「ほっ」と。キャンペーン

世界のあっちこっちで・暮らしの中の小さな幸せ♪

hirorobox.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

素朴な手作りケーキ屋さん Utama

タイパビレッジにある美味しいケーキ屋さんです。
c0164052_17444551.jpg

ホームメイド風の素朴なケーキが幾種類も置いてあって、どれにしようか迷っちゃう。
c0164052_17453190.jpg

初めて買った日に、選んだケーキ。
c0164052_17461545.jpg

奥に映っているキャロットケーキ、これが美味しくて、私のケーキ作り脳がピピっと反応してしまいました。
キャロットケーキ作りたい~。
ここにはオーブンが無いけれど・・・
そう、あの新しく買った炊飯器@made in Chainaがあるではありませんか!
炊飯器でキャロットケーキを作るのだ。
くるみと、多分ココナッツオイルかな? 真似して入れてみましたよ。
ケーキ機能なんてものはついていませんが、焼きあがりは、なかなか上出来♪
c0164052_17571047.jpg

クリームを添えて、ひまわりの種をちらしてみました。 おいち~い ^0^
c0164052_17582028.jpg

結局ホールごとほとんどひとりで食べてしまったのであります。
う、いつものパターンが繰り返される、まずい予感が・・・

というわけで、お菓子のホームメイドはなるべく自粛。 マカオでも自粛。 キリッ。
(除くお客様の時)
食べたい時は、買いに行くのです、Utamaまで。
今日もおやつにひとつだけ買おうと思って寄ってみたのですが、
ど、どうしてもしぼれなくて、バナナケーキとチョコレートケーキ買っちゃいました~。^^;
[PR]
by hirorobox | 2014-02-28 18:19 | マカオ編Macau | Comments(0)

文化遺産めぐり 一回目 番外編

そうなんです。 
どこかでランチを食べたいな~と、途中から食べ物屋さんを物色しながら歩いていました。(笑)

この機会に、ローカル大衆食堂にチャレンジしてみようかな?
地元密着型の、キッチュで清潔な感じのする小さなお店を、あちこちに見かけました。
でも、なんとなく入ってみるまでに至らずスルー・・・ あらら、食いしん坊な私としたことが。(笑)

そのうちに、いよいよお腹が空いてきてしまいまして、、、
それに歩き疲れちゃったし、ゆっくり座って休めるお店は、どこかにないかにゃ~と思い始めた頃、
港務局大楼の近くに、良さげなイタリアンレストラン発見。

マカオでイタリアンか~、まあいいや、ここにしてみます。
c0164052_616383.jpg

階段を下りると、思ったより広々とした店内。 ふぅ、落ち着きます。
ウェイターさんには、「日本から?」と、すぐにバレました。^^;
日本人観光客はよく来るのだそうです。
確かに日本人にとってここの雰囲気は、イタリアンレストランで普通にランチ食べようかと言う感じで、
入りやすいお店かもしれません。
自分がそうでした。(爆)

本日のスープ、かぼちゃのポタージュと、
c0164052_623462.jpg

軽い食事ならこちらは?と、ウェイターさんが勧めてくれた、生ハムとチーズのフォッカッチャ。
c0164052_6244350.jpg

わお、なかなか美味しかったですよ♪

お腹もいっぱいになって、ひとごごち着きました~。^0^
まだまだ時間もあるし、もう少し散策してみようと思いまして、地図チェック。
文化遺産ではないけれど、近くに主教山教堂という大きな教会があるようだったので、行ってみることに。

リラウ広場に戻り、こんな雰囲気の路地を歩いて行きますと、
c0164052_6324296.jpg

c0164052_6361355.jpg

丘の上に、眺めのいい素敵な公園が。 マカオタワーがすっくと立っているのが正面に見えます。
c0164052_6371066.jpg

そこを登ったすぐ上に、教会はありました。
c0164052_6375033.jpg

なんか・・・ パステルカラーで可愛くリメイクされた文化遺産の教会より、
こういうさりげない普通の感じの方が、教会ぽくていいんじゃないかと思うような気がしないでも・・・

