世界のあっちこっちで・暮らしの中の小さな幸せ♪

hirorobox.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

「おばあちゃんの秘密」レストラン

地元の人からイチオシされた、人気のレストランに、ランチを食べに行ってきました。
「おばあちゃんの秘密」というレストランです。 このかたが、おばあちゃん。^0^
c0164052_344525.jpg

それは、サンテグジュペリ通りをどんどこ行った、知る人ぞ知るといった感じの場所に。
雰囲気、ありますね~。
c0164052_3483764.jpg

店内は、お昼を食べに来た、近くの住人やオフィスワーカーたちで、とてもにぎやかでした。
カジュアルな可愛い内装で、なかなかくつろげるお店です。
c0164052_3552131.jpg

あちこちにニワトリさんの置き物があって、楽しい。
c0164052_3542759.jpg

ランチメニューの、17ユーロのコースをお願いしましたよ。
プレートランチは13ユーロ、ワインも、デザートも付いてです。 お得ですねぇ♪
c0164052_402394.jpg

メインは、お魚かお肉か選ぶのですが、どちらもこの薪窯で焼いてくれるんですって。
c0164052_43031.jpg

わーい、楽しみだなぁ。
c0164052_442313.jpg

まずはどどんと、パンとワインがやってきました。 パン入れは、ケーキ型ですよ、ふふふ。^0^
c0164052_4144319.jpg

前菜登場~。 鴨の心臓と、生ハム&卵
c0164052_4161211.jpg

鴨さんの心臓を見るのにも、慣れてきたかも。^^; 塩味で美味しかったです♪
c0164052_4172368.jpg

メインディッシュの、窯焼きの、お魚と、お肉。
c0164052_4181955.jpg

お肉にお塩をかけただけでも美味しくいただいていたのですが、
途中で、「ごめんなさい、ソース遅くなりました」と持って来てくれたので、かけてみました。
粒マスタードとガーリックのソース? こちらも美味でした。
c0164052_449739.jpg

デザートです。 幸せ~♪
c0164052_4241568.jpg

フランスのレストランでお一人様でごはんを食べてる人って、ほとんど見たことがないのですが、
上品な年配のお勤め人らしいマダムがひとり、ワインを飲みながらランチプレートを召し上がっていました。
きりりとしたそのお姿は、仕事ができそうで、とても素敵な感じでした。
このまま日本のオフィス街に持って行きたいような、美味しくて雰囲気のいいレストランでしたよん。

Restaurant "Aux Secrets de Grand-Mere"
180, avenue St.Exupery 31000 Toulouse
05-62-16-10-88
[PR]
by hirorobox | 2011-05-30 04:51 | フランス編France

ビスコッティ修行

ことの始まりは、遠方から訪ねて来てくれた友人から、おみやげにといただいた、
とても美味しい手作りのビスコッティのプレゼントでした。
c0164052_114536.jpg

セーグル(ライ麦粉)で作ってあるんですよ。
甘味もすごく控え目だし、とってもヘルシーなお菓子です。
これは、ダイエット中なのに、粉もの・甘いもの大好きな私に、ぴったりではないですか!

以来、彼女から教えてもらったレシピをもとに、
私のビスコッティ修行の、はじまり、はじまり~。

近所のスーパーではセーグル粉が見あたらなかったので、
家にあったそば粉を使用しての初挑戦。 これは、、、失敗に終わりました。。。(涙)
焼きあがったのは、いただいたあのサクサクの美味しいビスコッティとは似ても似つかない、
煉瓦みたいに固~いお菓子。(汗)

                      お見苦しいので、小さな写真を。
                      か、かたいです、、、 でも全部食べたけど。
c0164052_13382859.jpg

続いては、ブレッド用の小麦粉を使ってのリベンジ戦。
レシピどおりにプルーン入りにして、オーブンの温度、若干低めに170度で焼いてみると・・・
おお、今回は、さっくり、だいぶ上手にできました~! だけど、まだまだな感じだな~。
c0164052_5212386.jpg

その後も、あれこれ材料を変えたり、創意工夫(良く言えば?)は、続きます。
さすがに、継続は力なり~、だんだん上手になってきたみたいですよ♪
c0164052_5222725.jpg

