「ほっ」と。キャンペーン

世界のあっちこっちで・暮らしの中の小さな幸せ♪

hirorobox.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

いちじくの季節、大量消費に四苦八苦。(笑)

いちじくの収穫の季節がやってきました~!

とはいうものの、ここでは、イチゴやメロンの時期のように、
いちじくがスーパーやマルシェにずらりと並んだ姿を、あまり見かけることがありません。
いちじくの木は、日本の梅の木みたいに、あちこちにあるのに、どうしてなのでしょうね???
身近すぎて、わざわざ買って食べるものではないのかな~。

我が家でも、あちらこちらのお宅のお庭で採れたいちじくを、
大量にいただいて、嬉しい悲鳴。(笑) いちじく三昧の生活が続いております。

日本では、紫色の皮が定番ですが、これはみどり色のいちじく。
ちょっと見、まだ熟れていないように見えるのに、ぱくっと齧ると、中身はきれいなルビー色。

c0164052_974225.jpg
c0164052_981051.jpg

甘~いですよ~。 木で完熟した、採れたていちじく♪
皮も剥かずに、生でむしゃむしゃいくつでも食べられちゃいます。
いちじくって、日本ではそんなに大好きなフルーツでもなかったのに。(笑)

c0164052_993880.jpg

紫色のいちじくは、もうこんなに
パックに大量にいただいてしまいました。(汗)
熟れ熟れすぎて、さわると崩れてしまうものも、、、


c0164052_955667.jpg

むらさき色とみどり色、並べてみると、なんだかカワイイ♪
c0164052_9133022.jpg

それはそれは美味しいので、生でもパクパクたくさん食べたのですが、
大量すぎて、やっぱり限界はあります。。。
傷んでしまう前に、なんとかしようと、いろんなものを作ってみました。

c0164052_9153456.jpg
その1
いちじくゼリーにしたら、全然固まらなくて失敗。
凍らせて、いちじくゼリーになりました。てへへ^^;


c0164052_9175344.jpg


c0164052_9215883.jpg

その2
いちじくジャムは、2回も作りました。





形を崩さず、
甘露煮のようになった1回目のジャムは、
まるでデーツみたいに見えます。

いや~、とろけるデーツですよ~、
これは美味しい♪(笑)





c0164052_9284746.jpg
2回目のジャムは、
煮ながら潰して、
とろ~りペースト状になりました。

rikushiさんのところ
いちじくと紅茶のケーキというのを見て、
すごく美味しそうだったので、
これで作ってみようかな~?



その3 ・ 一番ヒットだった、いちじくのタルトで~す♪
焼きっぱなしの素朴なタルトですが、(見た目もとっても素朴ですが ^^;)
焼き上がりに、カルバドス酒で作ったシロップをかけたら、ものすごく美味しくなりました。
冷やして食べるとさらに美味しい♪ タルト好きの私には、もうたまらないおやつです。^^
c0164052_9333967.jpg

こんな感じで、フランス生活では、
季節のいただきものばかりで成り立っている我が家の食生活。。。^^

そうそう、以前、大風で落ちたマカダミアナッツ ヘーゼルナッツを、
大袋いっぱい頂戴したことがありましたが、
今回は、風で落ちたのではなくて、茶色くなって自然に木から落ちた実を、
またまたたくさんいただいちゃいました。
ほんとはこんなふうになってから収穫されるのですね。 栗みたいですね~。
c0164052_946513.jpg

まだみどり色のガクのついた、風で落ちたマカダミアナッツ ヘーゼルナッツの姿を知りたい方は、こちらで~す。
[PR]
by hirorobox | 2009-08-31 10:33 | フランス編France | Comments(16)

夏の終わりのミディ運河・風景編

というわけで、なんとなく秋色めいてきた運河沿いを
自転車に乗って、どこまでもどこまでも走って行きました。 まるで風のように・・・
(と言いたいところですが、実際はせいぜい十数キロほどだったんじゃないかと思います・笑)
c0164052_21332272.jpg

あたりに広がるのは、すっかり刈り入れが済んだ麦畑。
c0164052_2134528.jpg

ひまわり畑のひまわりたちも、種をとってひまわり油にしてもらうのを待っています。
c0164052_2136643.jpg

この茶色い畑いちめんになっている植物は、なんでしょう~?

