世界のあっちこっちで・暮らしの中の小さな幸せ♪

hirorobox.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

UAEの小さな街のデーツの話

私の住むこのオアシスの街は、砂漠の国とは思えないくらい、緑がとても豊かです。
その緑のほとんどは、ヤシの木。 ナツメヤシの木です。
公園の木も、街路樹も、個人のお宅のお庭にも、そこかしこにナツメヤシだらけ。^^

c0164052_852583.jpg

ナツメヤシは、日本では、棕櫚(しゅろ)と翻訳されたりしているそう。
棕櫚の木なんて、なんだかロマンティックな響きですね♪

有名なデーツの実は、このナツメヤシの木になるのだと、私は最近知りました!^^;
栄養価が高く、カロリーも豊富で、アラブの国の人々の間では、
昔から貴重な食糧、栄養源とされてきた木の実です。
木には雄の木と雌の木があって、実がなるのは女の子の木だけ♪なのだそう。

スーパーに行けば、いろんな種類のデーツの実が、どこにでも売っています。
半生ドライくらいにしたデーツの実は、自然の甘味がたっぷりで、
とろけるようにやわらかく、私も大好物♪ お茶のお供に欠かせません~。^^

c0164052_974964.jpg


ある日、ご近所で、たわわについているまだ青いデーツの実を発見!
ご覧下さい、すごいでしょう?

c0164052_910124.jpg

近づいて撮ってみました。

c0164052_9105959.jpg

                      こんなふうなのもあります。
c0164052_912991.jpg

                         拡大写真
c0164052_913111.jpg

気がつき始めると、この街のあっちにもこっちにも、デーツの実がいっぱい。
この青い実は、半年近くかけて、じっくりと熟していくのだそうです。
おおお~、楽しみ。 夏の終わりには、収穫の季節がやって来ますよ~。

素敵カップルの旦那様が、「そのへんになっている街路樹のデーツの実とか、
熟したら誰でも自由に採ってもいいんだよ~」と教えてくれました。

わお、アラブの国の、こういうところが素敵だなぁと思います。
もちろん、たくさん採って商売にしたりしてはいけませんが、
デーツの実は、過酷な砂漠の気候の中で暮らす人々すべてに、
等しく神様が与えてくれた、貴重な食糧、栄養源という考え方が
人々の中に根付いているのでしょう。

日本でだったら、街路樹や公園になっている木の実を、
勝手に採って食べたりしたら、ひんしゅくものですが、
ここでは、大地に実るものは、全ての人々の空腹を満たすためにあるのです。
砂漠のきのこ狩りでも、ちょっとそんなふうに感じたりしましたが・・・^^

さてさて、ご近所の、この立派なデーツの木の実の観察を、
楽しみに続けていこうと思いま~す。
いったいこれからどんなふうに熟していくのでしょうね~、わくわく。
[PR]
by hirorobox | 2009-04-29 09:57 | アラブ編U.A.E.

砂漠のきのこでオムレツ朝ごはん♪

秘境の砂漠で入手した、貴重なきのこの行く末は、こちらです。
ふわふわの美味しいオムレツになりました♪ (制作者は、連れでございます。^^)

c0164052_4394353.jpg


砂漠のきのこ、3つ。
お水で洗って、
砂を取りのぞいたところ。




c0164052_4412230.jpg


適度な大きさに切り分けますよ~。
慎重にナイフを入れる、連れ。(笑)





c0164052_4422730.jpg

彼はバターNGなので、
オリーブオイルできのこを炒めて~、
オイルをもうちょい足して、
割りほぐしお塩を入れた卵2個を投入、
手早くからめます~。



c0164052_4453537.jpg
半熟とろとろ~、
砂漠のきのこオムレツの出来上がり!
超簡単。^^

アラブパンに挟みながら、
手巻きシュワルマ風にいただいた
美味しい朝ごはんでした♪
(盛り付けがぞんざいなのは、お許し下さい)笑

砂漠のきのこは、マッシュルームよりも歯ごたえがあって、
vertpreさんがコメントでおっしゃっていましたが、
そう、ちょっとエリンギみたいな噛み応えがありました。^^
風味はぐっと深くて、しっかりときのこの味がしましたよ~。

