「ほっ」と。キャンペーン

世界のあっちこっちで・暮らしの中の小さな幸せ♪

hirorobox.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

コロアネ探検 竹湾ビーチまでの道と、村のカフェ

その道を少し行ったところに、こんな脇道がありまして、入って行ってみると、
c0164052_6384984.jpg

ビーチがありました!
c0164052_6402698.jpg

写真ではわかりませんけれど、吸い殻やゴミその他が目につき、あまり綺麗なビーチではなく、
ちょっと残念な感じ・・・
道に戻って、人けのない通りのその先を、行ってみようかどうしようか迷っていたところに、
小さなワンコが勢いよく駈けて来ました。 きゃは、元気~、かわいい。
その後を飼い主の西洋人カップルがのんびり歩きながらついていきます。
彼らに会わなかったら、ここで引き返していたかもしれませんが・・・
ローカルの散歩道になっているのなら大丈夫かな~、
彼らのちょっと後を、離れてついて行ってみようと思って、探検続行を決意!
c0164052_6552026.jpg

途中から真っ白しろの靄っぽい感じになってきましたよ。
c0164052_6564065.jpg

でもあのカップル&ワンコが先のほうにいるから大丈夫~と自分を励まし、探検を続けます~。
逆にこの、不安まで感じちゃうような人けのなさに、新鮮な驚きを感じました。
人間過密でカオス状態の、マカオ半島方面の探検では、まったく考えられないシチュエーション。
自然の中で、静謐な空気と孤独を楽しむ、ひっそり静かなコロアン探検です。
しばらく歩くと、ようやく人の存在を感じる雰囲気になりました。
だけど山の上はまだ靄っぽい。
c0164052_10213573.jpg

ここにもこんな脇道があったので、入って行ってみると、
c0164052_10224537.jpg

おお~、絶景だ~。
c0164052_10232280.jpg

この先の様子がわかったので、俄然強気になって歩き始めましたよ。(笑)
車も通るし、立ち並ぶ民家も見えて来ました。
民家というより、おしゃれな別荘地のような集落を通ります。
c0164052_10293337.jpg

かわいい車発見。^0^
c0164052_10302785.jpg

少し上り坂になってきて、
c0164052_10332418.jpg

おお、バス通りに出ましたぁ!
c0164052_1034571.jpg

この階段を下りると、竹湾海岸に出るらしい。
c0164052_111793.jpg

でもその時、丁度バスが通りかかりました。
探検の続きはまた今度にすることにして、ひらりとバスに飛び乗り、(かっこいい~、笑)
コロアネ村に戻りました。

おお~、探検しちゃったな~と、(これぐらいのことでも)満足感いっぱいです。
ほっとして小腹が空いたような気がしてきたので、(ははは)
ロードストウズベーカリーのカフェに入って、ひとやすみすることに。
c0164052_10445453.jpg

軽く何かと思って頼んだサラダが、うおっ、すごい量です。
こんもり野菜にすごく厚いローストビーフみたいのがごろごろ入って、
スパイシーなタイ風の味付けで、とってもおいしかったのですけれど、ぜ、全部食べきれなかった・・・
c0164052_10501054.jpg

でもエッグタルトは別腹です。(笑)
ミルクティと一緒に、大変美味しくいただきました~。
c0164052_1050401.jpg

ロードストウズカフェは、好きな場所です。
平日は、そんなに激混みということもないし、コロアネ探検の、お気に入りの拠点になっております。^0^
c0164052_1055031.jpg

とりあえず、完。 続きはまたのお楽しみ~。
[PR]
by hirorobox | 2014-03-31 11:18 | マカオ編Macau | Comments(2)

コロアネ探検 天后古廟&譚公廟

ゆるい坂道の先にひっそりとあったのは、天后古廟という中国寺院。
c0164052_15491382.jpg

海の守り神の、女神さまが祭られているようです。
c0164052_1551871.jpg

女神さまらしい、女性的で優しい雰囲気のする廟で、キンキラキン過ぎずなんとなくシックで、
今まで見たマカオの廟の中で、私にとっては一番落ち着く感じで相性がいいかもと思いました。
女神さまは、お部屋のインテリア?にも凝っていて、あちこちの意匠も素敵だったのです♪
c0164052_7593347.jpg

