世界のあっちこっちで・暮らしの中の小さな幸せ♪

hirorobox.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

首都アブダビへ、おのぼりさん日記② マリナモールとビーチの夕焼け

ともかくお腹が空いていた私たち、まずは、連れが話しに聞いていた
フィッシュマーケットを探してみようということになったのですが、
なかなか見つからなくて、あっちこっちをうろうろ。。。
でも海沿いの道がとても綺麗で気持ちが良くて、そんな時間も楽しいのでした。

途中で、ベドウィンの昔の生活を再現した博物館、ヘリテージ・ビレッジも見つけましたが、
まずは食べてから!と、レストラン探しが続きます。

ヘリテージ・ビレッジの近くに、こんな船のレストランとか、
c0164052_950288.jpg

オールドスタイルのアラビックレストランとかを見つけましたが、
c0164052_9504076.jpg

c0164052_951637.jpg

c0164052_9514298.jpg

なにせ時間はもう3時近く、どこもみなアラブタイムの長~いお昼休みで、閉まっています。
しかたがないな~、もう観光客っぽいランチをとるのはあきらめて、
ここなら開いているレストランもあるだろうと、ショッピングモールに入ってみました。
c0164052_9521841.jpg

なかなか良さそうな、イラン料理のお店が開いていました。
c0164052_953116.jpg

入ってみると、広くて結構素敵なお店です。お料理もとても美味しくて大満足でした♪
たくさん食べましたよ~。
c0164052_9551042.jpg

メインディッシュの、このラムとひよこ豆のお料理、良かったです!
c0164052_957754.jpg

c0164052_9594471.jpg
     デザートは、こちら。^^

c0164052_100868.jpg

このココナッツのカキ氷みたいなのに、シロップとレモン汁を
自分で好きなだけかけて食べるのです。わわ~、楽しい♪美味しい♪
で、でも、ちょっとお腹が冷えてしまったかも、、、(汗)
ミントティーを飲んで、温まりました。^^

c0164052_1071079.jpg


食事の後、モールを一回り。
屋根がテントみたいになっていて、自然の明かりが入る、なかなか素敵な建物です。
まん中の広場の噴水も楽しくて♪ 水の流れが単調じゃなくて、いろいろ変化するのです。
c0164052_1054070.jpg

イケアがあったので、なくて困っていたベッドサイドのテーブルランプを探したのですが、
気に入ったのが見つからなくて、、、ちょっと疲れてしまいました。
う~ん、ヘリテージ・ビレッジの見学は、またの機会にしましょう。。。
ビーチに出て、夕焼けを眺めながら砂浜でまったり休むことにしました。

パブリックビーチなのですが、とても綺麗なビーチです。
家族連れや、アバヤの女性たち、のびのびと遊ぶ子どもたち、
地元の人々が思い思いにくつろいでいて、なんだかとてもいい感じでした。
c0164052_10182715.jpg

思いがけない、楽しい一日でした♪ 沈む夕日に感謝して。。。
c0164052_10204238.jpg


工事現場だらけのドバイと違って、^^;
首都アブダビは、成熟し落ち着いた大人の街?という感じがしました。
建物の高さにも制限があるようで、異様な高層建築はなくて、街並みがとても美しいのです。
ドバイよりずっと石油資源が豊かなので、観光や不動産投機など他の経済発展に
躍起にならなくても済んだことが、この余裕の安定の理由のひとつかもしれません。

ドバイの経済失速が、今とても心配されていますが、
きっとアブダビはこの豊かさを使って、同胞の首長国を助けることでしょう。
今までもシェイク・ザーイドがそうやってこの平和な国を築き上げて来たように。

というわけで、初めてのおのぼり首都観光で、アブダビの街がとても好きになりました。
見たいもの、見たい所もたくさん出来て、これからも度々行けたらいいなぁと思います。
その際には、またおのぼりさん日記書きますので、どうぞお楽しみに♪^^
[PR]
by hirorobox | 2008-11-30 11:04 | アラブ編U.A.E.