洗い方が足りなかったせいか、中に入り込んだ砂が時々じょりっとしたりしましたが、^^;
それもまたワイルドで、味のあるオムレツでございました。(笑)

後に、はなももさんからいただいた情報によりますと、
この砂漠のきのこは、日持ちはあんまりしなくて、
採ってから2日くらいが限度だそうです。

お~、ぎりぎりでした~。 美味しくいただけて良かった!
連れの英断に感謝。(笑) 
私がもったいない~って、いつまでもとっておいたら、ダメにしちゃうところでした。^^;
[PR]
by hirorobox | 2009-04-28 05:35 | アラブ編U.A.E.

秘境のきのこ狩り教室で、砂漠のきのこゲット♪

数週間前に雨がたくさん降ったので、
いま砂漠のきのこがにょきにょきはえてるよ~という、
地元の素敵カップルからの情報を聞いていました。

で、私たちも、その砂漠のきのこなるものをぜひ見つけてみたいと思い、
うちのお向かいのデューンを徘徊し、探してみるも、
たったのひとつも見つけられないていたらく。。。(涙)

見かねた素敵カップルが、そんなとんまな私たちに、
きのこ狩り教室?(笑)を開いて、見つけ方を伝授してくれることになりました。

わーい、わくわく! 当日は、朝4時起きして、素敵カップルの住む
小さな街の秘境・はなもも邸まで行こうとはりきっていたのに、、、
連れの仕事のスケジュールが急に変更になって、(いつものことです~涙)
朝のきのこ狩り教室はボツになってしまい、
午後の、日も高く一番暑い時間にお邪魔することになってしまいました。(大汗)

まずはご自宅で、その砂漠のきのこなるものをじっくりと観察。
c0164052_12425897.jpg

おおお、すごい、これが砂漠のきのこですよ~!
白くてマッシュルームみたいだけど、表面がちょっとカサカサしている感じ。
匂いはしっかりきのこのかおり、う~ん、おいしそうです。^^

涼しいお宅で、お茶をいただきながらおしゃべりして、まったりしてしまいましたが、
せっかくだから帰る前にちょっとだけでもきのこ探しに行ってみようということになり、
炎天下の中、サンドバギーとスズキくん(ジープ)を出してくれた素敵カップル。
すぐ裏の砂漠に、出発で~す!

c0164052_1252144.jpg
ものの5分もしないうちに、
ジープを止めた相方さま。

指差す方向を見ると、そこには、
砂に埋まった白い物体が・・・

おお、砂漠のきのこです!


c0164052_12532081.jpg
狂喜乱舞して
助手席から飛び降りる私。(笑)
あ、あの、どうやって採るの???
まわりの砂をのけて、根元から
と教えてもらい、
念願の砂漠のきのこを
手にすることができました~。
わ~い!

すごいですよ~、相方さまのハンティングの目は~。
それからあっちにも、そしてここにもね、と続けて3つもゲットしちゃいました!

素敵カップルは、その後少し奥まで行って、もうちょっと探そうとしてくれたものの、
あえなく時間切れ。 連れの仕事の関係で、もう帰らなくてはなりません。。。残念。

でも、見て下さい~。 念願の砂漠のきのこ、この日の収穫です。^^
c0164052_1332154.jpg

帰り道、オムレツにして食べてみようよ、とか、
いや~、やっぱりきのこは網焼きにして、お醤油でキュッといってみたいものだ、とか、
盛り上がって帰って来ました。
貴重な3つの砂漠のきのこ。いかなる料理に変身するでしょうか?!
わくわくしながら、冷蔵庫に保管中で~す。←もったいなくて食べれない?(笑)

というわけで、こんななんちゃってじゃない?(笑)ホンモノの
砂漠のきのこ狩りの様子をご覧になりたいかたは、
素敵カップルの奥様のブログ、こちらをどうぞ~。

短時間とはいえ、お暑い中を、私たちのために
きのこ狩り教室に連れて行ってくれた、素敵カップルに感謝です。
特別授業(家庭科?理科?)の、アイスクリーム作りも楽しくて、最高でした。

