「ほっ」と。キャンペーン

世界のあっちこっちで・暮らしの中の小さな幸せ♪

hirorobox.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ちょっとだけ玄米菜食 ( 8 ) タグの人気記事

ポートタワーのクリスマスイルミネーション

数日前、とても暖かだったので、ポートパークに行ってみました。
i-z-m927さんの写真を見て、とても綺麗だな~と、クリスマスのライトアップを見たくなって。

少し前だったら、頑張ってウォーキングで行っちゃったかも?
でも最近体調をくずしてへなちょこだし、帰りは夜道になるから、やっぱり車で行きました。

日が落ちる少し前に着いて、すごく綺麗なサンセットを見ることができましたよ!
c0164052_5161091.jpg

c0164052_5152554.jpg

なんだか東海道五十三次の挿絵を見ているみたいです~。
c0164052_517360.jpg

日が落ちると、東京湾の向こうに、富士山の綺麗なシルエットが、ぼうっと浮かんで見えました。
c0164052_5191399.jpg

刻々と、空の色がオレンジから群青色に変わっていく様子が、幻想的で、すごく綺麗で、うっとりでした。
c0164052_5214227.jpg

5時になると、クリスマスイルミネーションのスタートです♪
c0164052_5233127.jpg

モチーフはツリーだけ。 シンプルでしたが、なかなか綺麗でしたよ!
c0164052_5243780.jpg

c0164052_525528.jpg

この季節、千葉港クルーズや展望台カフェとのペアチケットも発売されているようです。
クリスマスデートにいいですね♪
昨日23日にはキャンドルナイトもあったようです。
1000個のキャンドルが灯されるって、どんな感じだったのでしょう?

この千葉ポートタワーのイベント、クリスマスファンタジーは、明日の25日まで。
詳しい情報は、こちらのページをどうぞ。

また、i-z-m927さんの写真は、とても素晴らしいんです。
デジブックなど、もう芸術作品の域で、うっとりしてしまいます。
クリスマス、どこにお出かけしなくても、
そちらをご覧になるだけで、わくわくクリスマス気分が盛り上がりますよ~。お勧めです♪


************


というわけで、お家で作る玄米菜食メニューも、ちょっぴりクリスマスっぽく盛り付けてみました。(笑)
厚揚げときのこのスパイシーシチュー、レンコンのガーリック焼き、ワカメと桜えびの酢の物。
こんな簡単なお家ごはんですが、、、 ^^;
c0164052_5475659.jpg



************


追   記

長々と調子が悪かった原因が、本日、やっと、やっと、判明致しました!
検査先の病院でいきなり緊急に日帰りのプチ手術を受けることになり、すっごいビビッた私です。
先ほど無事帰ってまいりましたが、今年はもう私にとってさんざんなクリスマス。。。(涙)

でも結果、症状がずいぶんおさまって、一安心です。
もしかしたら、数ヶ月中に改めて入院、手術になるかもしれませんが、
とりあえずこれでなんとか、痛みなしの平安なお正月が迎えられそうですよ~。

皆様には、このところ具合が悪い、悪いと愚痴をこぼし、
ずいぶんとご心配おかけしまして、申し訳ありませんでした。
でも、幸い命にかかわるような深刻な病気ではありませんでしたので、どうぞご安心下さいませ。
ちょっと今は、痛み止めでぼよよん、、、 落ち着きましたら、楽しい?病院レポでも書きますね!^^
[PR]
by hirorobox | 2010-12-24 06:19 | 日本編Japan | Comments(12)

肉食&カルシウム補強生活

冬枯れの風景、その2
c0164052_6205832.jpg

これ、なんだか信じられないかもしれませんが、千葉市内の風景なんですよ♪
東京駅から電車で30分も来れば、まだまだこんな手付かずの自然が残されているのです。
日本も、まだなかなか捨てたものではないかもですね。

さて私、ヘルシーな菜食生活には、まだそこはかとない憧れを持ち続けているものの、
やっぱりこの体調の悪さには勝てません。。。
最近は、しかたなく、なるべくお肉やお魚、卵や乳製品などの動物性たんぱく質を
積極的に食べる生活にシフトチェンジしつつあります。