バラ色の街トゥールーズでも、
教会をはじめ古い建物は、ペンキで塗ってバラ色にしているのではなくて、
もともとの煉瓦の色がバラ色だから、全体的に上品なピンク色に見えるのでした。
しかしながら、それはあのフランス南西部のカラリと乾燥した気候だからこそ、
昔のままの壁の色を楽しむということができるのかもしれません。

よくよく考えてみれば・・・
湿気がすごいこのマカオの気候の中で、古い文化遺産を美しく保存していくためには、
あのディズニーランド的パステルカラーのペイントは、最善の策なのかもしれないと、
思い至った私なのでありました。

教会の前は、ウェディングフォトの撮影ラッシュ! こんなにいいお天気ですものね。
c0164052_72099.jpg

この丘の上の教会からの眺めは、最高です。
c0164052_744079.jpg

タイパ島にかかる3本の橋が全部見えますよ~。
こんなに澄み渡った素晴らしいお天気の日は、これからあんまりないかもしれません。
風に吹かれながら、しばらく眺めを楽しんだ後、そろそろ帰途につくことに致しました。

マカオ世界文化遺産めぐり・第一回目   *** 完 ***
[PR]
by hirorobox | 2014-02-27 10:25 | マカオ編Macau | Comments(0)

文化遺産めぐり ⑩港務局大楼 ⑪マッコッミュウ

世界遺産めぐり(第一回目)のこの日も、そろそろ終盤になってまいりました。^0^
鄭家屋敷を見学した後、さらに進んで行きますと、大きな黄色い建物が。
世界遺産めぐり⑩港務局大楼です。
c0164052_650223.jpg

この建物もバリバリ現役のお役所として使われているようです。
イスラム風の、綺麗な外廊下をぐるりと歩いてみました。
c0164052_6531074.jpg

能書きは、こちら。
c0164052_654865.jpg

そしていよいよ、この日の〆の文化遺産、⑪マッコウミュウへ。
女へんに馬と書く字が、変換できませんでした。^^; 女馬閣廟というマカオで最古のお寺です。
どこかで、このお寺がマカオという地名の由来になったという話を聞いたことがあります。
マッコウミュウ → マカオ と、ポルトガル人には聞こえたそうです。

お寺の前の広場。
c0164052_731975.jpg

そして、ここが入口です。
c0164052_74761.jpg

真剣にお祈りする若い女性。 お線香?がすごい太いのです。花火みたいですね~。
c0164052_755693.jpg

c0164052_764439.jpg

どんどん登って、てっぺんのお堂に着きました。
お~、気持ちのいい眺めです。
c0164052_7113738.jpg

真剣にお祈りしている人がたくさんいました。
円錐形のお線香も、気持ちよさそうにぶら下がっています。
c0164052_7121156.jpg

c0164052_712466.jpg

可愛いパステルピンクの装飾。日本のお寺とはひと味もふた味も違う雰囲気がします。
c0164052_716365.jpg

マッコウミュウの能書きは、こちら。
c0164052_9455050.jpg

門前町みたいな商店街のお土産屋さんで、見つけました!
わーい、あのビーフジャーキーみたいな謎の物体の、試食品がでています、やった♪
c0164052_9482597.jpg

お、甘いお菓子ではありませんでした。^^;
やっぱり見た目通りビーフジャーキーみたいな味なんですが、
ソフトなテイストで、食感もずっと柔らか。
イカの燻製みたいな、お酒のおつまみ系なのかな~という感じ。^0^

以上で、この日の文化遺産めぐりは終了で~す。
わー、なんと一日で11も回っちゃっいましたよ~!

マカオの文化遺産は、教会系が多いみたいですが、
フランスで、もっとずっと古い歴史ある重厚な教会をたくさん見ていると、
なんとなくマカオの教会は、可愛いおもちゃみたいに感じてしまいます。
綺麗で、写真映りはいいのですけれど、やっぱりちょっとディズニーランドみたい?

