c0164052_2023811.jpg

c0164052_8124563.jpg
c0164052_8131021.jpg

この小さな資料室には、ミスターローズと呼ばれた有名な薔薇の作出者、
鈴木省三さんの資料などが展示されています。
c0164052_531766.jpg

素敵なお天気の朝でした。 
草ぶえの丘は広々としていて、いつまでもゆっくりしていたくなるような場所なのですが、
たくさん歩いてお腹も空いてきてしまったので(笑)、
名残を惜しみながら、薔薇園を後にしました。
この後食べた、美味しいオーガニックランチのお話は、また次回。^^
[PR]
by hirorobox | 2008-10-28 08:27 | 日本編Japan | Comments(4)

イランのお料理、コトレト作ってみました♪

少し前のことになりますが、
エキサイトブログを通して知り合いになったkazempourさんのところで
おいしそうなコトレトというイラン料理の作り方が載っていたので、
作ってみたことがあります。

レシピどおりのお肉の量で作ってみたら、こんなにたくさんできました!
c0164052_9413159.jpg

じゃがいもをマッシュして入れるので、ふわふわの食感です。
ターメリックやディルなど、香辛料やハーブがたくさん入って、
エスニックな香りたっぷりの、美味しいお料理でした♪

c0164052_9422118.jpg
c0164052_9424116.jpg

お夕食にお腹いっぱいいただいて、次の日のランチは、バゲットに挟んでサンドイッチに、
最後の残りはそうめんと一緒にいただいたりしたのですが、(まだ暑い夏でした。。。)
冷めてもとてもおいしくて、すごく重宝しました。

私の作ったレシピ (うろおぼえですが・汗)

牛ひき肉    400g
じゃがいも   小2~3個  マッシュして
たまねぎ    半個  すりおろして
卵        1個
小麦粉     半カップ
香辛料     ブラックペッパー、ターメリック、ナツメグ、ディル 適量(けっこうたっぷり)

上記材料を良くこねて、小判型にして、焼くだけで、
簡単で美味しいメインディッシュの出来上がり!^^

見た目、普通のハンバーグのような、お焼きのような・・・
手元になくて、kazempourさんのレシピどおりに入れられなかった香辛料もあるのですが、
このたくさんの香辛料が、素敵なイラン風味を出してくれているようでした。

ホンモノの作り方は、本家本元のkazempourさんのページをぜひご覧下さい。
こちらです。
[PR]
by hirorobox | 2008-10-27 08:11 | 日本編Japan | Comments(4)

コスモスと風車のある風景その2 印旛沼

こちらは、印旛沼の畔にある風車の広場です。
春のチューリップ畑が有名ですが、秋のコスモスもなかなか素敵です♪
c0164052_16162436.jpg

c0164052_1617159.jpg
c0164052_16172416.jpg

c0164052_1659938.jpg

c0164052_16593746.jpg

あけぼの山の風車は、ただのお飾りでしたが、こちらの風車はオランダ製のホンモノです。
風の向きに合わせて、風車守(?)のお兄さんが、この舵を回して羽の位置を手動で変えます。
                              風の力で、水も勢い良く流れています。
c0164052_1652849.jpg
c0164052_16523480.jpg

c0164052_16531511.jpg

風車の中も見学できますよ~。
窓から、ブンブン回る幌をつけた羽が見えて、とても豪快です。
c0164052_1625257.jpg
c0164052_16254199.jpg


印旛沼のまわりは、ぐるりとサイクリングコースになっています。
気持ちのいい湖畔を、ジョギングする人、お散歩する人、いろいろです。
桜の季節は、花吹雪の中を、夢のように素敵なサイクリングができるんです。^^
でも、秋の風情の中を、のんびりと歩いてみるのも、なかなかいいものでした。
c0164052_16325386.jpg

c0164052_16332821.jpg

c0164052_4502555.jpg

お散歩中のワンコたち。キュートでした♪
c0164052_16345810.jpg
c0164052_177164.jpg

c0164052_16355273.jpg

次の日は、コスモス祭りが開催される予定のようでした。
テントが張られて、着々と準備がすすめられていました。
[PR]
by hirorobox | 2008-10-26 10:24 | 日本編Japan | Comments(2)