お肉を食べて、だんだん元気になってくると、なぜかジャンクフードも恋しくなってきたりして・・・
久々にファーストフードランチを食べましたよん。

ドトールコーヒーのミラノサンドは美味しいな~と、以前からのファンでした。
ふと通りかかると、期間限定の贅沢ミラノサンド、ローストビーフ特製バジルソース発売中♪
おお、これはぜひ試してみなくては。^0^
c0164052_5372041.jpg

ローストビーフの上にマッシュポテトと野菜、バルサミコソースとオレンジはちみつがかかっていて、
まあ本当に、なかなか美味しかったのですけれど・・・
他の定番ミラノサンドよりずいぶんお高いお値段設定(¥480)を考えると、
わざわざ注文して食べてみるほどのものでもなさそうな気も、、、
生ハムも、シュリンプも、チキンマスタードも、とってもLOVEな私ですから~。
う~ん、やっぱりどうせ食べるなら、チキンマスタードにすればよかったかなっ。(笑)
ドトールのコーヒーも、なかなか美味しいと思うのです。
このミラノサンドがあるので、私の中でドトールコーヒーは、スタバに全然負けていないかも?!


************


そうなんです、歯が悪くなってしまったので、、、
お家で食べる玄米菜食ごはんは、カルシウム強化メニュー!
c0164052_11193499.jpg

桜えびとワサビ菜の和風オムレツ&大根おろし
切り干し大根のお煮付け、春菊としらすのおひたし、野菜のグリル、お豆腐とワカメのお味噌汁。

卵、しらす、桜えびは、反則材料でしょうか?(ぜんぜん菜食じゃないですもんね・爆)
でも私に必要なのは、カルシウム~。 意識していただかないと、骨粗しょう症への道まっしぐら?(汗)
というわけで、ますますなんちゃってになってきている、玄米菜食手作りメニュー。^^;
この玄米菜食プロジェクト?、今後どうなっていくことやら、混迷をきわめておりまする・・・
[PR]
by hirorobox | 2010-12-20 06:54 | 日本編Japan | Comments(10)

久々にステーキランチ♪ でも玄米菜食も作ります。

寒いですね~、ぶるるるるる。 日本には、この冬一番の寒波が来ているようです。
でも寒波といっても、最高気温は9度くらい(千葉)。
寒い日は氷点下何度の世界になっちゃうフランスよりは、ずっと暖かですけれど。
トゥールーズは内陸なので、けっこう冷えているそうです。パリほどじゃないようですが。

千葉、冬枯れの風景。。。
c0164052_8155731.jpg


ところで、私、最近とっても疲れやすいんです。
お肉、お魚、卵で、がんがん蛋白質をとって、元気に過ごしていたダイエット中よりも、
減量は終了して、穀物と野菜を中心にしっかり栄養とカロリーをとるようになった今のほうが、
ずっとずっと疲れやすくなって、あんまりたくさん歩けません。
そして免疫力も落ちているみたいで、病気がちになってしまって、
さらになんとなく無気力になってきているような感じまでしてきて、少々危機感。。。

やっぱり私は、お肉もしっかり食べなくちゃダメなのかもしれません~。
生まれ持った身体は、あまり頑強とは言えず、基本的にすごいへなちょこ人間なのです。
もし充分な栄養を豊富に摂ることのできない昔の世界に生きていたとしたら、
きっと子どもを産んで授乳をしたら、もう30歳くらいで寿命を迎えていたような女だったのかもしれません。

お肉食べなくちゃ、と思いました。
お野菜の買出しに、直売所のしょいかーごまで行って、
前からちょっと気になっていたお店でランチをしようと思いました。
しょいかーごからほんの少し行ったところにある、コーヒーラウンジ風の館というお店です。
ランチのステーキセットのお肉が、とてもやわらかくて美味しいらしいという評判なのです。

風の館は、だいぶ辺鄙な場所の、今もまだ残っている雑木林を背に、こんな感じに建っていました。
c0164052_1645259.jpg

c0164052_1651422.jpg

周りは、なんとなくうら寂しいような感じさえするロケーションなのですが、
一歩お店の中に入ると・・・ まあ! とても素敵ですよ♪

オシャレで座り心地のいいテーブルと椅子が、ゆったりと置かれています。
背後の、四角くくりぬかれた小さな窓からは、裏手の雑木林が見えます。
静かに音楽が流れ、外の世界とは別の時間が過ぎていくような、不思議な空間が、そこにはありました。
c0164052_16124988.jpg