首都アブダビへ、おのぼりさん日記① エミレーツパレスホテル

久しぶりに休日だった連れが、いきなり
「アブダビまでドライブしてみようか」と言いだしました。
ここ何日もインドア生活を余儀なくされていた私には、願ったり叶ったり、
さっそく出かけることになりました。

アルアインからアブダビまでは道一本、1時間ちょっとで行けるようです。
片側3車線もある広々とした快適な道路を、
みな時速140キロくらいでびゅんびゅん飛ばしています。
c0164052_11193044.jpg

らくださんを運ぶトラックも、びゅんびゅん走る。^^;
c0164052_1120287.jpg

ドバイに向かう道路より、綺麗でとてもいい感じ。
途中、売店やトイレは、あちこちにあるし、
なんとモスクまで併設されたパーキングエリアもあって、びっくり。
敬虔なイスラム教徒は、ドライブの途中でもお祈りの時間になると
このモスクに入ってお祈りするのでしょうね。

途中で、超ゴージャスで素晴らしいと噂の、シェイク・ザーイド・モスクらしき姿を発見。
でも、一般に公開されている午前中は、軽く過ぎてしまっていたので、
見学はまたの機会にと断念して、そのまま町の中心地へ向かいました。

おおお~、なんだか想像していたより、とても大きな都会です。
綺麗に並んだパステルカラーのビル郡が、ちょっとマイアミの街に似ていました。
c0164052_11203898.jpg

c0164052_11212644.jpg

つきあたりを左手に向かって進んでいくと、見えてきた、
あの宮殿のような建物が、エミレーツパレスホテルでしょうか?
c0164052_10162364.jpg

都におのぼりついでに、見学しちゃいましょう!
でも、ゲートがあって、セキュリティがしっかりしています。
なんの予約もしてなくても入れるのかな~?
それに、カジュアルな普通の格好だった私たちは、ちょっとどきどき。。。(笑)

「ここは、宮殿ですか?ホテルですか?」という間抜けな?連れの問いに、
「両方ですよ」ウィンク♪ とスマートな答えを返してくれたゲートの素敵なお兄さんは、
ほれぼれするような、背の高いマッチョなハンサムさんでした。^^

ホテルの中は、もうとても素晴らしかったです!
c0164052_10335180.jpg

c0164052_10342513.jpg

c0164052_10353741.jpg

目の前に広がるプライベートビーチには、宿泊客しか出られないようだったので、
c0164052_1122533.jpg

オープンになっている庭園のほうに出てみると、、、
あ、あの民族衣装の男性たちは・・・な、なに???
c0164052_10383122.jpg

歌っています、踊っています、、、
c0164052_10391548.jpg

シンガーのプロモーションビデオかなにかを撮影していたようでした。
c0164052_1040354.jpg

このおかた、有名な歌い手さんなのでしょうか? 知っている方がいたら教えて下さい。^^
ビデオ撮りで、ここでは口パクだけでしたが、とても素敵なアラビアンソングでした♪
c0164052_10433078.jpg

というわけで、エミレーツパレスホテルのお話だけで、こんなに長くなっちゃいました。(笑)
続きはまた明日にします~。^^
c0164052_10595778.jpg

お腹が空いていて、ここで何か食事でもできたらよかったのですが、
そのあまりのゴージャスさに、この服装で、軽く食事に入れそうな雰囲気でもなかったので、
パレスホテルに続いて、次はレストラン探しの、楽しいおのぼりさん日記になりま~す。^^
[PR]
by hirorobox | 2008-11-29 11:08 | アラブ編U.A.E.

砂漠の温泉 ラクダと馬車と子どもの話

ハフィート山のふもとの温泉は、お気に入り♪
家からそんなに遠くないし、足湯や、のんびりお散歩できるのが楽しくて、
時間ができると、「また行ってみない?」と、まるで銭湯にでも通うみたいに?(笑)
しょっちゅう足が向いてしまうのでした。

昼間よりも、日が落ちて涼しくなった夜に行くことが多いのですが、
暑いアラブの国では、お店も、街も、公園も、昼間よりも夜の方がずっと人出が多くて、
煌々と灯る明かりの下、にぎやかに振るわっていたりします。^^

広い公園中、あちこちと、小川のように温泉が流れています。
場所によって、熱いお湯だったり、ぬるめだったり。
小川が交差しているところでは、暑さとぬるさを同時に楽しめたり♪^^

こういうお湯の出始めは、熱いところが多いです。
c0164052_18234257.jpg

こんな、急流みたいなところもあるし、
c0164052_19325386.jpg

のんびりゆったり流れる下流もあります。
c0164052_18255361.jpg
c0164052_1934784.jpg

家族連れのグループが多いのですが、
子どもたちは、日本に比べて、とてものびのびしているように感じます。
この子たち、私たちのすぐそばで、足湯に浸かったり、遊んだりしていましたが、
他人の、ましてや外国人の私たちの存在を、
まるで、いつも一緒にいる親戚のおじさんおばさんかのように、
自然に受け入れて、全然警戒したりしないのです。