c0164052_21381552.jpg
c0164052_21384142.jpg

近づいてみると、なんだかマスタードのつぶつぶに似ているのですが、
芥子とはちょっと違うような・・・

プラタナスの幹は、まだまだ少しずつ脱皮が続いている模様です。

c0164052_21402549.jpg
c0164052_21405083.jpg

微妙な色合いの点々模様は、まるで印象派の画家が描いた絵のようです。
というか、画家たちはこの色合いを表現したくて、一生懸命カンバスに絵を描いたのですよね。
c0164052_21443556.jpg

c0164052_2145756.jpg

あちこちに、野生のベリーもなっています。

これはブラックベリーでしょうか?
ほ~んのり甘酸っぱい味。

いくつか摘んで食べながら、
ちょっぴり持って帰ってしまいました。^^



c0164052_21482580.jpg

オゾンをたっぷり吸い込んで~、それはそれはとても気持ちの良い、夏の終わりのサイクリングでした。
c0164052_2150510.jpg

[PR]
by hirorobox | 2009-08-30 01:57 | フランス編France | Comments(4)

夏の終わりのミディ運河・ボートウォッチング編

曇り空で、ちょっぴり肌寒ささえ感じるほどだったある日・・・
こんなお天気なら、このまえ遠出した時みたいに、
熱中症でクラクラになったりしないかな、、、と思い、^^;
運河沿いの道を、カントリーサイドに向かって、少し遠くまでサイクリングして来ました。

この日のテーマは、ボートウォッチング?(笑)
運河沿いは、色とりどり個性的で素敵な船が、あちこちにたくさん泊まっているのです。
c0164052_135549100.jpg

まだ8月の終わりだというのに、もうこんな感じ。。。
なんとなく秋めいてきた風景の中、船の写真を撮りながら、の~んびり走ってきましたよ~。
c0164052_140167.jpg

寝室がいくつもありそうなゴージャスな船から、小さな可愛いらしいボート、
おしゃれなインテリアの別荘みたいなのもあるし、
洗濯物のはためく生活感あふれる船まで、いろいろあって、とっても楽しい♪

c0164052_1482756.jpg
c0164052_1485994.jpg

c0164052_1492918.jpg
c0164052_14101939.jpg

c0164052_141122.jpg
c0164052_14113477.jpg

私が一番こころ惹かれたのは、この可愛らしいボート! キュートでしょう?
カーテンを開けて、テーブルにお花を飾ってみたいな~♪
お菓子を焼いて、デッキに座って、自然の中でお茶を飲んだら、とても気持ちがよさそうですね。
c0164052_14125611.jpg

大きな黄色い船が母屋で、このボートはゲストハウスでしょうか? それとも子ども部屋かしら?
こんな可愛いボートにご招待されたら、すごく嬉しいでしょうね。
c0164052_141802.jpg

以前に行った、水門小屋のあたりまではたどり着けなかったのですが、
それでもあちこち立ち止まりながら、の~んびり自転車を走らせて、往復3時間ほど。
なかなかいい運動になりました~。

フランスのカントリーサイドは、ほんとに素敵です。
自然を満喫して、すごくリフレッシュできました!

夏の終わりのネイチャー写真も、いろいろ撮って来たのですが、
ずいぶん長くなりそうなので、次の記事にしようと思います♪ しばしお待ちを。^^
c0164052_1425371.jpg

[PR]
by hirorobox | 2009-08-29 14:50 | フランス編France | Comments(6)

郵便屋さんの黄色い自転車 & 和食ブームは挫折?