c0164052_14521486.jpg

c0164052_14524980.jpg

c0164052_801968.jpg

c0164052_804947.jpg

敷地には花盛りのあのピンクのお花が咲いていて、すごく綺麗でした!
c0164052_6445491.jpg

c0164052_6455348.jpg

c0164052_6461376.jpg

まるで日本の桜のように、マカオのあちこちで見かけるこのお花の名前は、パウヒニア。
マメ科の植物で、日本ではハマカズラと呼ばれているそうです。
綺麗なピンク色のお花がひらひらと咲いている様子は、ハナミズキみたいだし、
とてもいい香りがするし、マメ科の植物というより、蘭の花みたい。
このパウヒニアは、香港の花で、国旗のデザインにもなっていると聞いて、調べてみました。
香港の旗。 おお~、パウヒニアだ~。 ハワイアンキルトみたいに可愛いデザイン。
c0164052_658284.png

ちなみに、マカオの旗は、ロータス、蓮の花がシンボルになっています。 こちらも素敵♪
c0164052_6593545.jpg

ピンク色の満開の花の下で、しばしピンク色の優しい気に包まれていると、
とても幸せな気持ちになりました。
日本では桜の季節ですね。 この季節は日本中が独特な気に包まれるよう。
植物やお花のパワーって、すごいなぁと思います。

その後こんな光景を見たりしながら、また海岸通りに出て、
c0164052_12594048.jpg

c0164052_7173278.jpg

しばらく行きますと、譚公廟という寺院です。
c0164052_754347.jpg

同じく海の守り神のようですが、こちらは、男性の神様みたいです。
タバコをくわえたヤクザな狛犬くん?をはべらせた、男気ぷんぷんの神様って感じでしたよ。^0^
c0164052_7533457.jpg

おもしろかったのは、この廟の屋根にのぼれちゃうこと。
横手にある坂道をぐるりと行ってみましたら、あらら、
なんと廟の屋根の上がバルコニーみたい?になっていて、素敵な景色が眺められちゃう。
c0164052_7261025.jpg

この廟の屋根の先の道を、どんどん歩いて行ってみることにしましたよ~。 続く。
[PR]
by hirorobox | 2014-03-30 08:16 | マカオ編Macau | Comments(0)

コロアネ探検 聖フランシスコ・ザビエル教会

この海岸通りの名前は、十月初五馬路といいます。 なんか名前も素敵だわ。
c0164052_746593.jpg

この通りをさらに歩いて行きますと、こんなモニュメントが建っています。
これは、この土地の人たちが、海賊をやっつけた記念碑だそうです。
1910年というから、今から100年くらい前のお話ですね。
c0164052_1451928.jpg

このモニュメントの両側の、アーケードみたいなところには、ローカル食堂が並んでいて、
その奥にあるこの黄色い建物が、聖フランシスコ・ザビエル教会です。
c0164052_1410764.jpg

教会というよりは、なんとなく幼稚園?みたいな、可愛い建物です~。
c0164052_141218.jpg

教会の中も可愛い~。 爽やかなブルーの祭壇。
c0164052_14151126.jpg

カラフルで可愛らしすぎて、う~ん、なんだかやっぱり幼稚園みたいな感じがしてしまいますが。。。
c0164052_14175398.jpg

c0164052_14184314.jpg

c0164052_14144455.jpg

お隣の資料室みたいなお部屋は、たいへん興味深かったです。
c0164052_14195735.jpg

この教会は、1928年にフランシスコ・ザビエルを記念して建てられ、
彼の右肩から肘までの遺骨が納められていたそうですが、
現在その遺骨は、マカオ半島の聖ヨセフ教会に安置されています。
おお、文化遺産めぐりプロジェクトで行ってきました、聖ヨセフ教会&修道院、あの教会ですね!

ザビエルさんは、1549年、戦国時代に日本を訪れているそうですが、
滞在はたった2年間だけだったということ、ご存知でした?
それなのに、今の日本人にとって、たとえクリスチャンではなくても、
彼の存在を知らない人はないくらいになっているって、・・・なんかすごくないですか???