彼らが遊んでいたおもちゃが飛んできて、私たちの向かい側に落ちました。
3人姉弟のまん中の男の子が、取りに行こうと私たちの前を通り過ぎた時、
「アッサラーム・アライクム」と言いました。
連れがその子に「ワ・アライクムッサラーム」と返すと、
その子からは可愛い自然な笑顔が、にっこり返ってきました。
アラビア語のアの字もわからない私が、あとで連れに何て言ったの?と聞くと、
ただこんにちはと挨拶を交わしただけだよと。

見知らぬ大人に対する警戒心のなさや、
ましてや子どものほうからあたりまえのように挨拶してくる様子を見て、
ああ、日本では悲しいことに、「知らない大人のそばに行っちゃダメ、
話しかけられても答えちゃダメ」と教え込まれるのに、、、と
可哀想な日本の子どもたちと、あまりの境遇の違いを感じて、ちょっとショックでした。

犯罪がまったくないとは言いませんが、UAEは、とても治安がいいのです。
特に、子どもたちにとっては、とても安全な国と聞きます。
きっとポルノグラフィが厳格に禁じられていることが、
子どもの安全が守られているひとつの大きな要因ではないかと推察します。
もしも野放しのポルノや残虐なゲームで学習することなどなかったら、
子どもを犯罪の対象にしようなどとは
(普通の大人や青少年は)誰も考えもしないと思いますもの。
私は専門家ではないけれど、そんなふうに感じました。。。

というわけで、夜遅くまでのびのびと外遊びする子どもたち。
いい大人の私だって遊んじゃう♪
初めてラクダさんにも乗ってみました。芝生の上を一回りしただけなんですけど。(笑)
ラクダさんの背の上は、思ったよりもとても高くて、ちょっと怖かったけど、面白かったです。^^
このラクダさんに乗りました。今は客待ち中。。。
なんだか、お行儀よく正座してるみたいに見えますね。^^
c0164052_19135262.jpg

まっ白な、まるでアラビアの王子様が乗るような、お馬さんもいました。
c0164052_19154178.jpg
c0164052_19161816.jpg

そして馬車にも乗っちゃいましたよ~。
ライトアップされた公園を、プリンセス気分でパカパカパカと一回り。(笑)
ほんとに、子どものように遊んでみました! 結構楽しい~^^

c0164052_19274875.jpg

というわけで、運動不足な日々を、夜のお散歩と、足湯に浸かって解消すべく、
目下のところ大変お気に入りのお出かけ先、ハフィート山の麓の公園で、
あったこと、いろいろでした。^^

c0164052_19282389.jpg

[PR]
by hirorobox | 2008-11-26 19:52 | アラブ編U.A.E.

UAE産の野菜やお花? 砂漠の国の栽培努力!

それはスーパーで、なんと地元UAE産のキュウリを見つけたのがきっかけでした。
c0164052_1155864.jpg

今までもさんざん、この国で売っている、世界各国から輸入される野菜や果物の、
豊富さ、美味しさ、新鮮さ、値段の安さの驚きを書いてきましたが、
こんな砂漠の国の中でも、作っているのですか?お野菜を??? ちょっとびっくり!

買ってみました、そのキュウリ@UAE。 日本の細長いキュウリよりも、短くて太めです。
試しに、シンプルにお塩を振って食べてみましたが、瑞々しくてすごく美味しくて驚き!
それに、お値段だって、1キロ180円くらい。なかなかお安くないですか?

c0164052_1293547.jpg
c0164052_1210745.jpg


それで、俄然興味を持ってしまった、この砂漠の国での農業生産。^^
こんなページを見つけてしまいました。

http://www.vegenet.jp/yasaijoho/kaigai/0707/kaigai1.html

ここからの知識によりますと、70年代から始まったUAEの農業生産の努力は
とても高い水準に達しているらしく、なんと今や400万人を越える消費人口の
40~50%自給が可能だそうです!
日本にはインゲン豆が、ヨーロッパにはイチゴなんかが輸出されちゃってるそうですよ~。^^
中国産の野菜なんかより、ずっと清潔で安全そうです。
皆さまも、もし見つけたら買ってみて下さい。^^

オアシスの街で、地下水が豊富な、ここアルアインは、
そのUAEの中でも一番の農産物の生産地らしいです。 ほお~、すてき!
おお、そういえば!
このアルアインのはずれの素敵な村に住む、はなももさんカップルのお宅に伺った時
砂の山の向こうに、ちょこんと見えた光る建物? あれは何かと訊ねれば、、、

c0164052_1230266.jpg

なんと「バラの花を栽培しているハウス」だと。
砂漠でバラの花???とちょっとびっくりしましたが、
その時は、お金持ちが趣味でそんなこともするのかしら?
くらいの間違った認識でおりました。^^;
バラの花だって、この国の、立派な農業生産物のひとつだったのです!