前回おじゃました時は、その時訪問していた可愛いキッズが作ってくれて、
味見もさせてもらっちゃったのですが、
今回は、私がぐるぐる作らせてもらえて、楽しかった~♪
はなもも邸の「どんびえ」さんで作る抹茶アイスクリームは、最高です!
作るのと食べるのに夢中で、写真撮るの、忘れました。ごめんなさ~い。(笑)

おまけの写真。
c0164052_13171464.jpg

お庭でくつろぐガールズガゼルグループ。
すくすく育っているマラーク(天使)ちゃんも、もうすぐお姉さんになるそうです。
[PR]
by hirorobox | 2009-04-27 13:22 | アラブ編U.A.E.

ディルのお花が咲いたわけ(笑) ハーブ天国UAE

少し前の記事で、私が初めて見たディルのお花の写真を載せましたが、その続きです♪

c0164052_1210328.jpg
暑さ、乾燥など、厳しい気候のため、
お花はあんまり長持ちしないUAE。

お部屋に切花を飾ることも
ほとんどなくなっていた日々ですが、
ある日、思いがけず(?)
家のキッチンにやってきたこのお花。

ハーブ(野草)の花なので、
強くたくましい性質だったのか、しばらくの間、
こんなふうにカップの中で可憐に咲いて、(笑)
私の目を楽しませてくれました。



c0164052_1227711.jpg
元はといえば、お豆が大好き、
中でもソラマメの美味しさと外見のキュートさに
たまらない魅力を感じている私です。(笑)
日本では、そろそろソラマメの季節だな~、
この砂漠の街でも売っていないかな~と
探したのですが、日本の初夏の風物詩、
こんなふうにふわふわのベッドに入った
フレッシュなソラマメは見つかりませんでした。

c0164052_1232372.jpg

かわりに見つけたのが、このドライ・ソラマメ♪

ナッツ類やドライフルーツを量り売りしてくれる
スーパーの売り場にありました。




c0164052_1232528.jpg



水に浸けて一晩戻してみるとこんな感じに。
うん、これはなかなかイケそうです。^^




c0164052_12353113.jpg
さっそく作ってみました。
大好きな、チキンそら豆ごはん♪

そう、そうなのです。
コレを作るのに、ぜひ入用だった
ディルの葉っぱ。
これがあると、さらに風味が増して
美味しくなるのです、そら豆ごはん♪

乾燥ソラマメは、それは
日本の採りたてのに比べたらイマイチで、
色もきれいじゃないけれど、
充分なつかしの味は堪能できました~。
ハッピ~♪

で、この花がどこからでてきましたかと言いますと、
スーパーのハーブ売り場で買った、このディルの大きなひと束から。
c0164052_1244335.jpg

お料理で10分の1も使い切れずに、
冷蔵庫に保管しているうちに咲いてしまったのです! びっくり。

UAEのスーパーでは、野菜やフルーツがとても豊富に売られているのですが、
ハーブもすごいんですよ~。 売り場はこんな感じ。
c0164052_1250957.jpg

どれも片手でつかみきれないほどのごっそりひと束1ディルハム(約30円)!
小さな袋にぽっちり入って100円も200円もする日本って、いったい何・・・?
ハーブ天国の南仏出身の連れも、よく
「日本のハーブは、まるで金みたいな値段だね」と言っていますけれど。^^;

c0164052_12572100.jpg

というわけで、
使いきれなかったディルの束は、
そら豆ごはんの他にも、

手巻きシュワルマの具とか



c0164052_13291114.jpg



ありあわせの
フライドライスに乗っけたり、




c0164052_13301919.jpg


最期には、連れが作った
チキンスープにごっそりと入れられて、
海草みたいになってました。(笑)
[PR]
by hirorobox | 2009-04-24 13:48 | アラブ編U.A.E.