そんな中、鄭家屋敷と、このマッコウミュウ(女・馬閣廟)は、
さすが世界文化遺産と思えるようなインパクトがあり、とても心に残りました。

30の文化遺産を全部めぐるプロジェクト、
次はどんな感動に出会えるか、とても楽しみです。

おっと、この日の番外編もあるのですが、忘れないうちにアップしたいと思います。^0^
[PR]
by hirorobox | 2014-02-26 10:27 | マカオ編Macau | Comments(0)

世界遺産めぐり ⑨鄭家屋敷

さあ、それでは、世界遺産めぐり⑨鄭家屋敷へ。
中国の思想家、鄭観應というかたの広大なお屋敷の跡なのですが、
詳しくは、こちらをどうぞ。 ↓ ↓ ↓
c0164052_4553357.jpg

お屋敷というより、まるでお城のような、ひとつの小さな街のような、そんな不思議な場所でした。
人手に渡って以来、荒れ果てていたのを、政府が8年の歳月をかけて修復し、
4年前に公開したのだそうですよ。

確かに、荒廃していた時の名残が感じられる黒ずんだ壁とか、ちょっと物寂しいような佇まいとか、
人の住まなくなった古い家特有の、なんとなく暗い雰囲気が漂っていたりします。
まるでディスニーランドみたいに明るく綺麗な、今まで見てきた文化遺産の教会等とは違って、
あまりにもフォトジェニックでキラキラの、完璧に整えられた観光名所ではないのです。

でもだからこそ、経てきた歳月の感じられるこの場所が、私はとても好きになってしまいました。
住んでいた少女の亡霊が出て来て遊んでいるんじゃないかと思うようなお庭や、
ひょっこりと老夫婦がお茶を飲んでいそうなお部屋のテーブルとか、
まるで使用人のかたたちが歩いて来るのが見えそうな路地や、
使い込まれた家具や、愛されてきた調度品があちこちにあるこの家が。

芸もなく、撮った写真を並べて載せるだけですが、よかったらどうぞお楽しみ下さい。
c0164052_1084076.jpg

c0164052_1085947.jpg

c0164052_10294757.jpg

c0164052_10104487.jpg

c0164052_6425876.jpg

c0164052_10105726.jpg

c0164052_10115581.jpg

c0164052_10122574.jpg

c0164052_10125145.jpg

お手洗いへの道が、なんだか不思議な異空間に続いているみたいな気がして、ドキドキしちゃいました。
ちゃんと帰ってこれましたけど。^0^
c0164052_1016291.jpg

[PR]
by hirorobox | 2014-02-25 10:39 | マカオ編Macau | Comments(0)

文化遺産めぐり ⑦聖ローレンス教会 ⑧リラウ広場

後で地図を見ると、ドン・ペドロ5世劇場の裏手の方に、
聖ヨセフ修道院という世界遺産があったようなのですが、
残念ながら気付かずに、この日スルーしてしまいました。 ここは次の課題にしましょう。^^

さて。続いて訪れた、文化遺産⑦聖ローレンス教会。
この教会もクリーム色。 ぴかぴかに晴れた青空に、とても綺麗に映える素敵な教会です。
c0164052_1031305.jpg

礼拝堂も同じく綺麗なパステルカラーなんですが、
聖オーガスティン教会よりは少し控えめな抑えたクリーム&グレーで、大人な感じ。
c0164052_10363287.jpg

c0164052_1037924.jpg

この教会は、ステンドグラスがとても印象的で、素敵でした。
c0164052_10384048.jpg

c0164052_1039778.jpg

能書きは、こちら。^0^
c0164052_10404977.jpg

教会の横手には、小さな植物園みたいなお庭がありました。
c0164052_10454918.jpg

c0164052_10461578.jpg

その後は、高楼街というローカル感あふれる道を、しばらくとことこ歩きます。
小さなパン屋さんや食堂やいろんなお店屋さんを見ながら、こんな道を歩くのは楽しいですね。
気づけば左手に、文化遺産⑧リラウ広場が。
c0164052_10435696.jpg

とても小さな広場ですが、地元の人々の憩いの場になっているようです。
木漏れ日を浴びて、平和な風景に、心なごみますが、
どうしてこんななんでもない小さな広場が文化遺産?と思い、
後でいろいろ調べていたら、見つけたページがありました。
以下、マカオナビさんから拝借した文章をそのまま載せさせていただきます。
(ちょっと感動しましたので)