知れば知るほど奥深い、このUAEという国。。。
オイルマネーだけに頼らず、様々な方面で発展の努力を続けていると聞いていましたが、
こんな砂漠の国で、農産物の生産技術開発まで、こんなに頑張っていたのですね。
・・・片や、緑豊かな恵まれた気候の日本の農産物の自給率って、、、
いったい現在はどれほどなのでしょうか? ちょっと心配になってしまいました。^^;

というわけで、潤っています、ここでの食生活♪
ある日のお一人様ランチは、超簡単に、ぱぱっと目玉焼きご飯を作ったのですが、
もしかして?とパッケージを見てみたら、この卵は、お隣りのドバイ産でした!

c0164052_12515566.jpg

焼きトマトをつけて、ハーブを散らしてみたら、
ちょっとしたカフェごはんみたいになって、嬉しい♪

他の国では、私は今まで見たことがなかったこのハーブ、
日本のシソとローズマリーを合わせたような、微妙な香りと美味しさです。 
あんまり長持ちしないのですが、どっさりひと束たったの30円で、
どんなお料理にも合って、とても重宝しています。 今一番のお気に入りかも。^^
[PR]
by hirorobox | 2008-11-25 13:38 | アラブ編U.A.E.

アバヤの効用 私のへなちょこ考察^^;

場所にもよると思いますが、この街のこれまでの滞在で感じている私の感覚では、
UAEの治安はとてもいいと思います。 多分、昨今の日本の状況などよりもずっと。
ただ、私てきに、もう少し何とかなるといいのになぁと思っている所も、少しはあったりします。

それは、とってもサバイバルな運転マナー^^; と、もうひとつ、「視線」であります。
怖くてちょっと自分ではハンドルをにぎれそうもないこの街のドライブ事情に関しては、
またもう少しいろいろ慣れてわかってきてから、書こうかなぁと思っていますが、
昨日のアバヤの話からの付け足しで、ちょっと不快な「視線」について、私なりの考察を。^^

大きなショッピングモールやスーパー、ホテルの中や観光地等で感じることはほとんど
ないのですが、いや~な思いをすることが多いように思うのは、街中の繁華街で。
街中でも、場所や時間や状況にもよると思うのですが、
特に、出稼ぎの労働者が多くたむろっているような場所に入り込んでしまうと、ピンチ。^^;
それでも、連れといつでもどこでもぴったりくっついていれば平気なのですが、
立ち止まってお店の中や商品を眺めたりしているうちにちょっと離れてしまって
一瞬周りからひとりでいると見られると、すごく不躾な視線を向けられて、
え~?と思うこともあり。。。
相手が集団だったりすると、恐怖心さえ感じてしまいます。
でも、まあそれは、ただ嫌な「視線」というだけで、
実際に何かハラスメントにあったということは、今までないのですけれど。

同じ女性でも、同じシチュエーションで感じ方はいろいろと思いますが、あまりに不躾な、
相手に対するリスペクトのない性的な視線、というものは、やっぱり不快なものですよね。
一応服装にはちゃんと気をつけて、腕や足の露出を極力避けているつもりなのですが、
私が東洋人の女性であるということも、「視線」の被害にあう理由のひとつかもしれません。
どこにでもあるショッピングモールなどよりも、こんな風なごちゃごちゃした街中の
ちょっとした探検やお店めぐりのほうが、もっとずっと面白そうなのですけれど、
女がおちおち一人歩きもできない現実が、やっぱりここにはありそうです。。。

で、「アバヤを着ていると周りからリスペクトされる」という話をよく読んだり聞いたりするので、
私もぜひアバヤスタイルで歩いて、その違いを実感してみたい、という思いもあり・・・
目まですっぽり覆うベールを被っちゃえば、人種さえわからないですものね、ふふふ。^^
というわけで、昨日書いたアバヤ購入の夢、ちかじか実現を図れたらいいなぁと
ちょっとだけ目論んでおります。^^