オマーン日帰りの旅 大渋滞と美味しいランチ

国王様にそっくりの入国係官のお兄さんは、とってもいいひとでした。
「ソハールまでは60キロ、30分くらいで着いちゃいますよ。
でもオマーンは初めてのようですから、どうぞ気をつけて。
工事中の道が多いから、スピードは控え目に」と。

でも60キロの道のりを30分で着くには、時速120キロで走らないとですよね~。
ここは高速道路でもなんでもない普通の道なんですけど・・・^^;

このあたりのローカルの人たちの運転のすごさ、スピード感覚の違いを、
こんなことでわかってもらえるでしょうか。
「気をつけて、控え目に」走って、30分で着けるよ~って
軽く言っちゃうお兄さん。(笑) ←でも親切なナイスガイ。^^

ローカルじゃない私たちは、普通にゆっくり走りますよ~。
オマーンに入ると、風景がずいぶん変わります。
本当に、砂漠ばかりのUAEと比べて、緑がたくさん。
川も流れているし、山並みも、こんなふうにとても綺麗です。

c0164052_20112961.jpg

道端には、放し飼いにされたラクダさんやヤギさんをたくさん見かけました。
かわいい~、牧歌的な風景に心癒され~。
海辺の街への道を急いでいた私たちは、動物の写真は帰りに撮ろうと
立ち止まらなかったのですが、これは失敗でした。
朝たくさん散歩していた動物たちは、帰り道の午後には、
みなお家に帰ってしまっていて、だれもいなくなっていました~。(涙)

そんなにも急いで向かったソハールの街なのに。。。
市街地に入り、あと少しで海に到着~というところで、
な、なぜか大渋滞に巻き込まれてしまいました。(汗)

アラブの国の渋滞を甘く見ていた私たち。
少ししたら動き始めるだろうと、はじめはのんびり構えていましたが、
いくら待っても、1ミリも前に進まない車の列。(汗)
30分近くもそうしていたでしょうか。。。

おもむろに、一台後ろにいたローカルのお兄さんが、
ぐいぐい方向転換して、なんと路肩を逆走して行きました。
それを見た連れが、「ローカルのやるとおりにならったほうがきっと正解だよ」
と、真似して方向転換、路肩を反対向きに走り始めます。

え、えええ? あ、アセる私。。。 
日本でだったら許されないよ~。逮捕されちゃう。(大汗)

しかし、無事に逮捕もされず、そろりそろりと長い渋滞の最後尾までたどり着き、
そこから一番近くの横道に入って、なんとか反対側の車線に出ることができました。
ほ~~~っ。良かった。

もう海に向かって進むのは無理そうだし、お腹も空いたし、何か食べよう!
と、それからはレストラン探し。
でも、通りにはあまりお店は見当たらず、
来る時に通りがかりに見かけたホテルまで戻ることにしました。

このホテルです。(Crown Plaza Hotel Sohar)
c0164052_20424580.jpg

c0164052_2047391.jpg
涼しい静かなレストランで
コンチネンタルブッフェをいただきました。

ガーベラのお花がお出迎え。
私たちの他には、数組のお客だけ。

たくさん並んだお料理を、
まるでひとりじめのようにいただけちゃいました。
それは思いのほか、
とっても美味しいお料理の数々でした。


オードブルは、2皿もおかわりしてしまいました。(笑)
c0164052_20505839.jpg

このナスのお料理がおいしくて、またたくさん取り分けてきちゃいました。
c0164052_2054576.jpg

c0164052_20543944.jpg


ただのコーンスープなのですけど、
これ、とっても美味しかったです。





そして、メインの温かいお料理を。
ローストビーフがすごく美味しくて感動。マッシュルームホワイトソースがけです。
c0164052_20574971.jpg

そしてデザート♪ 欲張って、いただききれないほどの量を持ってきてしまいました。^^;
c0164052_2058674.jpg

                   最高に美味しかったチーズケーキ。
c0164052_2102285.jpg

            もうお腹がパンパンで、試せなかった美味しそうなティラミス?
c0164052_20595733.jpg

これも美味しそうだった、マンゴーケーキ? ガゼルの角みたい♪ 見るだけにしました。(涙)
c0164052_2132510.jpg


は~あ~、とても美味しいランチでした。 ごちそうさま♪
このホテルは最近オープンしたばかりのようです。

c0164052_2192899.jpg

こんなオマーンの辺境の、何もない荒野の中に建つ小さなホテルでしたが、
スタッフの方々の対応はフレンドリーで親切でとても気持ちのいいものでしたし、
なにしろお料理はとても美味しかったです。
通りかかって、すごくラッキーでした。