日本の歴史教育のなせる業だと思いますが、
しかしですね、たとえばその時代の戦国武将の名前をちゃんと言える日本人が
いったいどれだけいるでしょう?(私は全員はわかりませんよぅ)^^;
でもザビエルさんのことは、戦後教育を受けたほとんどの日本人は、だれでも皆知っていますね。

・・・これって、同時に歴史教育の怖さみたいなものを、感じる出来事でありました。
もしも世界のどこかで、子供たちに間違っていたり偏っていたりする歴史を教えれば、
それがその国では「誰もが知っている当たり前の正しいこと」になってしまうんですよね~。
それはある種、洗脳のようなものかもしれません。
歴史の評価って、時代につれて変わっていくものだとは思いますが、
国家間や民族同士で憎しみ合ったり嫌い合ったりしないため、世界平和のためには、
やっぱりフェアな教育が必要だと思いますね~。

まあ、それはさておき、中国の天后聖母は、とても美しいと思いました。^0^
c0164052_1572659.jpg

教会側から見た広場。
c0164052_15103025.jpg

周りにはローカルな食べ物屋さんがいろいろあって、ふふふ、この場所はいいですね~。
c0164052_15112344.jpg

小さな村の路地は、タイパビレッジに似て可愛くて、
でもタイパと違ってさらにロマンティックなのは、路地の奥にふと海が見えたりするところ。
c0164052_15182979.jpg

c0164052_17533768.jpg

c0164052_7351926.jpg

c0164052_15191676.jpg

ぷぷぷ、ここも公共の場所だと思うのですが、洗濯物が干してあるし。 ^0^
c0164052_15203094.jpg

ここを曲がった、緩やかな坂の先に、中国の寺院がありました。 続く。
[PR]
by hirorobox | 2014-03-27 07:37 | マカオ編Macau | Comments(0)

次なる課題は、コロアネ探検♪

雨、曇、霧ばかりでじめじめだった毎日から一転、
最近のマカオには、青空が戻ってまいりました~。
まるで日本の梅雨明けのようですよ? わーい。

爽やかなお天気になると、気分もうきうきしてまいりますね~。
お洗濯も楽しい毎日です。洗濯物が完全に乾くって、嬉しい!
マカオに乾燥機が普及していないのはなぜなんでしょうね?
この国でこそ必要な気がする・・・

さてランランランと、大掃除や大物洗濯に励んだ日々の後は、
はい、次なる課題に取り組み始めることに致しました。
前回、世界遺産をめぐるプロジェクトを見事達成したおかげで、
マカオ半島方面には、だんだん慣れて?きましたので、
今度は、反対方向の、コロアネ地区を歩いてみようと思いまーす。

というわけで、マカオパスをにぎりしめ、バスに乗ります♪
平日の昼近く、コロアネ行きのバスは空いてて素敵。 まるで貸切状態だ~。
c0164052_5583817.jpg

ほどなく到着した、のどかな村のバス停前。
c0164052_681046.jpg

この村に来た時は、なにはともあれ、あのベーカリーを覗いてみるのがお約束。^0^
ロードストウズベーカリー、こんなレトロな外観ですが、、、^^;
エッグタルトが最高だし、パンも美味しいのです。
c0164052_695666.jpg

この日は、エッグタルトと、こちらのパンを買ってみました。
無添加、DARK RYE & WALNUTS cottege-style loof  美味しそうです!
c0164052_6131126.jpg

こんな感じの村のカフェもあります。 開いていたらお茶してみたかったのですが。
c0164052_615386.jpg

海岸はすぐそこですよ~。
c0164052_640216.jpg

海を挟んで向こう側が、中国の珠海です。 靄にかすんだ山の上に、風力発電機が見えます。
c0164052_6211179.jpg

この海岸沿いの素敵な道を、歩いてみます。
c0164052_6412099.jpg

可愛い村の広場。
物干しざおを設置して、個人のお洗濯ものを干してる? のどかな光景に、ぷぷぷ。
c0164052_12151140.jpg

この道沿いには、見どころがたくさん。 続きますっ♪
[PR]
by hirorobox | 2014-03-26 07:19 | マカオ編Macau | Comments(0)

春の大掃除編

次なる課題、春の大掃除編に取り組んでみました。
一番気になっているのは、カビさんです。
そして次に気になっているのは、油汚れさん。

環境のことを考えると、あまり強い洗剤は使いたくないのですが・・・
背に腹は代えられません。(って、ちょっと言い訳ですね。)^^;
やはり買ってしまいました、こちらの強力お助け洗剤たち。ごめんなさいっ。
c0164052_10502749.jpg