ランチセットは5種類くらいありましたが、やっぱり評判のステーキセットをお願いしました。
前菜?のようなものと、白いごはん、カブのお味噌汁。
c0164052_1617561.jpg

そしてこれが、噂のステーキ。
c0164052_16182750.jpg

おお~、これは確かにやわらか、良い焼き加減。 量も上品で、調度いいです。
大根おろしの和風ソースが、美味しくて、ごはんがすすんじゃいますよ~。

c0164052_16205319.jpg
食後のコーヒー。

さすがコーヒーショップだけあって、
ランチに付いているコーヒーでも
充分に美味しいものでした。

お肉を食べたせいか、
美味しいコーヒーのせいなのか、
なんだかずいぶん気分がよくなって、
まったりと幸せな気持ちになりました。

なかなか静かで落ち着ける空間です。
長居しても平気そう。
本でも持ってくればよかったかな。

これからも近くに来た時は、
しばしば立ち寄りたいお店だと思いました。




************


がっつりとステーキも食べますけれど、お家では、なんちゃって手作り玄米菜食も継続中~。^0^

野菜の天ぷらなんてどうでしょう?
久しぶりの揚げ物です。
たっぷりついちゃった衣を、薄くはぎながら油に入れていったので、(悪あがき?)
揚げ上がりは、あんまり見栄えが良くないですね~。^^;
c0164052_16365230.jpg

それにあんかけ豆腐を作り、こんにゃくの炒り煮、ワサビ菜の胡麻和え、発芽玄米と、大根のお味噌汁。
う~む、手作り玄米菜食も、だんだん高カロリーになってきているような、、、^^;

ずっと落ちたままだった体重ですが、
もっとお肉を食べなきゃ思考に転向してから、ちょっとリバウンド。 0.5㎏ほどアップしちゃいました。
でも少しだけ、気力のような、元気のようなものが戻ってきたような気がするので、
そちらのほうが大切かな~と思うのです。

菜食を心がけていると、確かに、徐々に感性が研ぎ澄まされていくようには思いました。
多分、スピリチュアルでメンタルな部分が、澄んで強化されるような食生活なのかもしれませんね。
逆に肉食は、(もちろん食べ過ぎてはかえって健康に良くないとは思いますが)
フィジカルに元気になれる食べ物なのだと思います。

どちらも人が生きていく上では大切なこと。
食べ物も同じで、私にとっては、お肉も、お魚も、卵も、チーズも、お野菜も、大好きな炭水化物も、
どれもみな大切なものなので、心から感謝して、バランス良く上手に食べて、
これからも元気に、そして健康に、なるべく溌剌と生きていけたらいいな~と思っております。^0^
[PR]
by hirorobox | 2010-12-16 17:52 | 日本編Japan | Comments(10)

南インドの薬膳カレー・葉菜

ダイエット中は、栄養バランスにきちんと気を配り、
ゆっくりゆっくり、急激にウェイトダウンしないようにずいぶん注意していたつもりなのですが、
それでもやはり多少身体に負担がかかっていたのかもしれません。
風邪に発熱の後は、歯にきてしまった模様で、歯医者さん通いが始まりました。わーん。。。(涙)

ダイエットは、2ヶ月くらい続けてみようと思っていたのですが、
1ヶ月ちょっとで6キロダウンしてしまったので、あわててそこでストップしたのです。

栄養学の知識は多少ありまして、バランスを考えてちゃんと食べてたつもりなんですけどね~。
1日1時間くらいのウォーキングなんかで、運動しすぎということもありえないでしょうし・・・
年齢の問題なのだと思います。 身体は正直ですものね。
10代20代の若い女の子のダイエットとは、わけが違って、
もっと気をつけなくてはいけないのかもしれません~。 ははははは。

ダイエット中の食べ物は、大好きで食べ始めるとドカ食いしてしまう炭水化物を控え、
たんぱく質と野菜を中心に一日2,000カロリー以内の食生活を心がけていました。
が、終了後は反対に、お肉などの動物性たんぱく質をなるべく控え、
炭水化物と植物性蛋白と菜食中心の、ヘルシー生活をしてみようかな~と思っています。