街でよく見かける黄色い自転車、これは、郵便局の配達員さんの自転車なんです。
c0164052_21135865.jpg

昔は日本の郵便屋さんも、こんな赤い自転車に乗って配達してませんでしたっけ?
今ではバイクしか見かけなくなりましたけど・・・
c0164052_21175050.jpg

そして、この黄色い自転車に乗った街の郵便屋さんは、
なぜか若くてキュートな女性や、かっこいいイケメン男性ばかりなんですよ~。

私がマイ・チャリをよたよたと漕いでいる横を、さ~っと風のように
爽やかに追い抜いていく自転車の後姿に、ほおーっと見とれてしまうこともしばしばです。(笑)
このブロンドの女の子も、にこやかな、とっても綺麗なかたでした!
c0164052_22334944.jpg


c0164052_21265323.jpg

時々はバイクの配達員さんも
見かけますけれど、、、
(黄色いバイクですよ~・笑)

なぜかバイクに乗っているのは、
中年のおじさん配達員が
多いような気がします・・・^^;
気のせい?(笑)



黄色い自転車で街を走る、溌剌としたさわやか美男美女の郵便屋さんを見かけるたびに、
心の中に、ふと一陣の爽やかな風が吹きぬけるような、
なんとも言えないちょっと素敵な気持ちになっちゃう私なのでした~。(笑)


************


自己満足の和食ブームも、少しばかり見直しの時期でしょうか・・・???

というのも、先日もお客様があったのですが、
あまり時間もなかったし、そんなに気を使う関係のかたでもなかったので、
メインをこれにしちゃったんです。

c0164052_21404353.jpg
ははは、、、
カジノ(どこにでもある地元のスーパー)
で売っている冷凍ピザです。^^;

でもこれが、なかなか美味しいんですよ!
←中でもお勧めは、4種のチーズ味。

これだけでもシンプルで美味しいのですが、
さらに上にお野菜やお肉なんかを
お好みでのせて焼いても、ますます美味しい♪

この日は、アンチョビの缶詰を開けて、オリーブの実と、
トマト、マッシュルーム、玉葱、ピーマンと、野菜もたっぷりのせて、
パリッと焼きたてをお出ししたら、すご~く喜ばれました。

c0164052_21575024.jpg

自分で作ったのは、
前菜のサラダと、
デザートのバニラアイスクリーム&
いちじくのシャーベットだけ。(笑)

アイスクリームはいつでも喜ばれますね♪




でもね・・・
高い材料を買ったり、ないものを工夫したりして異国で一生懸命作る和食よりも、
冷凍ピザがウケるなんて。。。(涙)

確かに、珍しさも手伝って、最初は皆さん喜んでくれるのですけれど、
毎回来るたび食べたくなるほどそんなに大好きでもないんですよね、やっぱり日本食は。

とりあえず、マイブームの和食作りは、
密かな自分自身だけの楽しみにしておいたほうが良さそうです。^^;

お客様には、初めていらっしゃる時にだけ、簡単にお寿司でも作ってお出ししておけば、
それだけで、おお~日本人のもてなしをうけた~!と、感動してくれるみたいだし。
本当に美味しい日本のお寿司は、こんなんじゃないんですけどね、ははは。。。

ターメイヤさんからのコメントで、目からうろこが。
クレープ修行のために買ったそば粉で、蕎麦打ち修行もできますね!

きっと、私が下手くそなクレープを作るより、そば粉も喜んでくれるかも?(笑)
ここでは美味しいクレープは、どこでも買えますもの♪
打ち立ての生蕎麦は、どこにも売ってませんけど。^^

人に食べてもらうためではなく、自分自身のヨロコビのために、
蕎麦打ち修行、始めてみようかしら・・・?
[PR]
by hirorobox | 2009-08-27 22:56 | フランス編France | Comments(8)

石とレンガの壁 & クレープ修行

石とレンガの組み合わせ、それは古くからこのあたりの地方の、
建物の壁に見られる、独特の様式だったそうです。
今でも街を歩けば、あちらにもこちらにもその当時の名残りが・・・
というか、郊外をのぞいては、ここはほとんどがそういう建物ばかりの古い街なのですが。^^
c0164052_2354138.jpg

c0164052_12573712.jpg

アップで撮ると、こんな感じ。 それぞれユニークでとても可愛らしいデザインですよね!