このひと焼き分を、毎日のように食べ続けるのは、それは危険でありましょう。
なので最近は、ご迷惑も顧みず、親類や友人知人にあげまくったりしています。(笑)

ところが、このビスコッティのおみやげは、下手くそな手作りケーキなんかより、
受け取った人からの反応が、なぜだかずっといいんです!
持ち運びしやすいし、日持ちもするし、甘すぎなくてヘルシーだし、
しかも、短時間ですごく簡単に作れちゃうので、とっても重宝な手作りお菓子♪
すっかり私の十八番になりました。^0^

作るたびに、好き勝手に変わる材料です。
気まぐれレシピ?というか、めんどくさがりの目分量というか、、、
そんななんちゃってオリジナルレシピの中で、これが一番よく出来たかな、の一枚。
c0164052_5235528.jpg

おお~、さっくり、さくさく~、形もきれい、いい感じの焼き色に仕上がりました♪ 会心の作ですよ~。
自分用の覚え書き、忘れないように分量メモです。

強力粉         2/3カップ
アーモンドパウダー 1/3カップ
ベーキングパウダー 小さじ1
ブラウンシュガー   1/6カップ
卵            1個
洋酒           大さじ1
植物オイル       大さじ1
デーツ          5~6個
クルミ          3~4個

実は、ちゃんとした計量カップも、計りも、計量スプーンもないので、
ほんとにざっくりな目分量なのです。
このフランスの家のコップとスプーンがなかったら、もう再現できないかも私・・・(爆)

(教えていただいたレシピから、ずいぶん変化しちゃっておりますが、
 ご、ごめんなさい、師匠mjさん。^^;)

さらに、このレシピから派生した変形バージョンで、
薄力粉と粉砂糖で作る、このふんわりココナッツクッキーも、最近のヒットです~。^0^
c0164052_4151535.jpg

分量覚え書き

薄力粉        2/3カップ
ココナッツパウダー 1/3カップ
ベーキングパウダー 小さじ1
粉砂糖         1/4カップ
卵            1個
洋酒           大さじ1
植物オイル       大さじ1

てか、もうこうなると、ビスコッティとはぜんぜん別なものになっちゃってますけど?
しかし、こんなことばかりしてて、痩せるわけないでしょう、私・・・。^^;
あ、焼いても自分で食べなければいいのでしょうけれど、
そこに甘いものがあれば、自分自身を止められないのでありますぅ。

お口直しに、爽やかな、久しぶりの運河の写真を、どうぞ~。^0^
c0164052_5252959.jpg

c0164052_526940.jpg

c0164052_5264728.jpg

[PR]
by hirorobox | 2011-05-27 01:51 | フランス編France

採れたてアーティチョークのシンプルで美味しい食べ方

親戚のお宅の、広~いお庭の一角には、素晴らしい家庭菜園があるのですが、
今、アーティチョークがこんな感じ。 おお~、立派!
c0164052_21221514.jpg

大きいですよ~。 3歳の女の子と比べて、これくらいです。
c0164052_2124301.jpg

ある日、ナイフでサパッと切られて、バーベキューの前菜になることになりました。^0^
c0164052_21255939.jpg

マダムに引っ付いて、その後のゆくえを見学させていただきましたよ。

まずは大きなボールに酢水を入れて、サパッと切ったアーティチョークをそのまま浸します。
そうすると、中に入り込んでいた虫ちゃんなんかが出て来ますよ。 なにせ完全無農薬ですから。
そうして、綺麗になったアーティチョークを、大きな蒸し器でまるごとじっくり蒸すのです。

わーお、こんなに簡単なのに、ビィジュアル感たっぷり~。
まさしく、アーティチョークを食べるぞ~って感じの、一皿の出来上がり!
c0164052_2136165.jpg

食べ方も豪快ですよ~。
額を一枚はがしたところ。 この根元についている果肉のような部分だけ、歯でしごいて食べるのです。
からしマヨネーズソースをつけていただきましたら、う、うまーい!
c0164052_2150992.jpg

一枚一枚、はがしては食べしていくうちに、ゴミのお皿はいっぱいに。^0^
c0164052_21503580.jpg

そして、額を全部はがし終わった中心の、茎のところ、ここがメインの食用部分なのでありました。
それはそれは、甘くておいしい、シンプルなアーティチョークの前菜でした♪