マクロビオティックや玄米菜食の原理は、なかなか素晴らしいものがあるのでしょうが、
でもそれだけでは、パーフェクトな食生活ではないように私には思われます。
完璧な菜食生活をずっと続けていけるのは、健康な成人男性だけで、
女性や子どもには負担が大きすぎるという話も聞きました。
病気を治したい方や、アレルギーなどがあって体質改善したい人が、
短期間行うのは効果があるかもしれませんが、
何年も、何十年も、ずっと続けるのは問題があるかもしれません。。。

UAEのアルアインで歯医者さんにかかった時のことです。
担当のレバノン人のお医者様は、足が不自由で、杖を使われていました。
お顔や表情は40~50代くらいに見えるのに、まるで老人のような歩き方をするのでした。
ある日歯科助手のかたが、原因はご病気ではなく、
彼が長年の完璧なベジタリアンだからと教えてくれました。

穏やかでユーモアがあり、背が高くハンサムで素敵なお医者様でしたが、
そんなふうに身体をこわしてまで菜食にこだわる理由が何かあったのだろうかと、
それを聞いて、私はなんだかとても痛ましい気持ちになってしまいました。

あんなに立派な体格の成人男性でさえ、歩行が困難になるような障害がでるのです。
妊娠出産や生理のある女性や、発育ざかりの子どもにとっては、
完全菜食というのは気をつけないとずいぶん危険なのだろうと、感じざるを得ない出来事でした。

というわけで、私の玄米菜食生活は、とってもゆる~い超なんちゃって。(笑)
ふだんはお肉もガンガンいただきますが、週に1~2回くらいは、しんみりと
ヘルシーな玄米菜食ごはんを作って食べてみようかな~というだけの、へたれな試みでございます。

先日、口コミサイトで、とても身体に良さそうな菜食料理のお店を見つけたので、
ランチを食べに行ってみましたよ~。 南インドの薬膳カレーがいただけるらしい♪

c0164052_9484546.jpg
場所は、八千代市勝田台。
南インド料理・葉菜。
お店の詳細は、こちらのページをどうぞ。

千葉市からはけっこう遠い道のりでした。
狭い路地のコインパーキングに車を停めて、
見つけました~、このお店です。

←外観は、
なんとなく飲み屋さんみたいで、
怪しい感じでしたが、、、
入ってみると、なかなか良さげな雰囲気。
女のお一人様でも全然OKです。

カウンターに座り、メニューを点検。
ベジタリアン葉菜ミールスというのを
注文してみました♪


c0164052_11435242.jpg

メニューに書かれたミールスの内容は、こんな感じ。

・豆と野菜の煮込みカレー(消化促進、整腸作用)
・酸味と辛味のトマトスープカレー(デトックス、薬膳)
・冬野菜のスープ(本日のベジ、メイン)
・豆のカレー(整腸作用、美容)
・野菜入りヨーグルト(整腸作用)
・チャトニ(ココナツとスパイスのつけだれ)
・無水調理の野菜
・野菜のスパイス蒸し炒め
・ライス(白米+玄米+クミン)
・パパド(豆のおせんべい)

なんだかいろいろたくさんです。 それぞれ薬効も書いてあります。 すごいですね。 
待つことしばし、そして運ばれて来たのは、、、 じゃーん、こちらです♪ 
 ↓↓↓↓↓
c0164052_11543837.jpg

こんなふうに食べ方の説明も書いてあったので、そのとおりにいただいてみました。
c0164052_11552966.jpg

ちょっとづつ味見して・・・ おおお~、みんなそれぞれ美味しいですよ~。
その後、少しずつまぜまぜしながらいろんな味を楽しんでみました♪

インドカレーというと、ナンと一緒に食べる、こってりオイリーでどろりとしたカレーのイメージでしたが、
これはあっさりサラサラ系のカレーです。 スパイスは効いていますが、辛すぎなくて食べやすい。
パパスというお煎餅みたいなの、それだけ食べても、こうばしくて美味しかったのですが、
砕いて、ごはんに混ぜて、カレーをかけて食べると、また美味しい♪

お店のかたが説明してくれたのですが、
お米のとれる南インドでは、カレーと一緒にごはんを食べることが多いそうです。
でもお米の栽培をしていない北インドでは、カレーはナンで食べるのが一般的だとか。