コスモスと風車のある風景その1 あけぼの山

あけぼの山は、千葉県の北を流れる利根川のほとりにある農業公園です。
のどかな風景と、四季折々の植物、家庭菜園などが楽しめますが、
この季節は、コスモスがやっぱり素敵♪ 風車をバックに、とてもロマンティックです。 
c0164052_15445640.jpg

c0164052_15471931.jpg

c0164052_1614991.jpg

柿も鈴なり                        ふわふわギャザーのコスモス
c0164052_1548384.jpg
c0164052_15493838.jpg

自転車を借りて、利根川の土手ぞいの広々とした風景の中をサイクリングするのは、
すごく楽しいですよ♪
丘を少し登ったところには、昔懐かしい日本の集落みたいな村や、田畑が広がっていて、
カントリー好きの外国人に日本の魅力を紹介するなら、とても魅力的な場所だと思います。
c0164052_15502694.jpg
c0164052_15571519.jpg

あけぼの山農業公園は、駐車場は無料だし、入園料も無料、
それにレンタサイクルも、なんと無料なんです! 柏市って素敵だわ~。(笑)
c0164052_1612784.jpg

c0164052_15461082.jpg

日本のコスモス便り、また明日も続きます。^^
[PR]
by hirorobox | 2008-10-25 08:49 | 日本編Japan | Comments(2)

秘密の公園のクインスの実で、ジャム作り&お料理

日本の家の、近くの公園で、連れがクインスの木を見つけました。
以前、連れの弟さんのパートナーがプレゼントしてくれた、手作りのクインスジャムの
きれいな赤い色と甘酸っぱ~い美味しさを覚えていましたが、
私は今まで、クインスの木や実を見たことがありませんでした。

この秋、ちょうど日本にいた連れが、「そろそろ実がなっている頃だから見に行こう!」
というので、確かめに行くと・・・
c0164052_10331866.jpg

かりんに似たような実がたくさんなっていました!
地面にも落ちた実がごろごろころがっています。

ごつごつなカタチで、あまり可愛い実ではありません。
かじってみると、にがくて口が曲がってしまいそうでした。^^;
日本では、この醜い実が素敵なジャムになるなんて、誰も知らないかも。
この実は、どうなるのでしょう? きっと落ちたのを集めて捨てられてしまうのかな?

c0164052_10433534.jpg
c0164052_1044297.jpg

ほんとはいけないことなのかもしれないけれど、
落ちた実の中から、そんなに痛んでなさそうなのをいくつか選んで、
持って帰って来てしまいました。^^

                 さっそくジャムを作ってみましたよ~。
c0164052_10462134.jpg


黄色くて苦い実が、お砂糖を入れて煮ると、あら不思議!(笑)
深みのある真っ赤な甘酸っぱくて美味しいジャムに・・・
と思いきや、、、なぜだかいくら煮ても、こんなピンク色ぐらいにしかなりませんでした。
c0164052_10492589.jpg
c0164052_10494418.jpg


でも、お味は本物! しゃりっとして甘酸っぱくて、とても美味しいのです♪

残ったひとつで、連れが、「以前姉のところで食べた料理を再現してみる」と言って、
挑戦してくれました。
現在イランに住んでいるお姉さんに電話をして、わざわざ作り方を教わりながら。(笑)

                    出来上がったお料理です。
c0164052_10574263.jpg

写真を撮るのに、緑のハーブでも飾ったらキレイかなと思ったのですが、
作った人が、「香りで味が変わってしまう」と、許してくれませんでした。^^;
ので、ちょっと愛想のない一皿ですが・・・