ショッピングモールなどでは、ひとりで買い物をしている女性の姿もよく見かけますが、
こういう街の市場にはほとんどいなくて、
見かけても、お付きの男性がちゃんと付き添っていたりします。
c0164052_12261526.jpg

日が落ちて涼しくなった夜の街のそぞろ歩きは、楽しいものですが、
c0164052_12315341.jpg

こんなふうにあてもなくたむろっている男性たちの視線には、要注意。(笑)
c0164052_12322371.jpg

でも、こんな綺麗な夜のモスクも見れたりするから、夜のお散歩はやめられません。
い、いや、まだちょっとひとりでは出かける勇気はありませんが。。。
c0164052_12341290.jpg

これが噂のシュワルマ屋さんでしょうか! LAで食べたカバブサンドイッチとだいたい同じ。
でも道端の買い食いって、なんだかもっと美味しく感じるから不思議ですね。^^
c0164052_12375823.jpg

アバヤ女性はだいたい集団で行動しています。 夜の街でもしかり。
c0164052_12441514.jpg

郷に入りては郷に従えで、私も着々と現地状況を観察しつつ、
無理せず自然にまわりに溶け込んでいければいいなぁと思っております。^^
[PR]
by hirorobox | 2008-11-24 13:08 | アラブ編U.A.E.

アバヤとへジャブと私の夢。^^

ショッピングモールや街を歩いていて見かける、UAEナショナルの女性たちは、
皆、アバヤと呼ばれる黒い上着を着て手先から足元まで覆った上に、
へジャブと呼ばれるベールで頭と髪を全部隠しています。
それにマスクをつけて鼻と口を隠し、目だけ出している人、
中にはすっぽりと目までベールで覆っている人もたくさん見かけます。

遠くからだと真っ黒に見える衣装も、近づいてみると、
カッティングも様々で、綺麗な刺繍やキラキラと光る装飾品がついていたり、
流れるようなすごく素敵なデザインのものがあったり、、、
観察を始めると、なんだかとても面白いんです♪

女性にカメラを向けることはマナー違反の国なので、
後ろ姿をさりげなく急いで撮ったあたふた写真ばかりですが、こんな感じです。^^

ショッピングモールの出口で、車を待つ女性たち。
c0164052_1863398.jpg

お友達グループでショッピング?
c0164052_1872111.jpg

動物園でもこの格好。
c0164052_188121.jpg

エレガントなアバヤ姿の若い女性たちとミスマッチな?スーパーのお惣菜売り場で。
c0164052_188271.jpg

ナショナル女性はいつでも全身黒!
後ろのピンクのペールのかたは、子守りのパキスタン女性だと思います。
c0164052_1885022.jpg

ショッピングモールのアバヤ屋さん。いろんなデザインがありますよね!
c0164052_18562619.jpg

アバヤの中は、こんな色とりどりの綺麗なドレス♪
c0164052_18581052.jpg


物欲に関しては、ずいぶん淡白なほうだと思う私ですが、
目下、欲しいものリストの上のほうに、このアバヤがあるのです。
流れるようなシンプルでエレガントなデザインで、美しいアバヤとヘジャブを一揃い♪

こういう衣装を着て歩いたら、どんな気持ちがするのかな~と思います。
ひらひらのつま先までのドレスは、なんだか優雅な気持ちになれそうですよね。
アバヤの下にはどんな服を着たらいいかしら?とか、バックや靴はどんな?とか、
想像してるだけで、ちょっと楽しい♪

しかし、目下のお買い物先は、いつもスーパーやホームセンターばかり。^^;
食料品や生活雑貨など、必要なものを揃えるだけで手一杯なかんじで、
ファンシーなお店をじっくり見て回る機会などほとんど恵まれません。

これは多分、女性がひとりで街歩きなどができにくい環境のせいもあるかしら?
いつも連れの運転で買い物に行き、一緒に品物を選び、荷物を持ってもらって帰ってくる。
・・・なんだか楽しげに聞こえるかもしれませんが、
男性と女性って、やっぱり見たいものの対象がだいぶ違うし、
忙しい連れに、ちまちまとして時間のかかる女性の買い物に付き合わせるのも気がひけます。
こればかりは、ひとりで好きな時に好きな場所へ、気ままにふらふらと
自分で運転して外出できた、日本での環境が懐かしいかもしれません。

ショッピングモールや街の繁華街には、とても綺麗な布地屋さんや、素敵なテーラーを
あちこちで見かけます。
目下の夢は、いつかじっくりと・・・(笑)
[PR]
by hirorobox | 2008-11-23 19:14 | アラブ編U.A.E.