バーベキューのメインは、鴨さんのハートです。(汗)
c0164052_22314186.jpg

「さあ、焼けたよ~、ボナペティ!」とお皿に乗せられたところ。 う、う、鴨さんの心臓の串刺し・・・
c0164052_2224888.jpg

おそるおそる食べてみましたら、、、
おお! とっても柔らか、臭みも全然なくて、すごく美味しいお肉でしたよ。
でも、お肉の部位は知らないでいたほうが、心安らかにいただけたかもしれませんね。^^;

フレッシュな採れたてイチゴも、熟して甘~くなっていました。
c0164052_2233178.jpg

ほんとうにシンプルに、なるべくいじらない新鮮な素材を、そのままにいただく。
そんな、オーガニックでナチュラルなディナーは、最高の贅沢ですね! 
感激しきりな、夕ごはんのひとときでした。
[PR]
by hirorobox | 2011-05-25 15:41 | フランス編France

美味しいクレープ屋さんと、夜のサン・セルナン寺院

夕食の後、散歩に出ました。
最近はどんどん日が長くなって、9時すぎてもまだまだ明るいトゥールーズ。
夕暮れ時のキャピトル広場は、オレンジ色に染まって、とても素敵です。
c0164052_1201631.jpg

                   サン・セルナン寺院に続く、Rue du taur(牛の道)。
c0164052_11483215.jpg

                ここの通りにある、美味しいクレープ屋さんに寄ってみました。
c0164052_10282186.jpg

周りの様子はこんな感じ。 振るやかで、夕暮れ時のお散歩には楽しい場所です。
c0164052_10371280.jpg

なぜかこのあたりには、クレープ屋さんがあちこちにあるのですが、
このお店は、その中でも一番の老舗?かもしれません。
外のテーブルはいっぱいだったので、お店の中に入りました。 チープレトロな感じで可愛いんです。
c0164052_1040372.jpg

クレープにりんご酒は、はずせません♪ とっても良く合いますね。^0^
c0164052_1043171.jpg

シュガークレープにアイスクリームが3つも乗っかったのと、ラム酒とバナナのクレープカラメリゼ。
c0164052_104738.jpg

おおう、素敵! 2年前よりさらに美味しく進化しているかも~。さすがです。
お値段も、シンプルなクレープで1.6ユーロから、
いろいろ乗っけて、ものすごくゴージャスにしても5ユーロくらい。
サラダメニューもあって、軽食にもぴったりのお店です。

トイレがね、お店の裏口から出た中庭にあるのですが、
初めて行った時はちょっとドキドキしちゃいました。
「魔女の宅急便」で、キキが、パン屋さんに泊まった初めての朝、
外のトイレに行った時のドキドキ感?みたいな感じが味わえます。^^
c0164052_11514364.jpg

あ~あ、こんな高カロリーの豪華デザートを食べてしまったので、もう少し歩かなくては。(笑)
牛の道をもう少し行ったところに、またまた新しいクレープ屋さんがオープンしているのを発見!
こちらは広々として、クレープ屋さんとしてはちょっぴりゴージャス系の感じ?です。
c0164052_1195185.jpg

夜のとばりが下りたサン・セルナン寺院も、素敵です。
c0164052_1182889.jpg

c0164052_118340.jpg

この寺院をぐるりと回った裏手にも、おしゃれなクレープ屋さんがあるのです。
c0164052_11205986.jpg

ここは昼間のほうが、眺めが良くて素敵なお店だと思うのですが、夜もとてもにぎわっていました。
前回来た時の記事が、こちらにあります。
というわけで、甘いもの好きの私にとっては、
この界隈はとても魅力的な、お気に入りの場所なのです♪^^
[PR]
by hirorobox | 2011-05-24 00:29 | フランス編France

ベリーの並木道

桜の季節は、とってもゴージャスだったトゥールーズの日本庭園ですが、
ツツジも終わって、今はあまりお花は咲いていません。
でも、日に日に深まる緑が、しっとりとなかなかいい味を出しております。
c0164052_0435070.jpg