********
リラウとはポルトガル語で山からでた湧き水のことです。
昔、ここはマカオの貴重な水源のひとつで、ポルトガル人が早くから居住していた地区でした。
当時の民謡に「リラウの水を飲んだ者はマカオを決して忘れない。
マカオで家を持ち、マカオに帰るだろう」という歌があり、
ここから湧き出る水はそれほどポルトガル人によって貴重でした。
現在ではこの井戸はマカオ政府によって、ふさがれています。
********

さあ、続きましては、このリラウ広場のすぐそばにある世界遺産その⑧。
ここは、私の中でこの日一番の感動の世界遺産だったと思います。(私好みだったという意味で)
後で見たら写真が100枚以上残っていました。
もうどう整理していいかわかりませんよう。。。^^;

「時間はたっぷりあるので」なんて大見得をきってしまいましたが、
お客様をお迎えしたり、出掛けたりすることも多く、主婦生活もちゃんとやろうとすると、
なかなか忙しいものがありますね。^^;

これは、「春休みの生活・時間割」みたいなものを考えて、効率的にやらないと!(笑)
今日はなかなかいいお天気になりそうなので、文化遺産めぐりプロジェクトその2に出かけるか、
家に居て家事その他をしながらプロジェクトその1のブログを全部書いてしまうべきか・・・
悩めるところです。。。
[PR]
by hirorobox | 2014-02-24 11:22 | マカオ編Macau | Comments(0)

文化遺産めぐり ④ロバート・ホートン図書館 ⑤聖オーガスティン教会 ⑥ドン・ペドロ5世劇場

民政総署の横手の坂道をゆるゆると上って行くと、
右手の方にある明るい黄色い建物が、文化遺産④ロバート・ホートン図書館です。
c0164052_624912.jpg

そして左に曲がるとすぐ⑤聖オーガスティン教会がありました。
c0164052_745136.jpg

図書館利用は、じっくりしたい派。
なので、この日は外観の写真だけ撮って、教会見学に進んでみまーす。

教会の中も、綺麗なパステルカラーです。 なんて可愛い礼拝堂でしょう。
でもやはり宗教施設の中に入ると、急に厳かな気持ちになります。
思わず帽子を取り、警備員さんに「写真撮ってもいいですか」と、声をひそめて聞いてしまいました。
c0164052_634526.jpg

c0164052_6351876.jpg

c0164052_6355651.jpg

古いタイルの床が、昔のままに保存されています。
降りて行って自分の足で歩けるんですよ。 ひ~んやりの異空間。
c0164052_639271.jpg

こんな案内板を見つけてしまいました!
なんと日本語表記もあります。 ははは、ずるして解説はこちらにおまかせしちゃおう。^0^
ご興味のある方は、ぜひじっくり読んでみて下さいませ。
c0164052_642839.jpg

続きまして、聖オーガスティン教会のお向かいは、文化遺産⑥ドン・ペドロ5世劇場です。
c0164052_6471637.jpg

劇場になる前は男性専用の社交場だったと、何かで読んだような記憶があるのですが・・・
女だけど今はいいですよね~、ははは、入って見学。

ステージでは、演奏会のリハーサル中のようでした。
写真を撮っていたら、やんわりと断られ、どうぞ演奏会に来て下さいねと言われてしまいました。
ごめんなさ~い。。。
せっかくなので、遠くから写した写真を一枚だけ。
c0164052_6511322.jpg

ドン・ペドロ5世劇場の案内板は、こちらです。笑
c0164052_6552333.jpg

世界遺産めぐりプロジェクトⅠ(笑)、まだまだ続く。
[PR]
by hirorobox | 2014-02-24 07:14 | マカオ編Macau | Comments(0)

文化遺産めぐり ③民政総署

セナド広場から新馬路(サンマーロ)という道を挟んだ向かい側に立つ民政総署は、
ポルトガル植民地時代の1784年に、澳門市政庁として建てられた建物だそうです。
c0164052_2342259.jpg

ブルーのアズレージョ(ポルトガルタイル)が、とても美しいのです。
c0164052_2364256.jpg

いろんな模様があって、じっくりみていると、うっとりしてしまいます。
c0164052_2373099.jpg

c0164052_2381688.jpg

中庭には、2人のポルトガル詩人の像があります。
ルイス・カモンエスさんと、
c0164052_23142218.jpg

ジョアン・デ・デウスさん。
c0164052_23144851.jpg

二階に上がると、図書館があるのですが、残念、今回も閉まっていました。
開館は午後1時からですね~。
この図書館にはとても興味があったのです。 再リベンジします!
c0164052_23202438.jpg