ハフィート山の夕焼けと、帰国ディナー のはずが・・・?^^;

昇ってくるお月様が、日本の2割がた大きいように見える砂漠の国。
ここでは、沈む太陽も、なぜだかすごく大きく見えるのです。

その週末、いったん日本に帰国する予定になっていた私は、まあ、またすぐ
戻っては来るものの、とりあえず初UAEとのちょっとだけお別れ記念と称し(笑)
お気に入りのハフィート山と、山のホテルでのディナーに
連れて行ってもらうことになりました。

日の入り前の山頂の広場。下界に比べてとても涼しいのです。空も何て綺麗な青でしょう!
c0164052_1614677.jpg


それから、少し下りたところにあるリゾートホテルの、趣のあるテントのカフェテリアで
沈み行く夕日をゆっくりと楽しみました。
c0164052_1665814.jpg

c0164052_1674766.jpg

日が沈んでしまうと、急にとても冷え込んできます。
温かな明かりの灯るテントの中に入ってみました。
c0164052_16142424.jpg

なんて素敵なテントでしょう! 中から外を見ると、こんな感じです。
c0164052_16123166.jpg

徐々に風も強くなってきましたが、ミシミシ揺れる音さえ、なんだか懐かしく楽しげに聞こえて。
向かい側では、カンドーラとアバヤを着たカップルが、シーシャを楽しんでいました。

c0164052_16185589.jpg
   アラブ風に床に座るスタイルは、とてもくつろげ、
   アラビア語の字幕の映画を眺めながら、
   楽しく時は過ぎました。
c0164052_162325100.jpg


さて、お楽しみのディナーは、前に初めてこのホテルを発見した朝、ぜひにと夢見た
♪砂漠の夕焼けを眺めながら屋外バーベキュー♪ が希望だったのですが、
残念ながら、冬季のオープンは、休日の昼間だけとのこと。
理由は、この季節、夜は冷えすぎて外にいられないから、ですって。
なるほど、テントから外に出ると、それは素敵な眺めなのですが、や、やっぱり、寒い。。。

c0164052_16304933.jpg
c0164052_16312848.jpg

「この国で寒さが恋しくなったら、冬の夜ここに来ればいいね」と笑いながら、
私たちは駆け足で、館内のレストランへ向かいました。

ホテルのコンチネンタルブッフェだし、と、あまり期待もしないで行ったのですが、
これがまた、お値段の割には感動の、美味しいお料理の数々でした!
中でも、オードブルのサーモンや、メインの鴨のグリルは、絶品です。
ローストビーフも美味しかったし、なんといってもデザートに大満足の私でした。^^
お皿にてんこ盛りのデザート、おかわりまでしちゃって、
お腹いっぱいで、一瞬動けなくなりました。(笑) ←そこまで食べる?^^;

c0164052_1645762.jpg
c0164052_1646285.jpg

和やかに食事する人々にカメラを向けるのはためらわれたので、
窓ガラスに反射するお店の中の様子を撮りました。^^
c0164052_16471489.jpg

ああ、とっても楽しい夜でした!
この素敵な夜景が楽しめるプールサイドでの、夜のバーベキューディナーは、
夏までおあずけですけれど。。。夏になったら、ぜひまた来たいです!
c0164052_16494692.jpg

そうそう、お茶をしたテントのカフェテリアの名前は、アル・ハイマ。
c0164052_16585549.jpg

ハイマはアラビア語でテントという意味だと、
ちょっとだけアラビア語を知っている連れが教えてくれました。
「ラスアルハイマのハイマ?」
「そう、ラスは、天辺。 ラスアルハイマはテントの天辺。」
わあ、地図で見るとほんとにそんな形のところにある首長国ですよね♪
ちょっとだけアラビア語を知って、得意になっちゃった私です。
でも鳥さんくらいの知能しかないから、すぐに忘れちゃうんですけどね。。。^^;

ところで、本当でしたら、今日の未明、
ドバイ空港から飛行機に乗っているはずだった私なのですが、
アラブタイム、アラビックウェイにのっとり、予定はどんどん後ろ倒しとなり、(笑)
一時帰国はもう少し先になりました。
今までの経験では、海外から日本に帰る時は、すごく幸せな気持ちになったものですが、
今回はちょっと様子が違い、なんだかこの国にずっといるのも
まんざらではないのが不思議です。。。
一番気持ちのいい季節というのもあるでしょうが、きっと相性?もいいのかもしれません。^^
これからも引き続き、こまごまとした日常のアラブ異文化便りとなりそうですが、
どうぞよろしくお付き合い下さいませね。^^

[PR]
by hirorobox | 2008-11-22 17:41 | アラブ編U.A.E.