c0164052_23554943.jpg
c0164052_23561058.jpg

c0164052_23564736.jpg

c0164052_4321389.jpg

レンガだけの壁とは違って、石の部分は風化しやすく、
マメに手入れをしなければいけなくて、維持するのはなかなか大変なようです。

それと、一時期よその地方の人々から、レンガと石の独特の組み合わせは、
レンガを全部買うことができないためだと陰口を言われ、
まるで貧困の象徴のような見方をされたことがあったらしく、
人々は石の部分を隠すために、モルタルを塗ってしまった時代もあったとか。

もちろん現在では、そんな偏見も見直され、
古いレンガと石の壁は、地域の伝統を感じさせるとても貴重な文化遺産と認識されています。

今では人々は、当時塗り固められたモルタルをはがして建物を美しく復元したり、
全部ではなくても、こんなふうにわざと一部をはがして、
これは由緒ある古い建物なんですよ~と誇示するように見せびらかしたりしています。^^
c0164052_2303738.jpg

c0164052_231794.jpg

c0164052_1152790.jpg

c0164052_071759.jpg

ところで、以前、ジョルジュ・ラビ博物館の窓が、アラブっぽいな~と思って書いたことがありましたが、
この街のあちこちの古い家に、そんなツートンカラーの窓をよく見かけるんです。
もしかしてこのデザインは、アラブっぽさを真似して作ったものではなくて、
もともとこのあたりの地方によくあるデザインなのかもしれないと、ちょっと思い始めたりして。
c0164052_4374293.jpg

う~ん、本当のところはどうなのでしょう???
そういうことに詳しい人がいたら聞いて、いつか解明してみたいと思っています。


************


勝手に和食ブームもそれなりに続いているのですが、、、
やっぱりここはフランスですからね~、クレープ修行なんて始めてみました♪(笑)
そば粉を買って来て、本格的なクレープ作りに挑戦です!
ネットで調べたレシピを試してみましたよ~。 お砂糖は、ぜんぜん入れないのですね。

そば粉    300g
お塩      10g
お水     600cc
卵        1個
シードル   15cc

c0164052_359891.jpg

お水を3回くらいにわけて、
材料を手でよ~く混ぜ合わせます。

そして冷蔵庫で一晩休ませれば
そば粉の生地の出来上がり♪

簡単、簡単。(笑)



c0164052_40045.jpg
でもこの生地を上手に焼くには
けっこう修行がいりそうです~。(大汗)

平らなクレープパンも、
生地をのばす道具もないので、
ヘラを使って急いでのばしながら(笑)
普通のフライパンで焼いてみたのですが、
なかなか難しいものですね~。^^;
厚地のお見苦しい焼き上がり・・・(涙)


c0164052_404258.jpg
見た目はなんですが、お味はなかなか。^^
あの美味しいクレープ屋さんで食べたみたいに、
シンプルに、マロンクリームだけつけて、
いただいてみました~。
ぱくぱく何枚だっていけちゃいます。危険~。

今度は、ハムや卵をを入れて四角く焼くのに
挑戦してみたいな~なんて思っていますけど、
ちょっと高望みかしら?(笑)


そば粉で作るクレープは、正確にはガレットと言うのだそうです。
痩せた土地で蕎麦を栽培していた、ノルマンディー地方が発祥の地だそうですよ。
[PR]
by hirorobox | 2009-08-26 05:00 | フランス編France | Comments(10)

バカンスシーズンもエンディング・ミディ運河と街の風景

なんだかますます秋めいてきた運河沿いの景色です。
c0164052_9422958.jpg

う~む、落ち葉の季節には早すぎる・・・
これはもしかして、秋の紅葉と言うよりも、暑さと乾燥のせいかもしれないという話もちらほら。。。
c0164052_1002823.jpg

灼熱の砂漠の国から来たばかりの私は、
この街はまるで天国のような気候だわ~とすごく幸せに感じていたのですが、
地元の人たちにとっては、今年はものすご~く暑い夏だったようです。

会う人会う人、みんな暑い暑いと不平不満炸裂です。
あまりに熱を込めて言われるので、「これくらいのことでそんなに熱くならなくても、、、
そんなに怒ってると、よけい暑くなっちゃうよ~」と思ったりするのですが・・・^^;
連れに言わせると、フランス人は皆、「いつでも気候の事で文句ばかり言っている」
のだそうです。ははは。。。
気温の話が、ゴールデンタイムのTVのトップニュースになっちゃうくらいですから。(笑)