そして二階の正面の扉を入った大きなお部屋は、すごい立派な会議室。
c0164052_232546100.jpg

c0164052_2327161.jpg

会議中の看板があって、入れないお部屋もありました。
この建物も、地方自治局として現在も普通に使われているのです。
c0164052_23312749.jpg

小さな礼拝堂のようなお部屋もありました。
c0164052_23341439.jpg

民政総署は、アズレージョがほんとに素敵なのですが、、、
ここも新年飾りの取れた頃に、シックな写真を撮りに、また来てみたいと思います。^0^
c0164052_2354108.jpg

[PR]
by hirorobox | 2014-02-24 00:11 | マカオ編Macau | Comments(0)

リベンジ!世界遺産めぐり ①セナド広場②仁慈堂大楼

毎日パンを買いに行く、お気に入りのパン屋さんがあります。
そのお店の可愛い店員さんは、マカオ生まれのマカオっ子。
完璧な英語を話し、いつもにこやかに、根気強く私の英語に対応してくれるので、
毎日ちょっとずついろんな話をするようになりました。

始めの頃、彼女から「仕事は何?」と聞かれた時、
「ここでは何もしていない、ただの主婦よ」と答えると、ちょっと不思議な顔をされました。
そして最近、「毎日何をして過ごしているの?」と聞かれ、
「家に居て、料理をしたり、掃除や洗濯をしたり・・・」と答えると、さらに奇妙な顔。
「どうして?メイドでもないのに」と思われているのがわかったので、
「時々お出かけしたり、散歩したりして楽しんでいるわ、マカオは好きよ」
と加えて言うと、少し納得顔になりました。
次のお客がやってきたので、そこで会話はお終いだったのですが・・・

この一連の出来事が、私のメゾンデートル(存在意義)を
ちょっとばかり考えさせるきっかけになったようです。
まあそんな大げさなことではないですが・・・
それに関しては、もう少し深く自分の心をさぐってから、
もし機会があったら、ここにも書いてみるかもしれません。

というわけで、ただ今、現地生活充実度アップに向けて、自分なりの改善策を考案中。。。

ここでの私は日本と違って、のんびりとして毎日が夏休み、いや気候的には春休み?
とりあえず、軽く「春休みの宿題」みたいな、何か小さな目標を作ってみましょうか。
無理してまで頑張らなくてもいい事で、自分が楽める事で、
マカオにいるからこそできることって・・・

やっぱり、世界文化遺産めぐりでしょうかね~。
こちらに来たばかりの頃、あふれる中国人観光客のパワーに圧倒され断念して以来、
あんまり観光地のような所に行く気が失せていたのですが、
せっかく文化遺産の宝庫、マカオにいるのですものね。

この小さな街に、世界文化遺産がなんと30もあるんですよ!(22の建物と8つの広場)
連れの故郷、あの古いトゥールーズの街でさえ、文化遺産に指定されているのは、
サン・セルナン寺院とミディ運河だけだったと思います。

時間はた~っぷりあります。
のんびり少しずつ訪れて、写真を撮ったり、興味があることを調べたり、
つれづれにブログにも書いてみたりしたらいいんじゃないかな~と、ちょっぴり決心!

とりあえずは、短期目標。
4月までに、マカオの世界文化遺産をさらりと全部一回りしてみることを課題に、
観光客目線で、軽く、気負わずやっていこうと思いまーす。

というわけで、ここから本題。(←長いよ、前置き ^^;)
ある晴れた日の朝に、いよいよ文化遺産めぐりプロジェクトがスタートです! ^0^
マカオパスをにぎりしめ、いざバスに乗って、喧噪のマカオ半島繁華街へ。
って、覚悟してたほどには、お、そんなに混んではいませんよ。
やったー、平日の午前中は、文化遺産めぐりのねらい目かもしれません。

①まずは歴史的地域の中心部とも言える、セナド広場から。
おー、晴れ渡った青い空!
c0164052_894075.jpg

波模様の石畳がとても印象的で素敵な広場です。
でもこの美しい石畳になったのはつい最近の1990年代だそう。
それまではなんてことない広場だったのかもしれませんが、
でもこの小さな広場が、この街の中心だったのですね。