というわけで、やっとお腹もいっぱいになり、ここからがオマーンの旅本番!のはずが・・・
私の風邪は、すっかり治りきってはいなかったようです。
熱暑と冷房と砂埃のトリプルパンチで、またまたぶり返してきてしまった気配。。。(汗)
午後もまだ早い時間だったのですが、大事をとって
まっすぐ帰途につくことになりました。。。 わわ~ん、残念。(涙)

かんかん照りの帰り道、前述のとおり、動物たちはみな涼しいお家へ帰ってしまっているし、
私は咳が止まらなくなってくるしで、あんまり楽しいドライブではありませんでしたが、
オマーンからの出国と、UAEへの入国は、来る時と違ってとってもスムーズでした。

UAEって、入る時よりも、出る時のほうがムズカシイのかしら?
でも車関係の書類さえ整っていればなんてことはないようですね。
次にオマーンに行く時は、もう慣れたもんで、スイスイ行けちゃいそうですよ~。

のどかでとってもいい国でした。
こんなに近いのだし、またしばしば訪れてみたい所です。
次はぜひ、海辺までたどり着きたい!(笑)

その前に、この咳、とっとと治さなければですね。^^;
この砂漠の乾燥した空気と砂埃は、喉にあんまり良くないようです。
特に、しっとりした日本で育った私には、全然足りないですよ~、モイスチャー。
はなももさんがおっしゃっていた笑えるたとえ話ですが、
ほんと、鼻の中までカサカサです~。(笑)
[PR]
by hirorobox | 2009-04-23 00:43 | アラブ編U.A.E.

オマーン日帰りの旅、出入国の編

国境の街アルアインから隣国オマーンは、本当に目と鼻の先にあります。
地元の人たちはとても気軽に行き来しているようです。
まわりは砂漠ばかりのUAEに比べ、自然に恵まれた、
のどかでとてもいい国だと、いろんな人から聞いていました。

先日、砂漠の温泉でひいてしまった、私の夏風邪?暑気当たり?も、
だいぶ回復したと思われたある日、
ちょっとドライブして、オマーンを見てこようよ、ということになりました。

国境の向こう側すぐに、ブライミという大きな街もあるのですが、
せっかくだから東の先の海を見て来ようと、
ソハールという古い海辺の街を目的地に選んで、いざ出発~。

c0164052_1636778.jpg
家から国境まではあっという間。
20分くらいで着いちゃいました。

しかし、ここでちょっとしたトラブル発生。^^;
パスポートだけ持ってればOKと思っていたのに、
車の車検証を見せてくださいと言われました。

車、車検証???

c0164052_1654507.jpg
いまだ1ヶ月リースのレンタカー暮らしの
私たちなのですが、
ダッシュボードの中を見ても
車検証らしきものは入っていません。

検問所のお兄さんは
「それを確認させていただかないと
出国できません」とキッパリ。

あわや、オマーンドライブは中止か? というところでしたが、
車屋さんに電話したら、ファックスで車検証のコピーを送ってくれることになり、
それであやうく出国OKとなりました。

レンタカーの借用証明書みたいなのは持っていたのに、
なんだか融通が利かないな~と思いましたが、
これは盗難車を出国させないための厳しいチェックのようでした。

この後、出国スタンプを押してもらうためにオフィスのような建物に入っていったのですが、
そこにずらりと待ちくたびれたような顔をした西洋人グループの人たちが大勢待っていて、
あらら、ここでまたずいぶん待たされるのかしら~と身構えてしまいました。

聞いてみると、彼らの乗ったツアーバスも、何かの書類が足りなくて
出国できず、バスの運転手がそれを持って戻ってくるのを待っているとのことでした。^^;
あらら、お気の毒に・・・

c0164052_17132526.jpg
そんなわけで~、その先をさらに走って、
ここがオマーンの入り口、
入国審査のゲートです。
ここでは車のチェックはありませんでしたが、
保険の証明書の提示を求められました。