これは確かにとてもヘルシーで、ほんとに身体に良さそうなカレーセットでした。
美味しくって、全部ぺろりと食べてしまいましたよ。 お腹がぱんぱんになりました~。

南インドの薬膳カレー、自分で作るのはとうてい難しいと思われますが、、、
インド料理とひと口に言っても、いろいろあって、なかなか奥が深いのですね。


************


というわけで、最近なんとなくカレーブーム。
とある日の玄米菜食ごはんに、自分でもベジタリアンカレーを作ってみました。
手元にあったカレー粉に、クミンやらターメリックやらそれらしいスパイスをいろいろ入れて
コトコト煮込んでみたものの、、、 どうもやっぱり味がイマイチです。
しょうがないから結局は、最後に市販のカレールーをひとかけ入れて、
それでまあまあ美味しくなったという、ずいぶんなんちゃってな作り方でした。^^;

自己流お豆と根菜のカレー。 このお皿でカレーは、ちょっと食べずらかったかも。(笑)
c0164052_14242616.jpg

[PR]
by hirorobox | 2010-12-14 17:17 | 日本編Japan | Comments(6)

毒蜘蛛の恐怖と、続・手作り玄米菜食ごはん

今、連れは仕事で、アフリカの某国を転々としております。
石油や天然ガスなどの資源を豊富にたくさん持っているのに、なぜかとても貧しい国です。
というか、ひとにぎりのお金持ちはいるのだけれど、国民の大多数が貧しくて、
危険と隣り合わせの、すごく不衛生で、賄賂が蔓延している、とても不公平な国。

昔は同じように貧しかったアラブ諸国の多くも、天然資源の石油のおかげで、
今ではたいへん豊かな国々になっています。
それはこの国のように、一部の人間だけがお金持ちで、
一般庶民は貧しく悲惨な生活を強いられているというのではなく、
国民のだれもが、豊かで文化的な生活を送っています。
そして、シェイクやお金持ちの人たちは、想像できないくらいのお金持ちで。

UAEでは、他国からの出稼ぎ労働者の問題はありましたけれど、
自国民の人たちは、皆大きな家に住み、安全で、とてもいい生活を送っていました。
少なくとも、だれも不衛生や無知のために死んだり、食べ物に困ることなんて、ありません。

同じように、というかUAEよりもっとずっとたくさんの天然資源に恵まれているというのに、
この国民生活のクオリティの違いは、いったいどこからくるのでしょう???
国を導くトップのやりかたによって、その国のありかたはすごく変わってくるのだと、
しみじみと考えさせられます。

連れの話によると、首都はまあそれなりに大きな街らしいですが、
地方の小都市になると、それはもう、のどかというか、不便というか、、、とても大変だそう。

これは連れが送ってくれた、ある地方都市の写真です。
ここがメインストリート、街一番の繁華街だそうですが、^^;
牛さんが列になって道路を渡っていたり。。。(笑)
c0164052_619966.jpg

・・・などというほのぼのしたお話ばかりだったらいいのですけれど、
どんなに気をつけて、ホテルの加熱された食べ物だけを食べていても、食中毒になって死にかけたとか、
マラリアの予防注射をして行っても罹患してしまったとかいう同僚の人の話も聞きます。

街で一番立派な高級ホテル?に滞在しているらしいですが、シャワーさえ使えなかったり、
部屋の中には蚊がいっぱい、停電はしょっちゅう、インターネットも途切れ途切れ、
日が落ちたら危険すぎて外には一歩も出られないそうです。

そして、その事件は、この街で起きたのでした。
仕事で一緒に他国から戻り、この小さな街のホテルにチェックインしたふたりの同僚のひとりが、
次の朝、具合が悪くて起きれない、高熱にうなされ、意識も混濁するくらい。
なんと夜中に、ベットの中にいた毒蜘蛛に刺されてしまったらしいのです!