今はまだ春節の飾りが飾ってあって、ド派手な中国風のイメージたっぷりな景観です。
もう少しして飾りが取れたら、シンプルな広場に戻るんじゃないかと思いますので、
シンプルでシックな広場の写真を撮りにまた来てみま~す。

②広場に面して建っている、仁慈堂という白い建物。
こちらも文化遺産のひとつです。
c0164052_820021.jpg

1569年に(アジアで初めて)慈善施設として建てられたものだそう。
現在では、1階が役場、2階が博物館になっています。
c0164052_8205685.jpg

仁慈堂の1階の役場には、私も今度お邪魔する予定があるので、
その時にじっくり観察してみようと思います。
歴史的建造物が、現役で普通に使われているところが、素敵ですね!

この後は、広場のお向かいの民政総署の建物、
続いてその後ろにある教会や図書館、そして・・・と、一日で10くらいの文化遺産回りました。
ははは、最初から飛ばしちゃってますけど、狭いマカオ、距離にしたら多分2kmくらいの範囲です。
そこに文化遺産が10くらいって、よく考えればすごいですね。

この日の出来事、長くなるので、分けて書こうと思いま~す。
[PR]
by hirorobox | 2014-02-23 07:01 | マカオ編Macau | Comments(0)

ラーメン事情

たまの外食以外、手作りお家ごはんを心に決めたマカオ生活。
ですが、やっぱり気になるローカル食堂。。。
試しに一度くらい入ってみたいのですけれど、なかなかそんな機会に恵まれません。

ひとりでお昼に行ってみようかなとも思うのですが、
地元のガチなローカル食堂は、ちょっと入りにくいものがあります。
他のお客と相席は当たり前らしく、
ローカルのおじさんたちと差し向かいでもくもくと食べるっていうのも、
なんか、どんなもんだろう・・・

なので、なんとなく自分で作ってみようと思いました。 ローカル食堂もどきな、お昼ごはんを!(笑)

材料は、スーパーで買って来たインスタントラーメン。
一応日本ブランド、JASマーク付き、サッポロ一番「頂」です! ほう、うまさのいただきですか。
c0164052_1457640.jpg

それから、冷凍ギョーザ。
知らないブランドだけど、日本語のパッケージだから日本製?と思って買ったのですけれど、
なんか違うみたいな・・・
c0164052_1503622.jpg

それに市場で買ったお野菜をプラスして、こんな感じ。
わーい、オリジナルチャイニーズラーメンの出来上がり~。^0^
c0164052_1533040.jpg

コストは10パタカ弱(150円くらい)かな? お値段もローカル食堂並みです。(笑)
「頂」は、能書きのとおり美味しい麺でしたよ。 スープもなかなか。
ギョーザはちょっとピリ辛味。 ブロッコリー入れるとなんとなく中華風になりますね~。
寒い日の、あったかラーメンは、とても嬉しいランチメニューになりました♪

さて、とある日の外食も、ラーメンが食べたくて、
連れと、居酒屋風のジャパニーズレストランに入ってみたのですが、、、
c0164052_1519518.jpg

お箸のセッティングが縦になってます。(笑)
c0164052_15194672.jpg

築地から空輸? ほんとかな???
c0164052_15225831.jpg

海鮮ラーメンと、
c0164052_15203796.jpg

野菜ラーメン。
c0164052_15211661.jpg

メニューにあった写真より、だいぶしょぼいです。。。
お値段は一杯50~60パタカ(600~700円くらい)。
王将のラーメンより高いですね、ははは ^^;
お味のほうも、なんか自分で作った上記インスタントラーメンの方が、
だんぜん美味しいような気がしたのは、 ・・・えーと、やっぱり気のせいでしょうか?