オマーンでドライブするための
保険がいることは聞いていたので、
この書類はOK。
c0164052_1716215.jpg

その後、この建物の中に入って、
入国税R02(約600円)支払いました。

UAEのディルハム紙幣でも
支払いOKでした。



c0164052_17345095.jpg
戻ってきたおつりの紙幣の肖像画が、
なんだか係の人の顔にそっくりで、
これあなたですか?と冗談で聞いたら、
それはオマーンの王様の肖像画で、
係の人はすごく恐縮してしまいました。
すぐに、この国では、王様をネタにジョークなど
言ってはいけなかったのだと気づき、
あわてて、恭しい態度で、
「ああ、こちらがオマーンの王様なのですね」
と言ったら、理解してくれたようで、よかった。
自分の軽率さをちょっと反省した出来事でした。

紙幣の写真は撮り忘れたのですが、
こちらがオマーンの王様の肖像画です。

ほ~っ、、、 というわけで、無事出入国審査終了。
この国では、パスポートだけあればいい空路での出国審査と違って、
陸路での出国の書類のチェックはシビアだなぁと思いました。
特に乗っている車の厳しいチェックが入るようです。
そして、オマーン入りする時は、オマーン国内での事故がカバーできる
損害保険に入っていることが必須でした。

わ~い、ここから楽しいオマーンドライブの始まりで~す。
しかし、海辺の街ソハールを目指した、この日帰りの旅は、
この後も、紆余曲折。(笑)
長くなってしまったので、続きはまた書きます。^^
[PR]
by hirorobox | 2009-04-22 18:09 | アラブ編U.A.E.

外気40度、砂漠の温泉で風邪ひきました。。。

小さな砂漠の街では、毎日毎日、暑い日々が続いております。
昼間の気温は、軽く40度を超えるようになりました。
これは、熱いお風呂にず~っと浸かっているようなものですね。^^;

c0164052_1349857.jpg

いつもは日が暮れて涼しくなってから、もそもそと外出したりするのですが、
この日は昼間から、連れが温泉プールに行きたがり、
もわわ~んとした空気の中、出かけることになったのですが、
それが間違いの元だったらしく、、、

温泉プールは程よい温度に調整してあるようで、とても快適だったものの、
外に出ると、また、もわわ~ん。。。^^;
温泉の温度よりも気温の方が高いんですよ~。(涙)

クールダウンするよりも、私はすっかり具合が悪くなってしまい、
その後、ハフィート山に登って、
山のホテルでアイスクリームをしこたま食べても、気分は治らず、、、

家に帰るなり寝込んでしまった私です。
鼻水は止まらず、熱もあるよう、咳もでてきて、、、これは風邪ですね?
寒くて風邪をひくんじゃなくて、ここでは暑くて風邪をひいちゃうのでした。不思議。(笑)

c0164052_12594047.jpg
連れが、チキンスープを作ってくれました。

豪快に鳥を丸ごとそのままお鍋に。(汗)
野菜をざくざく切ってがんがん入れていきます。
お、男の料理です。。。

(鳥の形をしたお肉を見てビビる私は
小心者。^^;)

次の日は一日中、このスープを飲んで寝ていたら、だいぶ具合がよくなりました。
感謝のチキンスープです。^^

休日の温泉プールはとても混んでいたのですが、
私はまたまたたくさんの人から声をかけられました。「どこの国から来たのですか」と。
はじめに言葉を交わしたのは、ドバイから来たというボンベイ出身のインドの若い女性。

それから、イエメンから来たという12~3歳くらいの女の子。
この女の子は日本語が少しできて、びっくりしてしまいました。
お姉さんが日本語の勉強をしているのだそうです。
イエメンの女性が、なぜに日本語の勉強を・・・?
いろいろ聞きたかったのですが、彼女の日本語と私のアラビア語では、
意思の疎通はほとんど難しいのでした。(涙)

そしてもうひとり、ローカルエミレーツのはたちの女の子。
好奇心旺盛でとてもひとなつっこい彼女とは、1時間近くも話し込んでしまいました。
お家はとても伝統的なファミリーのようで、英語の教育を受けられなかったといいますが、
私なんかよりずっと上手に英語を話します。