おお、さすが!
拭いても拭いてもこすっても、いたちごっこだったバスルームのカビさんが、
宣伝文句どおりに、どうやら菌から退治出来たらしい感じ?
しかし、湿気だらけのマカオ、数日たったら元の木阿弥ってことも考えられますが。

それから、気になっていたキッチンのこまかいところの油汚れも、
楽してあっと言う間にきれいになって、ありがたや~。
代々使っていた人々の汚れなのか、あるいは大気汚染のせいなのか、
部屋部屋の見えないところに、妙な黒ずみが蓄積されているところもあったりして。
エアコンの上も、結構すごかったです。

強力洗剤に協力してもらったため(親父ギャグ・笑)、
それと、掃除に関してはあまり細かいところを気にしない性格も幸いして(災いして?)、
春の大掃除さくっと終了。
綺麗になったお部屋を、ちょっと飾ってみたくなる余裕が残りまして。

ダイソーと地元スーパーを駆使して、ちょっとばかりテーブルウェアを整えてみたり・・・
c0164052_11303080.jpg

ちゃんとしたものを買うのには熟慮がいりますが、
チープなお値段だと気楽に模様替えを楽しめていいですね。
マカオ生活も、今後どれくらいの期間になるかわかりゃしませんし、
我が家では、良いものを買って長く使うという生活はできないようです。
仕方ないですね。。。

ヌテラの入れ物のコップも活躍中~、ららら~。
って、もう幾つ食べたんでしょ。笑

カーテンを開けると、お向かいのビルから丸見えになっちゃうお部屋があるのですが、
窓にこんな細工をしてみましたよ♪
ビニールクロスを切って、両面テープで貼っただけですが、意外と素敵かも~。^0^
c0164052_11365276.jpg

というわけで、春の大掃除プロジェクト終了~。 
ありゃ、あっけなく終わってしまったわ、自分にご褒美を作る余裕まで残して。(爆)
c0164052_1140383.jpg

う、自粛の誓いは、どこへ・・・?
そこに、熟れ過ぎたバナナが2本ばかり残っていたのが原因、と思われます。^^;
[PR]
by hirorobox | 2014-03-21 11:59 | マカオ編Macau | Comments(6)

文化遺産めぐりⅣ 番外編

ギア灯台から下りてきた後は、すぐにはバスに乗らずに、
街を歩きながらいつものサンマーロ(新馬路)まで戻ってみようと思いました。

通りがかりに博物館らしき建物がありました。
この日はスルーしてしまったのですが、後で調べてみたら、孫文記念館だったようです。
あの、辛亥革命を成功させて清朝を倒した孫文ですね。
孫文はマカオでお医者さんをしていたそうですよ。 ほう。
今度ゆっくり見学に行ってみようと思います~。
c0164052_6432416.jpg

素敵な街並みの、ラザロ地区というところも歩いてみました。
c0164052_6472184.jpg
c0164052_647423.jpg

c0164052_650353.jpg

こんな感じの綺麗なビルが並ぶ一角に、
c0164052_651474.jpg

図書館発見!
c0164052_6522396.jpg

こちらが図書館の建物です。
c0164052_6541150.jpg

いい感じの静かなギャラリーもありました。
c0164052_6545056.jpg

ラザロ地区、しゅてきです♪ 
またぜひ来てみたい場所リストの上位にインプットしておこうと思います。

途中でお腹が空きまして・・・ それに、疲れてゆっくり座りたかったので、
路地に入り込んだところで見かけた、空いてるローカルカフェに入ってみました。
街角のおしゃれカフェは、どこもかしこも混んでるんです。
中華のローカル食堂は、ちょっと入りにくい雰囲気だし、人もいっぱいだし、、、

少し英語を話してくれる店員さんと、なんとかやりとりして注文したのは、
日式麺なんとかかんとか(いわゆるシーフード焼きうどんみたいなもの?)と、ホットミルクティー。
c0164052_7114459.jpg

マイナーなちょっとさびれた感じのローカルカフェでしたが、
お客さんも少なく静かで、ゆっくり休めて、お散歩休憩にはちょうど良かったです。
シーフードがごろごろ入った日式焼うどん?も、ミルクティーも、まあまあ美味しくいただきました。^0^