もみじの木もあるので、秋の紅葉も楽しみですね。
だけど、なぜかもう茶色になっている、もみじに似た葉っぱがあるんです。
こういうのは日本では見たことがないのですけれど、最初から茶色の葉っぱなんでしょうか。
ちょっと不思議です。
c0164052_048919.jpg

この公園の中で、最近の注目の場所は、ベリーロードです。(勝手に名付けました)^0^
ベリーの並木道です♪
ベリーの大きな木が、こんなふうにうっそうと繁って続いている道があるんですよ。
c0164052_15365083.jpg

見上げればその木には、な、なんと今、食べごろに熟したベリーの実が、たくさんついているのです!
c0164052_15375756.jpg

c0164052_1539470.jpg

白い実と、赤い実がありますよ。
赤い実のほうが、熟して美味しそうに見えるのですが、意外や意外、
白い実のほうが、とっても甘~いお味がします。
c0164052_15425689.jpg

公園でベリー摘みをして食べられるなんて、なんて楽しい国でしょう。
以前は、まだ木の丈も低くて、誰でも気軽に、たくさん摘んで食べて楽しめたそうですが、
年々育って、こ~んなに大きくなったベリーの木。
c0164052_15462148.jpg

今では、大人でも背の高い人じゃないと、残念ながら届きません~。
こんなにどっさり実った美味しい実なのに、摘んでくれる人もなく、
地面に落ちて土にかえっていくだけだなんて、なんだかもったいないようなお話ですね。

この公園のハトさんたちは、すごく幸せそうですよ。
c0164052_0594539.jpg

食べているのは、パンくずではなくて、風で落ちた甘い甘いベリーの実。
なんてヘルシーな生活でしょうね♪
c0164052_11081.jpg

c0164052_1194356.jpg

[PR]
by hirorobox | 2011-05-22 23:14 | フランス編France

眺めのいい場所

フランスの美味しい生活のおかげで、体重が、そうとうヤバいことになっているんじゃないかと思います。
体重計がないので、正確なところはわからないのですが、
スーツケース1個に詰めて来た、なけなしの服が、みんなきちきちになってきてしまいましたよぅ。
こ、これは、、、日本でのダイエットが、すっかり水の泡になってしまったかも。。。(涙)

①去年の秋、LAのレドンドビーチで。 人生で一番太っていた頃の姿。(爆)
c0164052_17432984.jpg

②日本に戻って、一発奮起。
 食事とウォーキングで、10キロ増えた体重を、なんとか6キロ戻して、お腹すっきり。^0^
c0164052_1746573.jpg

だったのに、ああ、そうだったはずなのに、、、
現在フランスでの私の姿は、限りなく①の写真に近づきつつありまして、
たいそうまずいことになっております。(大汗)

というわけで、ふたたび毎日のウォーキングをはじめようと、決心してみました!
(意志の弱い私、この環境で食事制限はちょっと無理そうなので、最初から諦めております。)

運河沿いも、丘の上に行くのも、素敵な散歩コースなのですが、
最近、街なかの地理も、少しはわかってきて、ひとりで街歩きもできるようになりました。
メトロには乗らずに、とことこ歩き、いつもの公園を通って、街に出かけますよ~。
c0164052_18164168.jpg

ギャラリーラファイエット(デパートです)に寄ってみました。
ここの屋上からの眺めが、素敵なんですよ!
c0164052_18214248.jpg

最上階は以前、素敵な眺めの食堂だったのですが、
今は、寿司バーと、ちょっと楽しい食品売り場になっています。
c0164052_183144.jpg

扉を開けて外に出ると、こんな感じ。
トゥールーズの旧市街が一望の下にできます。 街並みの向こうに、ちらりと見える「あの丘」。
c0164052_18321668.jpg

真ん中あたりの駐車場みたいな白い建物がヴィクトル・ユゴー市場。
c0164052_18324380.jpg

市庁舎と観光案内所のある方角。 サン・セルナン寺院の塔も見えます。
c0164052_1833647.jpg

こんなふうに、ちょっとした目的地を作って、さくさく、さくさく、歩きます。行きも帰りもさくさくと。
でもね、帰る途中ですごくお腹が減ってしまって、
ついふらふらとプティ・カジノ(スーパー・カジノの小さいお店、日本のコンビニみたいなもの)に寄って、
こんなものを買ってしまったり・・・
c0164052_1850223.jpg