今は地元のカレッジに通っているそうで、将来は職業を持ちたいけれど、
父親は許してくれないだろう、と。
国内も、国外も、この街の中でさえ、
家族の同行がなければどこにも行けないのだそうです。

日本には行ったことがないけれど、
アジアには、タイとマレーシアにバカンスに行ったことがある、
緑がいっぱいで、涼しくて(?!)とても素敵な国だったと。

c0164052_13553844.jpg

いろんなことに興味を持ち、頭の回転が速く、とても賢い女の子に見えました。
もし、女性が自由に自分の道を歩んでいける国に生まれていたとしたら、
彼女はどんなすばらしい才能を開花させ、どんな職業を選び、
どんな人生を謳歌していったことでしょう。

小さな街の温泉プールで出会った、私のような日本人のおばさんにさえ、
彼女にとっては、広い世界を垣間見せてくれる小さな希望のようなものを感じて、
そばをいつまでも離れずに、たくさんのことを質問し、
つきることなく、ずっといろんなことを話してくれたのかもしれません。

別れ際、彼女はわざわざペンと紙を借りてきて、メールアドレスを教えてくれました。
私のアドレスも教えたのですが、、、
彼女の家族は、メール交換ぐらいのことでも、
外国人と交流を持つことを、多分許してはくれないかもしれないと思います。

私の方からメールすることもちょっとためらわれ。。。
この交際(笑)がどんなふうに発展(?)していくのか、
それともあの場限りの出会いになるのか、、、

多分、彼女の母親ほどの年齢でもある年長の私の方が、
彼女のファミリーの方針を、
それは重々、尊重しなければならないのではないかと、感じたりもしています。
[PR]
by hirorobox | 2009-04-19 14:01 | アラブ編U.A.E.

ハムールでイタリアン♪ これはイケます!

アラブのお魚、ハムールの美味しい調理方法、いろいろ教えて下さって、
皆さん、本当にありがとうございます!

ちょうど昨日買っておいたハムールが冷蔵庫にあることだし、
(ほんとに連れの大好物なので、ほとんどいつでもキープしてあるのです♪^^)
さっそく今日のランチは、ボクのママさんが教えて下さった
イタリアンに挑戦してみることにしました。

バジルとミニトマトを求めにカルフールへ。
ミニトマト発見!
あ~んなのに、いつもは束になって売っているバジルが、今日はありませんよ~。(汗)

c0164052_2151041.jpg
だけど今さら、今日の
イタリアンランチ計画は
止められません!(笑)

フランス人連れの御用達、
お家に常備の、
このプロヴァンス・ハーブで
代用することにしました。

乾燥バジルがいっぱい入っているし、
似たような風味に
仕上がるのではないかと思い。。。



ハムールに塩・胡椒、
オリーブオイルでニンニクを炒め~、
ハモールをこんがり焼いて、お水を入れて、しばらく蒸し煮~、
ミニトマトをくずしながら入れて、煮詰めます~、
そしてプロヴァンス・ハーブをふりかける~、
(↑上記、ボクのママさんのレシピの変形です。^^)

わわ~い、すごく美味しそう~! キッチン中にいい香りが。

c0164052_2221626.jpg

じゃーん! イタリアン・ハムールの出来上がりです!

c0164052_2232691.jpg

c0164052_224493.jpg

フレッシュバジルがないのが
残念でしたが、
かわりにフレッシュミントを添えて。

アラブのお魚ハムールで、
ちょっとおしゃれな
美味しいイタリアンランチになりました♪

ボクのママさん、ありがとうございます。
ほんとにとても簡単なのに、
すごく美味しいお料理ですよ~!
[PR]
by hirorobox | 2009-04-17 02:48 | アラブ編U.A.E.