これも甘い味付けで、ビーフとの組み合わせはちょっと不思議な感じがしますが、
ラムでもおいしいそうです。
中華で言うなら甘酸っぱい酢豚とかいったようなもの?かしら???
充分美味しくいただいたのですが、彼は、「母親や姉が作るのとはぜんぜん違う。
ほんとはもっともっと美味しいはずなんだ」と、くやしがっていました。^^;

作り方は、くし切りにしたクインスとビーフと玉葱を、それぞれオリーブオイルで炒め、
お鍋に入れて、お水をほんの少し入れ、お砂糖を入れて煮ていました。
最後にサフランをひとつかみ入れて、少しむらして出来上がりのようです。

そうそう、ジャムが真っ赤な色にならなかったのは、「銅鍋で煮なかったからなのでは?」
というお姉さんの言葉で、疑問が解明しました。
そうか~、お手入れは大変でも、こだわりの料理人が、昔ながらの銅鍋にこだわって
フランス料理を作るのには、いろんなわけがあるのですね。 深いなぁ・・・

秘密の公園で拾ってきたクインス数個で、いろんなことが学べたのでした。^^

* 追 記 *
yotuba1127さんが教えて下さって、クインス=和名・マルメロということがわかりました!
マルメロという名前なら、よく聞いたことがあります。が、見たことがなかったかも。
マルメロで検索したら、ちゃんとしたジャムの作り方が載ったページを見つけました。
こちらです。
素敵なギリシャ料理のブログです。お気に入りになってしまいそう♪

* 追 追 記 *
その素敵なギリシャ料理ブログの持ち主、salahiさんからのコメントで、
ジャムが真っ赤にならなかったのは、煮る時間とお砂糖の量に関係がありそうだ
ということがわかりました。
ほんとうに、拾ったクインス数個から、さらにいろんなことを学ばせてもらえました!
ありがとうございます♪
[PR]
by hirorobox | 2008-10-24 08:16 | 日本編Japan | Comments(8)

森の中の美味しいイタリアンレストラン♪

そのレストランは、千葉の田舎道をさらにとことこ山奥に走った
静かでとてもピースフルなカントリーサイドにあります。
道に面した外観は、ほら、こんなファミレスっぽい感じで、そんなに素敵ではないのですが^^;

c0164052_991717.jpg
c0164052_91048.jpg

少し前から、何度かその前を通ったことがあるように思うのですが、
通り過ぎるだけでわざわざ車を停めて入ってみようとは思わないようなお店でした。

ある日、美味しいもの好きの連れの鼻がぴくぴく動かなかったら(笑)
私たちはそのまま通り過ぎて、その先にあるいつもの小さなリゾートホテルで
ランチをとっていたことでしょう。

入ってみると、人口の湖に面した裏庭や、お店の中の様子は、表側から見た感じからは
ちょっと想像できないくらい、なかなか素敵で、はじめそのギャップに少し驚きました。
お店の裏庭です。
c0164052_1632549.jpg

その裏庭越しに見える森と湖。
c0164052_16322030.jpg

お店の中に入ってみると・・・センスの良い、温かみのある、いい感じです。
c0164052_16335629.jpg

中二階、二階席もあって、広々しています。 インテリアも素敵♪
c0164052_1636945.jpg

c0164052_16372480.jpg
c0164052_16374196.jpg

c0164052_16381028.jpg

お料理もとても美味しいのです!

オードブル                       生ハムとモッツアレラのパスタ
c0164052_16411157.jpg
c0164052_16414624.jpg

スイートポテトのスープ、ニョッキ入り♪     鯛のメインディッシュは感動ものでした!
c0164052_1644423.jpg
c0164052_16442478.jpg

ミニケーキが可愛く盛り付けられたデザート、なんて素敵♪^^
c0164052_1647098.jpg

大満足のコースです♪ なのにお値段は信じられないくらいリースナブルなのです。
c0164052_164888.jpg

先日、某ホテルでいただいたなんの変哲もない普通のお味の一皿のお値段で、
なんとオードブルからデザートまで、全部のコースがいただけちゃいました。^^;
綺麗な景色の素敵な席で、笑顔のサービスで、こんなに手の込んだ美味しいお料理が。
申し訳ないくらいでした。 いったいレストランのお値段って、どういう仕組みに
なっているのでしょうね。 不思議すぎます。。。