というわけで、この日も発見がいっぱいの、楽しい一日でした。
やっぱり、課題でも何でもいいから自分に課して、出かけてみるのは良いですね。
便利で小さなタイパの街に籠っていても、特に不便は感じませんが、
こうしてあちこち出かけてみると、少しずつ自分のテリトリーが広がっていく感じが楽しいかも。

さて、これにて、自分で決めた春休みの宿題、「マカオ世界文化遺産30か所をめぐる編」終了で~す。
次なる課題は、どうしよう???と考えながら、
目下のところは、主婦の課題「春の大掃除編」(笑)にとりかかったところ。
決めたからには、お掃除も、楽しく頑張ってみようと思いますです。 ^0^
[PR]
by hirorobox | 2014-03-20 16:48 | マカオ編Macau | Comments(0)

文化遺産めぐりⅣ 30ギア灯台と教会

そうです。 ついに、ついに、行ってまいりましたぁっ。
自分で決めた春休みの課題、マカオ世界文化遺産めぐり、最終の地でございます!

やっぱり曇な朝・・・でしたが、毎日毎日そうですから、まあ仕方がありません。
マカオパスをにぎりしめ~、バスに乗って~、橋を渡ります~。

今回降りるのは、いつものサンマーロ(新馬路)ではありません。
ロープウェイの乗り場のある公園の前、だったはずなのですが・・・
バスはそこへ向かう手前で、なんだか違う方向へ。 あらら?
あちこちぐるぐる回りながら、終点の、中国珠海との国境に着いてしまいましたけど。
およよ、こんなはずでは・・・汗

マカオのバスルートって、行きと帰りと違う道を通ったりするので、
バス停の名前と番号だけの路線表を見ただけでは、私にはよくわかりませんよぅ。
日本のバス路線図みたいな地図があるといいのにと思います。

でも、バスの番号は間違いありませんから、
そのまま同じ番号のバスに乗って戻れば、目指すバス停を通るはず。
と、あわてず騒がず戻ってまいりましたよ。 さくっとね。
(でも内心ドキドキ、自分を褒めてあげたいパターンは、前回と同じ?)^^;

狭いマカオ半島です。
縦4㎞×横2㎞くらい? 面積で言えば、東京都世田谷区ほどのもんでしょうか?
ちょっとぐらい間違えても、周りは海と国境だけですし、
わけわかんない遠方の地まで運ばれて行ってしまうことはありませんから、
方向音痴な私が探検するのには、おあつらえ向きな街ですね~。

というわけで、バスで戻って、ちゃんと乗り場に着きました!
ロープウェーに乗りますよ。
料金片道3パタカ(約40円)。マカオの乗り物は何でも安いな~。
c0164052_20494348.jpg

とっても短いロープウェーで、あっという間に到着です。
c0164052_6394459.jpg

着いたところは、東望洋山(Guia Hill)松山市政公園というところ。
とても広い公園です。
目的の文化遺産の灯台に向かうまでの道には、
道の右側にも左側にも、こんなふうにずらりとあの健康器具?が並んでいました。
使っている人はちらほらとしかいません。
ここに来たら、遠慮なく自由に使いたい放題ですね!
c0164052_6513797.jpg

そしていよいよ! こちらが、世界文化遺産30ギア灯台と教会です。
c0164052_6474353.jpg

なんてことない小さな灯台に見えますが、
軍事的には重要で、長い間一般の人が中に入る事はできなかったのだそうです。
モンテの砦にあったみたいな大砲も設置されています。
c0164052_711096.jpg

巨大クリスマスオーナメントみたいなものが、たくさんぶら下がっていますが・・・
これは、台風の強さを表すシグナルなのだそうです。
c0164052_773693.jpg