アラブのお魚ハムールは、とっても美味しい♪

UAEはベドウィン(遊牧の民)の国なので、肉食のイメージが強いですが、
ここには美味しい魚介類もたくさんあるんですよ~。

アラビア湾に面したこのあたりの国は、漁業もとても盛んなのだそうです。
その中でも魚の王様と言われている有名なお魚が、Hamoor(ハムール)。
こんなお魚です。
c0164052_12573444.jpg

大きなのは体長2メートルぐらいあるのもいるそうですよ~。すごいですね。
この白身魚は、本当に美味しくて、週に1~2回は、食べているかも。
目がついているお魚が苦手(汗)な私が買うのは、いつも切り身ばかりなんですけど~。^^;
c0164052_12595021.jpg
臭みが全然なくて、柔らかく、
ほんとに美味しいお魚なので、
お塩を振ってオリーブオイルで焼き、
レモンをきゅーと絞って食べるだけで、
最高のディナーに♪

(まあ、手抜きな私得意の
超簡単料理ともいいますが^^;)

c0164052_1362399.jpg
c0164052_136495.jpg

ハムールは、ハタの仲間で、日本ではひとみはたと呼ばれているようです。
すごく高級なお魚なんですって!
そんなお魚を、UAEでは普通に食べれちゃうなんて、これはラッキーかも?
とはいえ、ハムールは、そんなに庶民的なお値段でもないのですけれど。
1㎏ 2,000円くらいでしょうか。
上の写真の1パック2切れで、30ディルハムほど(900円くらい)でした。

最近は乱獲により生息数が減ってきてしまっていることも心配されていると聞きました。
美味しいお魚だから、なくならないで欲しいです~。

いつも塩焼きばかりなのですが、連れはこれが一番のお気に入り。(手抜きのいいわけ?笑)
たまには豪華な美味しいお魚料理のディナーでも作ってみようかと思うのですが、
日本の高級料亭みたいなお料理は作れませんよ~。(笑)
こんな私でも作れる簡単(で、かつ美味しい)料理を開発してみたいものです。^^

というわけで、これは、ディルというハーブの花です。
ディルの花なんて初めて見ましたよ~。(笑) その詳細は、また明日にでも。^^
c0164052_1334297.jpg

[PR]
by hirorobox | 2009-04-15 13:47 | アラブ編U.A.E.

砂漠の街から、白くまくんの涼しいお便り?

例年よりはまだまだずいぶん涼しいよ、という話も聞きますが、
私にとっては、すっかり真夏のUAE。。。(汗)
強烈な日差しに、日中は外出もためらわれるほどです。

からりと乾燥しているぶん救われますが、
昼間の気温は、すでに熱暑の東京か。。。 35℃を超えています。
これからもっともっと暑くなるらしい。
きゃー、いったいどうなることでしょう?!
50℃以上って、どんな感じ? どきどきです。。。

そんな、暑さにおびえる?私たちのもとに、とっても涼しい画像が送られてきました。
ちょっとびっくりの、不思議な可愛い画像なんです。
あまりにも可愛いので、皆さんと分かち合いたいと思い、
ここに載せちゃおうと思います。
↑暑いから、屋外写真が撮れなくて、あんまりネタがないらしい。(苦笑)

解説は、不肖私めの独断と偏見で勝手にアレンジしたもので~す。
ご了承下さい。^^


**********


カナダの北方、ハドソンベイから届いた衝撃的な写真です。
c0164052_921164.jpg

わわわ、巨大な白くま現る! ハスキー犬、ピンチ!!!(汗)
c0164052_941953.jpg

撮影者は、ワンコたちの最期を覚悟したそうですが・・・

ありゃ、白くまくん、お腹は空いてないの? 
なんとびっくり、ワンコ好きのとってもフレンドリーなクマくんでした。
c0164052_973245.jpg

ワンコもすぐになついて、キスしちゃったりなんかして。
c0164052_99510.jpg

きゃはは~、仲良し~。
c0164052_994747.jpg

ハグしてるぅ~。^^
c0164052_9104593.jpg

白くまくんは、その後1週間ほど、毎晩ワンコのところに遊びに来たそうですよ。^^
c0164052_9115632.jpg


最後に添えられていたメッセージ

You must be the change you wish to see in the world.
~ Gandhi
"Act as if what you do makes a difference. It does."
~ William James
[PR]
by hirorobox | 2009-04-14 09:30 | アラブ編U.A.E.