ちなみにこちらは、初めて行った時にいただいたコースです。

c0164052_1722395.jpg
c0164052_1724318.jpg

c0164052_173722.jpg
c0164052_1733030.jpg

c0164052_1734838.jpg

キュートなデザートには、いつも感動してしまいます!
ここは、お料理も接客も、ますます進化して素晴らしくなっているような気がします。
遠くてもわざわざ行っちゃう、田舎のお気に入りのレストランです。^^
[PR]
by hirorobox | 2008-10-23 08:28 | 日本編Japan | Comments(6)

実りの秋・多古米とコスモスの道

成田のお隣りの多古町というところは、美味しい米どころで有名です。
その多古町の道の駅まで、美味しいできたての新米を買出しに行ってきました。
ちょっと(だいぶ?)遠いのですけれど、美味しいもののためならエンヤコラ。(笑)

それに、このあたりののどかな田舎道は、の~んびりお散歩にぴったりなのです。
梅雨の季節には見事だったあじさいロードには、
コスモスがたくさん咲いていて、とても綺麗でした!
c0164052_5273383.jpg

c0164052_5281155.jpg

c0164052_683375.jpg

c0164052_5283239.jpg

c0164052_529343.jpg

休日だったためか、今までみたこともないほど大賑わいの道の駅で、目的の新米をゲット!
c0164052_5322195.jpg
c0164052_5324473.jpg

採れたての地元産の新鮮な野菜やフルーツをどっさり買い込み、
美味しそうな匂いに我慢できず、作りたてほっかほかのおこわも買って、
青空の下、揺れるコスモスを眺めながら、さっそくその場でいただいちゃいました♪

五目おこわと                      栗おこわ♪
c0164052_5414145.jpg
c0164052_542082.jpg

おおお、信じられない新米の美味しさです! ああ、日本にいる幸せ!(笑)
デザートにいちじくのパックも開けちゃいました♪(笑) これまた甘くておいし~い。

c0164052_6163392.jpg
c0164052_5425663.jpg

こんな細長~いかぼちゃも、買ってみました。 ほんとにかぼちゃ?
切ってみると中はこんなにきれいな黄色。 そしてとっても美味しいかぼちゃでした!

c0164052_5514564.jpg
c0164052_552113.jpg

すごく大きくて食べがいがあります。いろんなお料理に活躍しました♪
私はこんなかぼちゃはじめて見たのですが、フランスにはよくあるそうです。
種は先っぽの方に少し入っているだけで、皮も日本のかぼちゃみたいに固くなくて
包丁が入りやすく、とても扱いやすいです。
皆様も見かけたらぜひ試して見て下さい。^^

小さな田舎町の、青空とコスモスとライスフィールド。 日本って最高です!(笑)

c0164052_6101042.jpg
c0164052_6104436.jpg

もし来年の梅雨の時期に、ラッキーにも日本にいれたら、
ぜひここのあじさいロードのお話を書いてご紹介したいと思います。^^
[PR]
by hirorobox | 2008-10-22 09:21 | 日本編Japan | Comments(4)

日本の秋・成田山の参道巡りとスイーツ♪ 

成田駅から新勝寺へ続く参道を歩くのは、いろんなお店があって、すごく面白いのです。
私は電車では来たことがなくて、いつも車ばかりで、
参道巡りは、新勝寺から駅のほうに向かって、反対に歩いていくのですけれど。^^;
c0164052_21272232.jpg

c0164052_21284138.jpg
c0164052_21291087.jpg

成田観光館の向かいあたりに、おすすめの甘味処があります。
c0164052_21325060.jpg

こんな細い路地の奥にあって、ちょっとわかりにくいのですが、
隠れ家みたいで、とても雰囲気のいいお店。 お抹茶もとても美味しいです。
c0164052_21332684.jpg

c0164052_21342010.jpg

ふふふ、クリームあんみつとお抹茶のセットです♪
c0164052_21352741.jpg

美味しいお抹茶をいただいてほっこりし、クリームあんみつを食べ終わる頃には、
伝票と一緒に、ほうじ茶とお茶うけのサービスが^^
c0164052_2137465.jpg