ここのギア灯台が、マカオで一番標高が高い場所らしい。(でも標高たったの92m)
くもり空ながら・・・ なかなか素敵な眺めですよ~。
c0164052_657407.jpg

c0164052_658584.jpg

c0164052_658415.jpg

c0164052_659830.jpg

灯台の隣に建っているのが、ギア教会。
質素で小さな教会ですが、ぜひ中に入ってみるべきです!
17世紀そのままの古いフレスコ画の壁が見れますよ。
中国の絵画技法を使って描かれたという絵は、ボロボロですが当時のままで、
歴史と時の重みを感じることができます。
カビのにおいがあたりにぷんぷん漂って、今まで見てきた他の多くの教会の
ディズニーランド的にクリーンで明るい雰囲気とはずいぶん違います。
私はいたく感動しました。
撮影は禁止だったので、写真を撮れなかったのが残念ですが、
保護のためには必要な措置だと思いました。
c0164052_1615334.jpg

c0164052_16364224.jpg

マカオ世界文化遺産めぐり最後の地は、とても素敵なところでした!
自分で決めた春休みの課題、「マカオの世界文化遺産30か所を全部回るプロジェクト」
ついに、ついに、やりとげたという達成感でいっぱいな私。
そう、やればできる子なんです。(笑)

この後は、歩いて街へ下りてみましたよ。
ロープウェイでさくっと来るのも楽ちんですが、歩いてみるのもなかなかいいものです。
c0164052_16271439.jpg

公園の中のあちこちにある生け垣が♪
おまぬけな感じですが、多分ドラゴンを作ろうとしてるのかな~?
c0164052_16313042.jpg

こちらは、立派におひげまで付いたドラゴンくん。 ひゃは。^0^
c0164052_16324195.jpg

この日、街に降りてからの、ワクワクの出来事あれこれは、番外編に続きます~。
[PR]
by hirorobox | 2014-03-18 16:59 | マカオ編Macau | Comments(0)

世界文化遺産めぐりⅢ 29バラ広場

聖ヨセフ教会を見学した後、この間来た時とは別の道を探検してみようと思って、
無謀にも、あちこちの路地に入り込んで行ったものの、
・・・わけがわからなくなりました。^^;

そのうちに、バスが走っている大通りに出たので、
BARRAと行き先が出ているバスに乗っちゃいました!
(乗っちゃいましたよ、大丈夫?と、本心はドキドキ)笑

こんなふうにひらりとバスに飛び乗れるなんて、
私もちょっとは、いっぱしのローカルっぽくなってきたかもですよ? ですよ?と、
自分を褒めてあげたい気持ちでいっぱい。(でも内心はドキドキ)ふふふ。

バスは無事BARRA(バラ広場前)に到着~。
そう、バラ広場は薔薇広場ではなく、BARRAという地名なのです。
c0164052_15405243.jpg

う、空が真っ暗ですよ~。
ほどなく大粒の雨が降って来ました。
きゃー、どこかで雨宿り~、と思って入ったビルが、海事博物館でした。
入館料10パタカ(約120円)ですって、安っ。
雨がやむまでゆっくり見学することにしましたよ。
c0164052_15495431.jpg

まあるい窓から見えるバラ広場。素敵です♪
c0164052_15522041.jpg

館内は数人の見学者くらいしかいません。とても静かです。
バラ広場にいたあのたくさんの人々は、いったいどこで雨宿りしているのでしょう。
c0164052_5391250.jpg

17世紀のマカオは、こんな感じだったのですね。
文化遺産めぐりで歩いて、少しは地理もわかってきて、現在との違いがわかって面白い。
c0164052_5421669.jpg

c0164052_5414484.jpg

c0164052_5424147.jpg

まあるい窓から見えるバラ広場は、雨が上がった気配です。 わぁい、お外へ出てみます。
c0164052_5443360.jpg

楽しい雨宿りをさせてくれた、海事博物館の外観です。
c0164052_545495.jpg

バラ広場は、雨に洗われて、タイルがつやつやしています。
これは、カルサーダスというポルトガル式の石畳なのだそうです。
観光客の姿も少なくなって、しっとりして、あらら、よりいっそう素敵な雰囲気になっていましたよ。
丘のむこうに、ちらりとマカオタワーが見えます。
c0164052_5515627.jpg

正面は、文化遺産めぐりⅠで訪れたマッコウミュー(女馬閣廟)です。
c0164052_661159.jpg

c0164052_550511.jpg

廟の前にあるのは素敵な広場と思いましたが、その時は文化遺産とは知らなかったのです。
あの日はすごい人でしたが、今日はにわか雨が降って、こんなに静かな広場を見れたので、
また来てみてすごく良かったと思います。
(文化遺産めぐりⅠで撮った写真だけ載せて、ズルしちゃおうかな~?
という誘惑に負けず、再訪したご褒美ですね) ^0^
c0164052_63011100.jpg