緊急手術が必要になりました。
この国の医療は不安ということもあり、急遽彼の自国のアメリカに戻ることになったのですが、
ああどうなることでしょう。
どうぞ刺された足を、そのひとが失うことのないようにと願うばかりです。

それはもちろん今までも、連れが、何事もなく無事で戻ってこれますように、
風土病に罹ったり、食べ物でお腹をやられたりしませんようにと、それなりに心配はしていましたが、
この事件には、けっこうショックを受けました。
・・・もしかしてチェックインの時に、この部屋のキーを受け取ったのが連れだったとしたら、
刺されたのは彼のほうだったのですから。

私はといえば、今、このクリーンで安全な日本という国で、の~んびり待っていられて、
本当に幸せだと思うのですが、そのクリーンで安全な国に住める人というのは、
世界中から見たら、ほんの一握りなのですよね。
少し前に、世界が100人の村だったら、というお話がありましたが、
こんなふうに衛生的で文化的な生活を送れるのは、世界の人口の数パーセントの人だけ。
そのラッキーさに、謙虚に感謝しなくてはいけないと、心から思うのでした。。。


************


というわけで、今日もつつましく、手作り玄米菜食にしてみましたよ♪

お豆腐と野菜のハンバーグを作って、付け合せに野菜のグリル、春菊のおひたし。
発芽玄米には五穀米を入れて炊いてみましたら、これもなかなか美味しいですね♪
お味噌汁にはかぼちゃと玉葱入り。
それとちょっとしたスイーツ、かぼちゃとあずきの煮合せは、砂糖を使わず、
盛り付けたあとに蜂蜜をちょっぴりかけただけ♪

c0164052_5582513.jpg

c0164052_685598.jpg
お豆腐と野菜のハンバーグには、
お豆腐1丁を使い、冷蔵庫の野菜を
あれこれみじん切りにして入れたら、
こ~んなにいっぱいできちゃったんですけど・・・^^;

今回は、大根おろしにポン酢醤油であっさりでしたが、
あんかけにしてみたり、スープの具にしたり?
チーズをのせて焼いてみてもおいしそう♪
毎日食べても1週間分くらいありますよ~。(汗)
家族がいたら、すぐなくなっちゃうんでしょうけどね!
[PR]
by hirorobox | 2010-12-11 07:08 | 日本編Japan | Comments(14)

青葉の森公園と、手作りなんちゃって玄米菜食

いつもの青葉の森公園。
桜や銀杏の葉っぱはすっかり落ちてしまいましたが、まだまだもみじがとっても綺麗です。
c0164052_10175873.jpg

c0164052_10182794.jpg

c0164052_10185123.jpg

c0164052_10195396.jpg

c0164052_10192531.jpg

c0164052_10201464.jpg

c0164052_10211971.jpg

とても広い公園なので、ぐるりとひとまわりするだけでけっこうな運動になりますよ~。
きーんとした青空と、裸ん坊になった木々たちが、間もなく冬がやってくると告げていました。
c0164052_10262943.jpg

花と緑の相談室のクリスマスデコは、ナチュラルでとても可愛いい♪
c0164052_1027303.jpg

まだまだ元気だったので、自然生態園の中も歩きました。
ここは本当に街の中とは思えないような静けさ。 野鳥の楽園です。
ふんわりした落ち葉をさくさくと踏みしめながら歩くのは、気持ちがいいですね~。
c0164052_1032312.jpg


************


c0164052_11343792.jpg
久しぶりに田口ランディさんの本読みました。
なかなか面白い好きな作家さんだったのですが、
昔、盗作騒ぎとかが加熱して、なんとなく
あんまり読みたくなくなってしまったんですよね。

でも何げなく手にしてみたくなったこの本、
ガン患者を治療していたお医者さんがガンになって、
現代医療を否定しはじめるというお話で、
大変興味深かったです。

そしてランディさんは、物書きとして
本当にある種の才能を持っている人だなぁと、
改めて思いました。


ダイエットで自分の身体の声を聞いた?ばかりの私にとっては、とてもタイムリーな内容でした。^0^
お腹いっぱいになりすぎないように気をつけて、毎日決めた運動をして、ストイックに過ごしていると、
なぜだか不思議に感性が研ぎ澄まされていくみたい、身体も少しずつ活性化されていくみたい、
という感じが、ほんとにしたものです。

でも、だいたい理想体重になったので、(でも10年前よりはまだまだデブです)^^;
ダイエット終了して通常モードになった途端、なぜか風邪をひくわ、熱を出すわで、
ぐずぐずとウォーキングも2週間ぐらいお休みしておりました。^^;
が、体調もほとんど復活、これからもできる限り歩くことを続けられたらと思っています。
毎日ぜったい1時間以上!とかの課題は自分に課しませんけれど、ゆる~くマイペースにね。^^