甘いもの好きのかたがお土産を買うなら、米屋さんがおすすめ。老舗の和菓子屋さんです。
c0164052_21405134.jpg

栗むし羊羹は最高! 栗がこ~んなにたっぷり入っています。羊羹より栗の方が多いくらい!
c0164052_22204263.jpg
c0164052_22212312.jpg



参道にある本店に行かれたなら、お店を抜けた裏手にある羊羹博物館へもぜひどうぞ^^
c0164052_21471760.jpg

羊羹の材料とか、                  羊羹を作った昔の道具とか
c0164052_21482553.jpg
c0164052_21485216.jpg

歴代のパッケージや                 その昔の生活様式
c0164052_21492837.jpg
c0164052_21495184.jpg

c0164052_21502881.jpg

羊羹屋さんが作ったほんとに小さな博物館ですが、
成田の街や、人々や、参道の古~い写真などもいろいろあって、興味深いです。
歴史や風俗に興味のあるかたなども、なかなか楽しめるかもしれません♪
[PR]
by hirorobox | 2008-10-21 09:21 | 日本編Japan | Comments(2)

日本の秋・成田山新勝寺と庭園散歩

成田空港のほど近くにある成田山新勝寺は、馴染み深いお不動様です。
美しく手入れの行き届いた広い公園があって、四季折々の風景も楽しめるので、
折にふれ、よく訪れるお気に入りの場所です。

紅葉にはまだ少々早い時期でしたが、お参りついでに
写真をたくさん撮ってきましたので、ご紹介したいと思います。

入り口の総門は、成田山開基1070年を記念して今年建立されたばかりの
出来立てのほやほやです。
c0164052_1749743.jpg

まだヒノキの香りの漂うぴかぴかの新しい門をくぐると、仁王門があります。
c0164052_17493159.jpg

そしてこの階段を登りきると、大本堂が。
c0164052_17495967.jpg

横手にある三重塔。 すごく美しいなぁと思います。
c0164052_17501650.jpg

聖徳太子堂。
c0164052_17504463.jpg

この奥に、成田山公園の入り口があります。
c0164052_1752882.jpg

紅葉を楽しめるのはまだまだのよう。 緑の木立の中を森林浴してきました。

c0164052_1754311.jpg
c0164052_17542138.jpg

c0164052_17544167.jpg
c0164052_17551071.jpg

池のあたりは、もみじが色づいてくると本当に素晴らしいんですよ。

c0164052_17575242.jpg
c0164052_17581139.jpg

c0164052_17591849.jpg

平和の大塔                    書道美術館

c0164052_180470.jpg
c0164052_1803676.jpg


c0164052_182947.jpg

c0164052_1811287.jpg
c0164052_1813689.jpg

この階段の下のお堀には、
c0164052_18986.jpg

カメの岩の上に、カメがたくさん日向ぼっこ^^
c0164052_1833478.jpg

初詣で有名な成田山ですが、交通安全祈願も人気です。
日系エアラインの関係者もご祈祷に来たりするらしい。
フライトの前に、成田さんのお札をコックピットの上に貼って仕事するという
なんだかほほえましいパイロットの話も聞きました。^^

さてさて、お参りの後の参道巡りも楽しいものです。素敵な甘味処もあるのですが、
長くなったので、美味しいスイーツのお話は、また明日。^^
[PR]
by hirorobox | 2008-10-20 18:21 | 日本編Japan | Comments(0)