このジャパニーズレストランには、奥の方に寿司バーもあって、板さんが握っているのが見えました。
今度はぜひ、ラーメンじゃないのを食べに来てみたいと思います。 ^0^
c0164052_15392826.jpg

*** 余談です ***
とある日、キッチンで驚愕の事件が!(おおげさです)
買ったばかりのお玉(使用期間1か月未満、使用回数10回くらい)が、
シチューをすくおうとしてこんな姿に・・・(涙)
c0164052_1543854.jpg

日本で、固いかぼちゃを切ろうとして、
愛用していた包丁の柄が、いきなり取れてしまった事件がありました。
高級品でもない、そのへんで買った、ただの包丁です。
でも使い勝手が良くて、よく切れて、10年ももって・・・
Made in Japanて、やっぱりさすがなのかも!と、その時思ったものです。

中国製品に頭ごなしに偏見を持っているわけではありませんが、
いくつかの実体験をふまえた上で、
やはり、ちょっと信用できないものがある、というのが・・・本音かもです。^^;
[PR]
by hirorobox | 2014-02-21 16:43 | マカオ編Macau | Comments(0)

真っ白しろの、 霧便り

日本からの雪便りを、ちょっと心配しながら、2週も続けて拝見しています。
片や、いくら冷え込んでいるからとはいえ、マカオに雪は降りませんが、、、
ちょっと暖かくなったなーと思った次の日の朝のこと、
目が覚めてカーテンを開けると・・・ おー、なんと、世の中が真っ白しろになっていましたよ!
c0164052_14565353.jpg

雪ではなくて、深々とした白い霧に、街中がすっぽりと覆われていたのです。
窓の外には、かろうじてうっすらと浮かび上がる隣りのビルの影以外、全くなぁんにも見えません。
うわー、噂には聞いていましたが、この街に来て初めての経験です!!!

お昼近くになっても、高層階にある我が家の窓の外は、ずっと白い霧の中。。。
まるで雲の中に浮かんでいるような気分です。
どうせならと、家じゅうのカーテンを全開にして、この非日常的な空間を楽しんじゃいました。
家の中をこまごました家事をしながらちょこちょこ移動するのも、雲の上を歩いているみたいで面白くて。

そんな霧の中、いざ、スーパーへ買い出しに参ります。
さすがに地上は、ほとんど視界が開けていましたが、
見上げる空は、真っ白しろの霧の中。。。
まだ慣れない私には、とても不思議な光景です。 幻想劇な世界です。

道すがら、近くの公園に寄ってみました。
c0164052_15244040.jpg

お花もたくさん咲いています。
c0164052_15262742.jpg

見上げれば、霧の中に浮かび上がる高層ビル群。
c0164052_15281316.jpg

地上の平和な公園風景の向こうに、なんだか不気味な高層ビル群。
c0164052_1530659.jpg

ここは、ビルの谷間の、ちょっと素敵な公園で、私のお気に入りの場所のひとつなんです。
晴れた日の綺麗な写真もたくさんありますので、今度ぜひご紹介したいと思います。
c0164052_15471036.jpg

わあ、バラの花、すっかり散ってしまったと思っていたのに、一輪だけ、ぽっかりと咲いていました。
c0164052_15403314.jpg

寒い、寒い、早く暖かくなるといいな~、なんて思っていましたが、
マカオのこれからの季節は、湿度もどんどん上がってくるそうです。
今日もすでにこんな状態。
c0164052_162359.jpg

バスルームではありません、キッチンの窓なんですよ!(汗)
冷たい感じのタイルの壁が、寒々しくていやだな~なんて思っていましたが、そのわけがわかってきました。
もう壁いっぱいに汗かいてますから。
素敵な壁紙を貼ったとしても、きっとすぐにぺろんと剥がれてしまうのでしょう。

洗濯物もなかなか乾きません。
昨日洗濯して干した物が、二日たってもぜんぜん渇かないのです。
っていうか、脱水して干した直後よりさらにもっと湿ってるって、どういうこと???(笑)

幻想的な霧の街は素敵だけれど、困ったこともいろいろあるのは、
真っ白な雪景色は綺麗だけれど、雪かきが大変だったり、交通がマヒしたり、転んで怪我をしちゃったり、
良いことばかりではない日本の雪と、たぶん同じなのかもしれませんね。

日本のニュースで、今週の天気予報にも雪マークが出ていました。
わぁ、毎週毎週雪ですね!
皆様お気をつけ下さいね。 どうかお仕事やご用時に支障がありませんように。
[PR]
by hirorobox | 2014-02-18 16:43 | マカオ編Macau | Comments(2)