食べ物は、いちいちカロリー計算するのもやめてしまったし、普通にたくさん食べ始めたのに、
なぜかリバウンドもせず、なかなかいい調子です♪
でも今後も、食事の内容にはなるべく気を配って、食べ過ぎないようにしなければですね。(笑)

私、ダイエット中は、味覚もとても敏感になっていて、玄米菜食の美味しさに大変感銘を受けました。
炭水化物が大好きなので、お家でごはんを炊くのは(大食い防止のため)禁止にしていましたが、
それも復活で~す。
どうせなら、玄米生活にしてみようと、発芽玄米、買ってきましたよ。

今までは、玄米って面倒くさそうだな~と思っていたのですが、
クロアチアに住むadriatic-seaさんのブログで、簡単な玄米ごはんの炊き方を読んで、
これなら楽々だ~、作ってみようと触発されたのもきっかけです。

お肉もお魚も大好き、洋食も、エスニックも、たまにはジャンクフードを食べるのも好きな私には、
毎日毎日手作りの玄米菜食を続けることはストレスになるだろうし、ちょっとできないけれど、
でも1週間に1回か2回くらいは、なるべく心を込めてスローに作ってみようと思うのでした。

c0164052_11262168.jpg
玄米菜食ごはん手作りの士気を高めようと、
こんな大小皿も買ってみました。

おおっ? これに乗せると、
何でもないメニューも素敵に見えるみたい。(笑)

これなら、喫茶まめのまめご膳にも、
ブラウンズフィールドの素敵なマクロビフードにも、
もうすぐ手が届きそうかもっ? (見かけだけ)笑


というわけで、ある日の手作り玄米菜食ごはん♪
c0164052_11113914.jpg

発芽玄米に、葱とワカメのお味噌汁、おかずは、絹揚げの大根おろし、
常備菜の5目ひじき煮、にんじん明太子和え、焼いてお塩と黒胡椒しただけのかぼちゃ。
簡単なものばかりだし、材料もそのへんのスーパーで買ってきたものだし、
しかも明太子は動物性蛋白? とってもゆる~い、なんちゃって玄米菜食なんですけれど。^^;

玄米も、こちらのadriatic-seaさんの作り方だと、一晩お水に浸けなくても、
思い立ったらすぐにおいしい玄米ごはんが炊けました! これはほんとに便利な作り方でしたよ。
よろしかったら、みなさんもどうぞご参考になさってみて下さい。^^
[PR]
by hirorobox | 2010-12-07 12:37 | 日本編Japan | Comments(10)

秋色のハーブガーデン、と本格マクロビ・ランチで学んだこと

久しぶりに、大多喜のハーブガーデンまで遠出をしてきました。
秋色に染まった静かなハーブガーデンは、ほんのちょっぴり寂しげでしたが、
春先の芽吹きや、生命力溢れる初夏の様子とはまた違った魅力があって、なかなかいいものです。
c0164052_45782.jpg

チャペルのあたりが、お花がたくさん咲いていて、色づいた木からはらはらと葉が落ちて、一番綺麗でした。
c0164052_475219.jpg

窓からドックホテルに入ろうとしているサンタさんが!(笑)
園内は、早くもクリスマスデコで飾られていましたよ。
c0164052_49496.jpg

c0164052_4102482.jpg

c0164052_4104977.jpg

c0164052_4111365.jpg

c0164052_646035.jpg
レストラン・アンジェリカのランチも、
ハーブをたくさん使った
それはそれは心くすぐる
素敵なメニューが揃っていますし・・・

丘を下ったお隣にあるサン農園のベジタブルガーデン
ガラス張りの明るいテラスで
ヘルシーな野菜料理をいただくという選択肢にも、
もちろん後ろ髪をひかれつつ・・・


えいやっと、この日は、新体験に挑戦してみることに?!!!
新たなマイ・ヘルシーランチスポットを開発しようと、
ずんずんずんと、さらなる千葉の奥地まで?足を伸ばしてみましたよん。^0^

c0164052_4382274.jpg
カーナビを頼りに、
大多喜町からさらに田舎道を
とことこと走って参ります。

そして到着したのは、こちらです。

ブラウンズフィールド・
 ライステラス・カフェ


それは、
英国人フォトジャーナリスト
エバレット・ブラウンさんと、
マクロビオティックを日本に広めた
第一人者と言われる、
料理研究家の中島デコさんご夫妻が、
10年ほど前にこの地に移り住んだのが
始まりだったのだそうです。