それでもこの国の人たちは、エンジョイするのがとっても上手。
貸し自転車ヴェリブに乗って、気軽に運河沿いのサイクリングを楽しむ人々。
c0164052_10191184.jpg

シティセンターの方に向かっていくと、こんな感じです。
c0164052_10224720.jpg

船上パーティやっていました。
c0164052_10233227.jpg

スパになっている船や・・・
c0164052_10241293.jpg

レストランになっている船も、たくさん並んで。
c0164052_10251465.jpg

ボートハウスのあるあたり。 橋の上からの眺めが素敵です。
c0164052_1027124.jpg

こんな船でのんびりと休暇を過ごすのも、楽しそうですね♪
c0164052_10283385.jpg

というわけで、バカンスシーズンもいよいよ終盤。
周りの人々も徐々に休暇から戻って来ていて、
静かだったこの街も、9月に向かい、少しずつ振るやかに活気を帯びてくることでしょうね。


************


c0164052_1042513.jpg
勝手に(?)和食ブーム、続いています。^^
先日作った、和風・とりのから揚げ。

醤油味のソースに一晩じっくり漬け込んで、
懐かしいニッポンの味になりました~。^O^

ソースの中身は、お醤油に、
しょうが、ニンニク、玉葱、人参をすりおろして、
甘味にはちみつも加えました。


あまり良い写真が残っていないのですが、とっても美味しかったですよ~。(自画自賛・笑)
[PR]
by hirorobox | 2009-08-24 11:10 | フランス編France | Comments(10)

散歩道の気になるお家と、和食ブームの続き

散歩の途中で、よく通りかかるのですけれど、、、
なんとなく好きなんです、この古いお家が。
私は、勝手に「ムーミンの家」と名付けて呼んでいます。
c0164052_3531390.jpg

なんでムーミンの家かというと、、、
この塔の部分が、何となく似ていませんか? ムーミンの家のイメージに。^^
c0164052_4243159.jpg

それから、こちらはそんなに古い家ではないですが、これまた気になる、「百日紅の家」。
お家も可愛いんですが、お庭のピンクの百日紅が見事に咲いて、とても綺麗なんですよ~。
このシンメトリーな植え方は、日本のお庭にはあんまりないかも。
c0164052_437120.jpg

c0164052_4421386.jpg
新市街のこのあたりには、
あちこちに素敵なお家がたくさんあって・・・

気ままにお気に入りのお家を探しながら
ぶらぶらお散歩するのも
なかなか楽しいものです。

わぁ、
時計草が咲いていました。



************


c0164052_514488.jpg
勝手にマイ・ブームの和食シリーズです。^^

というか、これは和食でしょうか?

ともあれ、、、
懐かしのコロッケを作ってみました~。
とりあえず和風のお惣菜って感じで♪

牛ミンチとたまねぎ入りです。


c0164052_523975.jpg
日本なら、どこのお惣菜屋さんでも売っているような、
ふつーのコロッケをめざしたのですが・・・

なんとなく洋風っぽくなってしまったのは、
バゲットをおろして作った
パン粉のせいかしら???

懐かしの日本のコロッケのパン粉は、
やっぱり食パンで作るべき?(笑)

それから、やっぱり丸型じゃなくて、
俵型のほうがそれっぽかったですね~。

しかしながら、
なかなか美味しい手作りコロッケが出来上がり、
大満足の晩ごはん♪
たくさん食べて、お腹いっぱいです。^^
[PR]
by hirorobox | 2009-08-21 05:27 | フランス編France | Comments(10)

最近のマイ・ブーム、夕方の公園と和食作り

日中はけっこう強いフランス南西部の日差しも、夕方近くになるとだいぶ和らいで・・・。
早めに晩ごはんを済ませ、公園で夕暮れ時を過ごすのが、
ちょっとした最近の日課になりつつあります。
夕暮れ時とは言っても、まだまだ9時すぎまで明るいフランスの日没は、
ゆっくりゆっくりやって来るのです。