さて、この後は、びゅびゅんとバスかタクシーに乗って、
文化遺産めぐりプロジェクトでは全くの未踏の地、そしていよいよ最終地でもあります、
こちらの灯台に行こうと思っていました。
海事博物館にあったレプリカを撮った写真です。
c0164052_6132390.jpg

でも、空はまだど~んよりとしていて、またいつどしゃ降りになるかもしれません。
午後もまだ早く、時間はたっぷりありますけれど・・・
この日の遺産めぐりはいったんお開きにして、改めて出直すことに致しましょう。

はい、決して博物館で撮った模型の写真で誤魔化したりはしないことを誓います!(笑)
ちゃんとやったら素敵なご褒美があるって、今日経験しましたから~。♪♪♪

自分で決めた春休みの課題、マカオ世界文化遺産めぐり、いよいよ最終回へ続く。
[PR]
by hirorobox | 2014-03-16 07:06 | マカオ編Macau | Comments(0)

文化遺産めぐりⅢ 26三街会館(関帝廟) 27聖オーガスティン広場 28聖ヨセフ教会及び聖堂

マカオの世界文化遺産30か所を回るプロジェクト。
自分の中で、「今月いっぱいで全部回ってブログに書くのだ!」という目標を掲げたものの・・・
なんだか最近は毎日毎日、曇・小雨・霧なお天気ばかり。
快晴の日なんて待っていたら、もしかして終わらないんじゃね???ということを悟りました。

ので、とあるど~んより曇った朝、
まあ、真っ白しろの霧よりはいいかもねと、どれどれ、出かけてみることにしましたよ。
マカオパスをにぎりしめ、バスに乗って橋を渡り~、
またまた降り立ちました、新馬路(サンマーロ)。

まずは、文化遺産めぐりⅠで見逃した、こちらのスポットは、セナド広場から徒歩たったの30秒?(笑)
こんな屋台のお店が並ぶ通りに入ってすぐのところにございます。
c0164052_6172120.jpg

この市場の道は、今まで何度も通っているのです。 廟があるのも気づいていました。
でもこんな感じの古い廟なんて、マカオではあちこちどこにでも見かけますよ。
これが世界文化遺産だったなんて、全然わかりませんでした。^^;

こちらが、その文化遺産26三街会館(関帝廟)です。
c0164052_6211261.jpg

この建物は、1792年に地元の商工会議所のようなものとして建てられたのだそうで、
その時に、三国志の英雄、関羽帝が祭られたとのこと。
関羽は、忠義に厚い商売の神様なのだそうですよ~。

1972年にマカオ中華総商会が設立してからは、地元の商工会議所としての役目はなくなり、
今はその神様、関帝を祭る廟として存在しております。
それでは、いざ、関帝廟の中へ。
c0164052_6313696.jpg

真ん中に祭られているこの方が、多分、関羽帝さまですよね?
c0164052_6331096.jpg

お約束の、ぐるぐる渦巻きのお線香。
c0164052_6352175.jpg

c0164052_6423347.jpg

いや、しかし、こんな雑踏の中のしょぼい廟(失礼!)が文化遺産だったとは、
あんまり気づきませんよね。。。
c0164052_6452056.jpg

続きましては、同様に、通っているのに気付かなかった、こちらの広場。
文化遺産27聖オーガスティン広場です。
ロバート・ホートン図書館と聖オーガスティン教会の間にある「広めの道」(?)、
それが文化遺産の広場でありました。ははは。
c0164052_6525668.jpg

c0164052_6545832.jpg

大きなガジュマルの木の下に、ベンチと、小さな売店があります。
c0164052_6563688.jpg

そしてこの広場の奥、ロバート・ホートン図書館の左手に、
文化遺産28聖ヨセフ教会及び修道院へ続く門があるのですが、
部外者はここからは入れないようになっておりまして、、、
この日はしっかりと、事前にガイドブックで入り口への行き方を調べてまいりましたよ!
ぐる~りと回って、こちらです。 ↓ ↓ ↓
c0164052_73315.jpg

c0164052_741692.jpg

円天井が、とても素敵な教会でした。
c0164052_76115.jpg

正面も良いけれど、
c0164052_76402.jpg

祭壇まで歩いて、振り返ってみたら、あら? さらに素敵かも!
ステンドグラス越しに扉から差し込む、ブルーの光と、パイプオルガン。
c0164052_784220.jpg