シェイク・ザイードの誕生した地、アルアインのパレス・ミュージアム

アルアインにいるならぜひ行ってみなくてはと、かねてから思っていた
この博物館への訪問は、私にとって想像以上に感動的な出来事でした。

「今日、仕事を通して故ザイード大統領の身近にいたという人と会ったんだよ。」
と言って連れが帰宅した、まさにその日の夕方、
私たちはなぜか偶然にも、その誰もが敬愛するシェイクの、もと宮殿、
パレスミュージアムを見学する予定を立てていたのでした。
不思議なシンクロニシティを感じつつ、訪れた博物館は、本当に興味深いところでした。

c0164052_17225827.jpg
c0164052_17247100.jpg

館内のあちこちに、故ザイード大統領のたくさんの肖像画が飾られていました。
民と共にいる優しいお顔や、鷹を傍らにしたりりしい絵や、いろんなものがありましたが、
私はこの、バラの香りを愛でている大統領に、一番胸キュンでした。^^
c0164052_1729998.jpg

c0164052_19122147.jpg

3つのエリアに分かれた館内の、一番始めに足が向いたのは、
シェイクの家族がの居住したという、プライベートエリア。
二階に上がると、子どもの部屋には、可愛いベッドが♪
c0164052_17401272.jpg

そしてシェイクと奥様の寝室へ。 中に入ってみると、その質素さに、本当に驚かされました。
広さは、今私たちが住んでいる住居の、ほんのリビングルームほどの大きさくらいしか
ないかもしれません。
c0164052_17422149.jpg

細長いお部屋の一方に、小さなベッドが。
c0164052_17435746.jpg

そして質素な家具がいくつか置いてあるだけの、なんてシンプルなシェイクのプライベートルーム。
c0164052_1753311.jpg
c0164052_1754198.jpg

一階には、ファミリー用の、マジリス(お客を迎える部屋)がいくつかありました。
c0164052_17561488.jpg
c0164052_17565592.jpg

c0164052_1932676.jpg
    庭には、大きな井戸があり、

c0164052_1943858.jpg

台所は、すごく興味深かったです。
この大きなお鍋! 背の高い大人の腰の高さほどもあります。
きっとこの鍋で、何十人何百人ものお客さまにふるまうアラブのお料理が作られたのですね!
c0164052_1962277.jpg

お客様をお泊めするエリアの、エレガントなお部屋のインテリア。
c0164052_19173382.jpg
c0164052_19182116.jpg

何十人ものお客さまと歓談できそうな、大きなテント。
c0164052_19222965.jpg

c0164052_19232412.jpg

VIPをお迎えした建物。
c0164052_19253388.jpg

一階は、ローカルのお客様用。 小さな扉をくぐるように入ると、、、
c0164052_19271552.jpg

広々としたゴージャスなインテリアのマジリスが。
c0164052_19302911.jpg


c0164052_193297.jpg

二階は、外国からのお客様をお迎えするお部屋で、
アラビア風に床に座る一階と違って、椅子のお部屋になっていました。
c0164052_1935320.jpg

c0164052_19355341.jpg
c0164052_1936363.jpg

ザイード大統領の言葉。 本当にそのとおりですね!
c0164052_19375124.jpg

このポリシーのもと、近隣諸国との友好的な関係を築き、
ばらばらだった7つの首長国をまとめ、ひとつの平和で豊かで素晴らしい国を作り上げた
彼の業績は、とても偉大だと思います。

どこぞの王様や王女様、首相や大統領が乗るようなゴージャスなロールスロイスではありません。
彼はこの質素で小さなジープに乗って、きっと国中を回られたのでしょう。
c0164052_202578.jpg
c0164052_2043983.jpg

UAEの故ザイード大統領は、友人知人から噂にだけは聞いていましたが、
この国の人々だけではなく、アラブ中の民から親しまれ、とても愛され慕われた
素晴らしい大統領だったといいます。
そんな彼の人柄を、私はここを訪れて、初めて肌で感じることができました。
それはすばらしい体験でした。。。
写真をたくさん載せましたが、ご覧になった皆様も、もし機会がありましたら、
ぜひじかにこの博物館にいらっしゃってみることをお勧めします。^^
c0164052_2054880.jpg

アルアイン パレス・ミュージアム
開館時間 8:30am~7:30pm (金曜3:00~7:30pm) 月曜閉館
web site : http://www.aam.gov.ae
[PR]
by hirorobox | 2008-11-20 20:36 | アラブ編U.A.E.