おお、これけっこう美味しいです。 中にヌテラみたいなクリームが入ってますよ♪
c0164052_1857635.jpg

ああ~、止まらなくなって、半箱食べてしまいました。
後ろの成分表を見たら、1箱430カロリーって、、、半分で215カロリーですね。(大汗)
結局は、ウォーキング分以上に摂取してしまっている私でした。
ああ、ダイエットへの道は遠い・・・
[PR]
by hirorobox | 2011-05-20 14:39 | フランス編France

サクランボがいっぱい♪

フランスは今、サクランボのシーズン真っ只中です♪
道を歩けば、あちこちのお庭のサクランボの木に、美味しそうに熟した実が、
もうこぼれんばかりにたわわに実っていて、目が釘付け。(笑)
お庭のある家が、とってもうらやましいですよ~。

ところで、こちらでサクランボといえば、実が濃い赤色に熟す種類が主流のよう。
た~まに、日本の高級サクランボみたいなオレンジ色の実も見かけますけれど、
私が、「あ、あれ一番美味しいサクランボ!日本にもあるよ。」と言うと、
「え~? こっちの赤いサクランボのほうが、だんぜん甘いよ~」
という反応をされてしまうことが、ほとんどなのです。

その、赤いサクランボの木。 3月の花の季節。
c0164052_2047426.jpg

5月になって、実が熟しました~。
c0164052_20493048.jpg

そして2週間ほど前、親戚の家のお庭から届いた、サクランボとイチゴ、第一弾!
c0164052_20513177.jpg

おお~、お初物ですよ! ありがたく、嬉しく頂戴しました。
ところがところが・・・ う~ん、やっぱりちょっと大味な感じです。 それに甘味もそんなにないし。
日本の、可愛いオレンジ色のサクランボの方が、だんぜん美味しい!
それにイチゴは、完全に日本の大差勝ちかもね、、、
と、口には出さなくても心の中で、ついジャッジしてしまった私でしたが・・・

1週間ほど前に届いた、第二弾です!
c0164052_20592429.jpg

うおお、山盛り。 赤みがさらに濃くなって、もうワイン色といった感じになってます。
食べてみると、おおお~確かに、これはすばらしく美味しいじゃあありませんか!
すご~く甘くなって、まさしくほっぺたが落ちそうなサクランボになっていました。
これなら日本の高級サクランボと比べても、ぜんぜんひけをとりません。
というか、実も大きくてプリップリ、日本のサクランボ、負けたかも・・・?

お値段は、マルシェやスーパーで買っても、
1キロ4~5ユーロくらいです。(1キロですよ!500円~600円ほど)
親戚の人に、日本では、こんな小さな200gくらいの1パックで、5ユーロくらいかしら?と言ったら、
びっくりして目をむいていました。

というわけで、フルーツ天国の、ここフランス南西部の街で、今、サクランボ三昧の私。
それはそれは幸せな毎日です。(笑)

c0164052_21342469.jpg

c0164052_21344956.jpg

[PR]
by hirorobox | 2011-05-19 04:18 | フランス編France

ヴィクトル・ユーゴー市場

日曜日の朝には、この街のあちこちでマルシェが開かれます。
教会の広場や、大通りの歩道や、公園の一角や、それはそれはいろんなところに青空市がたち、
あちこち見て歩くだけで楽しいです。
中でもちょっと面白いのは、平日もやっているトゥールーズの常設市場、ビィクトル・ユーゴー市場。

この、ビィクトル・ユーゴー通りにあります。
c0164052_5544424.jpg

マルシェのためだけに建てられている建物なのに、なかなか立派なものです。
屋根があるから、お天気が悪い日のお買い物には、便利ですね~。
中に入ると、なんとなく昔懐かしの、日本のアーケード街みたいな感じがしちゃう。
c0164052_65538.jpg

生鮮食料品から、加工品まで、食べるものなら何でも揃っていますよ~。
c0164052_672765.jpg

この建物の2階がね、ローカルな、ちょっとした自慢の穴場なんです。
どうして?わざと?一見さんには、こんなところがあるなんて、まるでわかりそうにない作り。
こちらの古~い扉を開けたところにある、秘密の階段のようなところを登って行くのですが・・・
c0164052_6111747.jpg