                 この噴水の周りの花壇が、私のお気に入り。
c0164052_238254.jpg

いろんなお花が、無造作に生い茂っているように見えて、
実はとても丁寧に、美しく手入れさた繊細なナチュラルさがあって、すてきだなぁと思うのです。

c0164052_2411448.jpg
c0164052_2414774.jpg

c0164052_2422038.jpg
c0164052_2425885.jpg

c0164052_2441177.jpg
c0164052_2445783.jpg

c0164052_2453349.jpg
c0164052_246346.jpg

c0164052_2483661.jpg

こんなふうに
この公園のあちこちにある
植物のアートも、素晴らしいです。

さすが芸術の国だなぁと
感心してしまいます。




c0164052_248468.jpg

c0164052_2495934.jpg

ここは、例の
孔雀さんたちの住む公園なのですが、
彼らは、この公園で栽培されている
オーガニック野菜食べ放題のようです。

なんとヘルシーでゼイタクな生活でしょうね!
こんな楽園に住める孔雀さんたちは、
幸せですね~。


c0164052_254108.jpg


************


そんな私の食生活は、最近、和食作りがマイ・ブーム。
お料理上手な方々のブログで、外国に住んでいてもいろいろと工夫して、
とても美味しそうな和食を作られているのを拝見したりすると、
私も無性に食べたくなってしまって・・・
下手くそながら、真似して作ってみたりしています。

c0164052_302518.jpg
昨晩のメインディッシュは、
豚の角煮でございました。

なんとフランスのスーパーで
大根さんを売っていたのです。
こんな季節はずれなのに?

山芋みたいに細っちい大根さんですが、
郷愁をかきたてるには充分な食材。(笑)


c0164052_353328.jpg
手元にみりんがなかったのですが、
代わりに、美味しい村のはちみつを使って、
甘味たっぷりの
なつかしの豚の角煮ができました。

でもフランス人にとって、
この「甘いおかず」というのは、
少々珍妙なお味のよう。

角煮というにはちょっぴり薄切りの豚肉ですが・・・^^;

c0164052_3114996.jpg
餃子作りは、いまだに試行錯誤中です。

なかなか上手に薄い皮が作れません。
めん棒がなくて、化粧品のボトルで
伸ばしたりしています。^^;

中に入れる具も、いろいろと研究中。。。
なんとこちらのスーパーには、
ふつうに白菜が売っていたりするという
嬉しい驚きがあったりします。^^
[PR]
by hirorobox | 2009-08-19 03:50 | フランス編France | Comments(12)

秘境の川辺で、牛さんとピクニック♪

川遊びとピクニックに誘われて、残暑の街を抜け出し、涼しい川辺へ行って来ました。
一時間半も車を走らせれば、もうそこには、おお~、雄大な大自然が!
c0164052_21291059.jpg

c0164052_21294670.jpg

すごく涼しいですよ~。街中より10℃くらいは気温が低いのではないでしょうか。
川の水はとても冷たくて、足先だけでもずっと漬けていられないくらいでした。
でも、フランス人てすごい。
短パンになって、ビキニになって、川に浸かって遊ぶ人々。。。

c0164052_2131282.jpg
c0164052_15572590.jpg

見晴らしのいい中州に、ピクニックテーブルを広げて、お昼をいただきました。
c0164052_19254762.jpg

ビールを飲みながら、持ち寄ったハムやポテトサラダやお野菜なんかを、
銘々が好きなだけバゲットに挟んで食べるという簡単なランチでしたが、
自然の中でいただく食事の、なんと美味しいことといったら!

メロンは、冷たい川の水にに漬けておいて、冷え冷えだし~、
デザートにと、作って行った、リベンジはちみつレモンケーキは、大好評でした!
(今回は、noli-coさんのレシピどおりに作ったので、とっても美味しくできたのです。^^)

食事が済んでひとごこちついて、川辺でちゃぷちゃぷ遊んでいると、、、
おおお?! カランコロンと首にかけた鈴をならしながら、
牛さんたちが川のお水を飲みに、大勢やってきましたよ~。
きゃはは~、びっくりです。
c0164052_1854166.jpg

お水をたっぷり飲み終わった牛さんたちは、草をはんだり、お昼寝したり、
向こう岸の野原で、それぞれの~んびりと過ごし始めました。
c0164052_18564194.jpg