アルアインの美味しいお菓子屋さんと、フレッシュ海老料理

カルフールの入っているAl Jemmyモールにあるお菓子屋さんは、
プレゼント用のちょっとした高級スイーツのお店のようです。
c0164052_1441554.jpg
c0164052_1445746.jpg

美味しそうなクッキー類や
c0164052_1454065.jpg

ナッツ類もいろいろ。
c0164052_1461271.jpg

どれも好きなだけ量り売りしてくれます。
お買い物に行くとついつい寄ってしまって、「このクッキー10個下さい」とか
「今日は、これとこれを6個ずつ」とか、可愛く試していたのですが、
どれも美味しくて、いつも帰りの車の中で開けちゃって、
家に着くまでぺろりとなくなってしまうのでした。^^;
それである日、ばばーんと1/2キロ、大人買いしてみました!
c0164052_147174.jpg
c0164052_1474441.jpg

1キロで50ディルハム(約1500円)と、
すごく割安感のあるこの国の他の食料品に比べると、少々高級なお値段ですが、
それでも日本で美味しいクッキーの詰め合わせを買うことを考えたら、
とってもお買い得です♪
さすがにこれだけあったら、家に着いてもまだたっぷり残っていましたよ。^^
ふふふ、美味しいクッキー、ひとりじめして食べてます♪^^
c0164052_14102669.jpg


こちらは、LuLuハイパーマーケットのお魚売り場で。
どれもみんなフレッシュで美味しそうな海の幸ばかり♪
c0164052_14261032.jpg

大きな海老を1/2キロ買って帰って、パパッと作った、ある日の簡単ランチです。
c0164052_1416170.jpg

オリーブオイルとみじん切りの生姜で焼いて、味付けはお塩を振ったただけですが、
プリップリで、すごく美味しい海老さんでした!
これで450円くらい。なんだか申し訳ないようなお値段ですね。
[PR]
by hirorobox | 2008-11-19 14:38 | アラブ編U.A.E.

LuLuハイパーマーケットと茄子料理

電話会社エティサットのビルの近くに、新しく出来たLuLuハイパーマーケット
というスーパーを発見しました。
c0164052_7545795.jpg

c0164052_7553035.jpg

1階は食料品と日用品、2階は電気屋さんとチャイルドグッズ売り場になっていました。
日本人の私にとっては、なんとなく手ごろな広さで、
まるでイトーヨーカドーとかジャスコでお買い物してるような気がして、(笑)
とても親しみが持てます。
店員さんもたくさんいて、みんなとても親切で、お客に対するリスペクトがあって、
日本並みに丁寧な対応だなぁと思いました。
品揃えもカルフールにほとんどひけをとらないし、野菜類などさらに新鮮な感じ!

これ、茄子売り場です。
c0164052_7575048.jpg

馴染みのある茄子も、真っ白とか緑色とか、初めて見るような茄子も、、、
おお、世界中にはこんなにたくさんの種類の茄子があるのだな~とびっくりします。
冒険はしないで、お馴染みの色と形の茄子を買ってみました。(確かエジプト産)

茄子をオリーブオイルで焼いて、ヨーグルトをかけて食べるのが好きなんです♪
今回は、手作りミートソースをのせて、ボリュームのあるメインディッシュ風にしてみました。
c0164052_7585882.jpg

ヨーグルトにみじん切りの生のにんにくを入れると、さらにおいしいです。
お仕事や人に会う前に食べるのはおすすめしませんが。^^;

エジプト産の茄子は、日本の長茄子にそっくりでしたが、
すぐに焼けて、油もそんなに吸わなくて、でも味と食感はお馴染みの茄子そのもので、
ヘルシーでいいなぁと思いました。

こんなふうに世界中の野菜が、よりどりみどりスーパーにあって
こんなにロープライスで買える国なんて、私は他に見たことがありません。
スーパーに行くたび、なんだか感激の毎日です。
[PR]
by hirorobox | 2008-11-18 08:14 | アラブ編U.A.E.