聖ヨセフ教会及び修道院の、修道院の方は見学不可になっています。
広場側にある扉は、修道院の裏口なのかもしれません。
教会の横手の、塀の向こう側のグラウンドのようなところから、
なんとなく教会の雰囲気とはミスマッチな、野太い男の子達の声がわぁわぁ聞こえていました。
多分、神学院の生徒さんたちの、体育の授業中だったのかもしれませんね。
c0164052_711285.jpg

文化遺産めぐりⅢ、続きます~。
[PR]
by hirorobox | 2014-03-15 07:48 | マカオ編Macau | Comments(0)

ハクサビーチの、働く人々

3月11日。
あれから3年・・・ いろんな事がありました。
昨日は、そんないろいろを思い返しては、自分の人生の来しかた行く末を考えてみたり、、、
TVをつければニュースで流れている、マレーシア機の捜索の行方などを心配しながら、
一日静かに過ごしていました。

マカオの海について。。。
何度か訪れているハクサビーチ(黒砂海岸)ですが、
海岸は、こんなふうに綺麗な砂浜が続いています。
c0164052_618587.jpg

しばらく前に、ローカルTVで、香港のビーチの深刻なゴミ問題と、
海岸清掃のボランティアの方たちを特集した番組を見たのですが、
海が本当にゴミだらけで、とてもびっくりしました。

ゴミの分別に関しては、マカオはすごくゆるゆるなんです。
時々街角で、分別して捨てるゴミ箱を見かけることもありますが、
私が住んでいるビルのゴミ出しは、ほんとに何もかも全くいっしょくた。
他のコンドミニアムも皆そのようです。

始めのうちはクセのようなもので、ビン・缶・プラスチックなど、
別々の袋にまとめて、各フロアにある大きなダストボックスに出していました。
けれど、そのダストボックスの中は、あらゆる家庭のあらゆるゴミがいっしょくた。^^;
そうすることに全く意味がないことがわかるにつれ、だんだん私もいっしょくたに・・・ ^^;

だけどいまだに、キッチンのゴミ箱に、ペットボトルも、ワインの瓶も、割れたガラスも、
野菜くずも残飯も、ばっさばっさと何もかも入れてしまうことに、
何とも言えない違和感を感じてしまう私ですが。

中国の環境問題に対する姿勢を見ていると、
中国本土のゴミ問題に関しては、なんとなく想像できていたつもりですが、
特別行政区の香港もマカオも、やはり同様に、まだまだみたいな感じです。

しかし、TVで見たあの香港の海岸の、胸が痛むような汚れかたは・・・

ハクサビーチを見る限り、マカオのビーチはきれいです。
時々ゴミやタバコの吸殻が落ちていたりするのを目にしますが、
それは日本のビーチと似たような頻度。

ぽいぽい捨てる人は多くても、ある程度きれいなビーチでいられるのは、
こんなふうに働く人々のおかげだと思います。
c0164052_6553325.jpg

c0164052_6555534.jpg

いつ来ても、黙々と働くビーチ清掃の人々の姿を見かけます。
カジノ収益で、マカオ政府はとてもお金持ち。
その潤沢なお金を、使うべきところにちゃんと使ってくれているから、
こんなふうに綺麗な海岸や、広々とした美しい公園や、夢のように可愛い
ディスニーランドみたいにクリーンな観光地を、保っていけているのかな~と思います。

ビーチ風景、いろいろ。
c0164052_1034164.jpg

c0164052_1043478.jpg

c0164052_104741.jpg

c0164052_105134.jpg

c0164052_105248.jpg

企業がらみの海洋汚染の問題に関しては、また別の複雑な背景があると思いますけれど・・・
美しい海岸のために小さな個人が出来る事は、まずはゴミをポイ捨てしないことだと思うのです。
ポイ捨てすることに罪悪感を感じるような教育をすること。
日本で育ち、暮らしてきた私が、ゴミを分別しないことに、どうしても違和感を感じてしまうように。
それはほんとに基本的なことですけれど・・・

そして、ここがいつまでも、美しい海、綺麗な砂浜であって欲しいと願います。
[PR]
by hirorobox | 2014-03-12 10:51 | マカオ編Macau | Comments(0)