わははは~、ビキニ姿で日光浴や水遊びをするフランス人たちの目の前で、牛さんたちもゴロゴロ。
c0164052_18575887.jpg

それはなんとも楽しいコントラストでした。(笑)
c0164052_18584339.jpg

                 この牧歌的な風景をの~んびり楽しみながら~
c0164052_21394295.jpg

川の上流に向かって、少し歩いてみましたよ。

c0164052_1965991.jpg
c0164052_1974264.jpg

c0164052_1911788.jpg


足元に咲く植物たちは、もう秋の装い。


c0164052_19114432.jpg

花盛りのガヴァルニーの村を訪れたのは、まだほんの1ヶ月ちょっと前のことなのに、、、
でも確実に秋は一歩づつやってきているようです。
c0164052_21333126.jpg

楽しかったピクニック♪ 涼しい山の麓に別れを告げて、街へ帰ります~。
道すがらの小さな村で、はちみつ屋さんを発見!
c0164052_19165535.jpg

c0164052_19172546.jpg
c0164052_1917526.jpg

試食もさせてもらえましたが、
う~ん、やっぱりあのおばあさんの村のハチミツの方が美味しいかも?
でも、こんなふうにあちこちの村で、ホームメイドのはちみつが買えるなんて、
フランスの田舎って楽しいな~と思いました。
[PR]
by hirorobox | 2009-08-16 19:28 | フランス編France | Comments(10)

日本のお盆を思う 聖エティエンヌ教会

最近なんとなく急に、亡くなった祖母のこととかを思い出していました。
そういえば、日本は今、お盆なのでしたね。。。
この時期は、日本人にとって、この世とあの世との境界線が
ちょっと薄くなるように感じられる時期なのかもしれません。

c0164052_4404254.jpg

c0164052_441173.jpg

この街の、
第一次世界大戦の犠牲者を祭る
モニュメントです。

フランス中のあらゆる街や村で、
このような慰霊碑を見かけますが、
第二次世界大戦の碑を見かけないのは
どうしてなのだろうと思います。

何かわけがあるのでしょうか。。。








すぐそばに、聖エティエンヌ教会(トゥールーズ大聖堂)があります。
c0164052_4541880.jpg

1078年から、数百年の年月をかけて、増築改築を繰り返して建てられたという建物は、
非対称で複雑な形をしていますが、それなりに均整のとれた美しさがあります。
教会の外側から見た窓は、保護のためにカバーがかけられていて、そんなに綺麗ではないのですが、
c0164052_458027.jpg

教会の中から見たステンドグラスは、それはもううっとりするほど素敵です。
c0164052_4582740.jpg

この教会には、トゥールーズで一番古いステンドグラスの窓がある教会だそうです。
そのガラスは13世紀末とも14世紀のものとも言われているようですが、
どの窓もそれぞれ素晴らしく、どれがその一番古いものなのか、私はわかりませんでした。
c0164052_55370.jpg

この壁に作りつけられた大きなパイプオルガンは、1613年に作られたものだそう。
c0164052_564098.jpg

椅子のひとつひとつ、木彫りの動物が全部違うのです。ひとつひとつ見てるだけで面白いです。
c0164052_5314031.jpg

                           正面の祭壇。
c0164052_5163316.jpg

この他にも見所がたくさんの、歴史ある古い教会なのですが、
妙に疲れてしまったので、この日はこのへんで帰ることにしました。
(宗教施設というものは、何かあるのか、時々短時間でとても疲れてしまうことがあります。。。謎)

c0164052_5215292.jpg
ガロンヌリバーに向かって
少し歩いて見ました。

ポン・ヌフ(新しい橋)
なんですが、
今ではそうとう古いです。(笑)

パリのポン・ヌフもそうですね。^^



c0164052_5253138.jpg

c0164052_526093.jpg

この日はたくさん歩いたので、
お腹が減って、
キャピトル広場で
買い食いしてしまいました。

なんでもないレモンフランなんですが、
なんだかとても美味しかったです。^^
[PR]
by hirorobox | 2009-08-14 06:25 | フランス編France | Comments(4)