そう、マルシェの2階が、ぜ~んぶレストランになっているのです。
いろんなお料理がよりどりみどり。
このあたりの郷土料理なら食べられないものはないんじゃないかと思います。
黒板に、そのお店それぞれのメニューが書き出してあって、
どこに入ろうか、迷いながら歩くのも楽しい。 まだ開店前なのに。(笑)
c0164052_6191488.jpg

私は、5年前ここに来た時に食べた、
シーフードのお店のムール貝の味が、いまだに忘れられません。
とっても美味しかったんですよ!
今回もさんざん迷って、この日は、こちらのお肉のお店に入ってみることにしました。
c0164052_6233824.jpg

                        おおお~、高まる期待。(笑)
c0164052_6262044.jpg

まず、最初のお皿は、フォアグラと生ハムのサラダ。
このフォアグラが、もうとろけそうに美味しい、感激のお味で・・・
あっという間に、パンをひとりで3つも平らげ、ワインをたくさん飲んで、
もうこれだけでお腹がほとんどいっぱいになってしまいましたけど・・・?
c0164052_634620.jpg

それに続いて、お肉がどど~んと!
手前がオニオンソースのビーフリブステーキ、奥がラムロール。
お約束のポテトが、どっさり付いています。(大汗)
最後の頃は、もう半泣きになりながら、お腹に詰め込んでいました。
(いや、そこまでして食べきらなくてもよかったんじゃないかと、今になって思いますけど)^^;
c0164052_6364569.jpg

そしてデザートですよ。 きゃ~!
あらら?お肉は無理して食べてたのに、こちらは別腹なんですか?
この手前のスイーツが最高に素敵でした♪(残念ながら名前を失念してしまいましたが。)
サックサクのパイに、お口がとろけるようなクリーム♪
パイに挟んであるクリームと、横に添えてあるクリームのお味が違います。
挟んであるのには、サワークリームが混じってる? 添えてあるのは、超ふわふわでライトな口当たり。
ベリーのソースもほどよく合って、これはほんとに素晴らしいデザートでした!!!
私が今まで食べた中で、フランスで一番美味しいデザートと言えるかも。
お腹がはち切れそうにいっぱいな状態で食べて、そう感じたのですから、ホンモノだと思います。
もちろん奥のクリームブリュレと、両方とも、90%くらいは私が食べましたよ!(爆)
c0164052_75101.jpg

いつの間にか、店内は満員です。
c0164052_7221626.jpg

もうお隣りの人と、ひじとひじがくっつきそうな、学食みたいなノリのカジュアルなお店なんですが、
お料理の素材とお味は最高だと思います。
このプリフィックスコースで、22ユーロ。 お値段もとっても良心的。
デザートも付いているし、ワインはボトルで、パンやポテトはおかわりし放題だし♪
(お隣の上品系マダム二人連れは、ポテトのおかわりしてました。おそるべし、フランス人の胃袋。)笑

外のテラス席からの眺めです。 
火曜日~日曜日、ランチタイムだけの営業ですが、美味しいものが食べれるお勧めの場所です♪
c0164052_7334131.jpg

c0164052_733630.jpg

[PR]
by hirorobox | 2011-05-17 03:29 | フランス編France

運河沿いにすずなり、プラムの活用法

3月、こちらに来たばかりの頃、真っ白く可憐なお花を咲かせていたプラムの木。
c0164052_9122567.jpg

あっと言う間に花は散り・・・
c0164052_12503094.jpg

小さな実がなりました。
c0164052_9161298.jpg

その実は、どんどんふくらんで・・・
c0164052_10505794.jpg

おお~、まんまる~、今では小ぶりの梅くらいの大きさになりましたよ♪
c0164052_10424248.jpg

見た目は可愛い、みどり色のさくらんぼみたいに見えるのですが・・・
c0164052_9225022.jpg

ご注意、ご注意、かじるとすごく酸っぱくて、口が曲がってしまいそう!
でもね、このプラムには、魔法の調理法があって、とっても美味しいお料理に変身するんです♪

材料は、こちら。 たっぷりのミントにパセリ、タマネギ、そして、
お散歩の途中、あちこちの木からちょっとずつ拝借してきたプラムちゃん。(笑)
c0164052_932494.jpg

ラム肉の煮込み料理に入れると、あら、不思議。
酸味が素敵なアクセントになって、すごく美味しいお料理にへんし~ん!
c0164052_1043365.jpg

チキンでも試してみました。 さっぱりとした、ヘルシーな一皿になりましたよ♪
c0164052_9444560.jpg

親戚のひとから教えてもらった、季節のオリジナル料理、ミディ運河特産・秘密のレシピです。^0^
ハーブをきざんで、これでもかというくらい大量に入れるところが、ミソですね。
淡白なチキンでもなかなか美味しかったけれど、う~ん、やっぱりこれは、
こってりとしたラム肉をたっぷりと使ったほうが、深みのあるすごく素敵なお味がするようです。
ダイエットには良くないかもですが・・・(笑)

運河沿いには今、このすっぱいみどりのプラムの実が、あっちにもこっちにもすずなりですよ~。
さくらんぼと違って、あんまり美味しくないから、とって食べたりする人はほとんどいません。
鳥さんだって、食べないみたい。
木によっては、赤い実がなっているのもあって、赤いほうはまだ少し甘いお味がします♪

誰も見向きもしないんだけれど、私にとってはなんだか可愛いプラムちゃん。みどり色のプラムちゃん。
c0164052_107118.jpg

先日は、小さな可愛い枝先をひとつだけ手折って、持って帰って来てしまいました。
こんなふうに、寂しいお部屋を飾ってみたり。 楽しんでます♪
c0164052_1082468.jpg

[PR]
by hirorobox | 2011-05-15 12:44 | フランス編France

トゥールーズB級グルメ・懐かしのアラビックフード

フランスにはアラブ系の人々もたくさん住んでいるので、
アラビックフードはとてもポピュラーな食べ物のようです。
UAEの小さな街・アルアインに住んで以来、
カバブサンドイッチのシュワルマが大好きになってしまったのですが、
この薔薇色の街・トゥールーズでも、あちこちで売っているのを見かけます。

今回も、ここに来てすぐ、あらたに美味しいシュワルマ屋さんを見つけました♪
日本庭園のある公園のすぐ近くですよ~。
このあたりから郊外にかけては、トゥールーズの中でも、アラブ系の人口が多い地域らしく、
休日に公園に行ったりすると、子供連れのアラビックファミリーでいっぱいで、
ちょっとびっくりしちゃうくらいです。
そんな立地にあるお店だったら、そりゃあ美味しいアラビックフードのお店もあるはずですよね。^0^

そもそものなれそめ?は、日本庭園に桜の花を見に行った時、すごくお腹がへってしまい、
公園で憩っていた学生らしき若者グループに、
「近くにお勧めのサンドイッチ屋さんか何かあったら教えて下さい」と聞いてみたのがきっかけです。
↑ もちろん私はフランス語NGなので、聞いてくれたのは連れなんですが。^^;
さすが、安くてお手軽でかつ美味しいB級グルメのお店を探すなら、
地元の若者に聞くのが一番ですね!

フレンチサンドのお店も教えてもらったのですが、私達がこころ惹かれたのは、ここ。
そうそう、お肉の回っているこれ! 懐かしいじゃあありませんか。
アラブ風のお惣菜もいろいろ並んでいるし、アラビックスイーツもよりどりみどり~。
c0164052_1231793.jpg

これが、El-Dayaaのシュワルマですよ! とってもビック~、ラムがぎっしり~。
ほんとは、包み紙を開いて、おもむろにワシワシとかぶりつくのが、正統な食べ方?なんですが、
ある日、お店の人に頼んで、中身がわかりやすいように、ぱかっと半分に切ってもらった時の写真です。
c0164052_1315211.jpg

                  お豆のペースト、ハンモスも美味しいですよね♪
                  アラブパンにつけて、いくらでも食べられちゃいます。^0^
c0164052_1331564.jpg

レバノン料理のお店 El Dayaa(エルダヤ)、最近では、このあたりを通りかかると、
お腹が減っていなくてもなんとなく立ち寄りたくなってしまう、危険なお店でございます。
[PR]
by hirorobox | 2011-05-13 02:54 | フランス編France