手作り感あふれる、この素敵なカフェでいただいたのは、、、
c0164052_4575427.jpg

わーお、すっごく美味しい、本物のマクロビランチプレートでした♪
 *ベジローフ・2色ソース
 *まるごと人参フライ
 *くるみとひじきソースのスパイラルパスタ
 *スライス根菜とヒヨコ豆の甘辛煮
 *もち栗入り玄米ご飯
 *キャベツとかぼちゃのスープ
 *ハヤトウリのさっぱりピクルス
c0164052_5143356.jpg

お肉、お魚、卵、乳製品は一切使っていない、とても厳格なマクロビ料理だそうです。
な、なのに、いったいどうしてこんなに美味しいものができるのでしょう?
ベジローフなんて、ものすごくおいしいミートローフより、もっと美味しいんじゃないかと思いました。

c0164052_6182674.jpg
テーブルの上に、こんなものが置いてありました。

書いてあるとおりに、
これで食べ終わったお皿を綺麗に拭きましたが、
なんだかもったいないような可愛い古布♪

c0164052_6204018.jpg


食後にYogi tea hotと、(誘惑に負けて)ケーキもいただいてしまいました。
 *抹茶シフォンケーキ あずきクリームソース&豆腐クリーム添え
ふんわりというよりどっしりとした、しっかり食べ応えのあるシフォンでした。
卵も砂糖もなしで、こんなに膨らむむんてすごいな~。
あずきも、豆腐クリームも、自然な甘味がとても美味しいぃ!
c0164052_5163948.jpg

カフェの外観は、こんな感じ。
ナチュラルで、周りの自然と調和していて、なんとも素敵です。
c0164052_5182682.jpg

お庭には、かわいい子ヤギたちと、お母さんヤギもいます。
c0164052_5192110.jpg

お父さんヤギはこちらに。^^
c0164052_5203356.jpg

c0164052_738642.jpg
こちらの丸い建物が、
トイレ、というか、
なんともおしゃれなバスルームなのですが、

お借りしようと思って近づいて行ったら、
ちょっと固まる小ヤギさんたち。
でも逃げない。
か、かわいい~。



c0164052_7393294.jpg
お手洗いでも、
使ったペーパーは、
トイレに流すのではなく、
ゴミ箱に捨てるのでした。

お水も大切に使って下さいね
というお願いも書いてありました。




ハンモックのゆれる森では、黒ねこちゃんがひなたぼっこをしていましたよ。
c0164052_5283779.jpg

ちゃんと電気もあるし、石油ストーブも使っていたし、
水洗トイレも素敵なバスルームもある、センスの良い文化的な生活です。
でもこんなふうに、なるべくエネルギーを無駄使いしない工夫をして、
自然にも身体にも優しいエコな生活を実践しようとするのは、素晴らしいことですよね。
そのお手本を、ほんの短時間でも垣間見ることのできた、貴重なランチタイム体験でした。
c0164052_7541094.jpg

お肉も、お魚も、卵も、だ~い好きな私は、厳格なマクロビ信者には決してなれそうもありませんが、
学ぶ所はたくさんありました。
ぜんぜん無理はしないけれど、なるべく地球に優しく、自分の身体にも優しいシンプルな生活を
これからすこしずつでも目指していけたらいいなぁ。

特にこの度のダイエット経験は、私に「食」の大切さをしみじみと教えてくれたようです。
もう食事はほとんど普通に食べちゃっていますが、
なんちゃってながらも、「必要なぶんだけ美味しくいただいて、食べ過ぎない!」
ということをしっかり学んだと思います。(笑)
それは、地球のエネルギー資源に対する姿勢と似ているところがありますね。

便利さや快楽やお金儲けのために、湯水のようにばんばんと
資源の浪費がエスカレートしていく、人や文化や国々と(まったく地球に優しくありませんね)、
お腹がいっぱいになっても、さらに美味しいものを、ジャンクフードを、甘いケーキをと、
パンパンなのにもっともっとと自分の中に詰め込んでいた私。。。
こんなことが身体に優しいわけがないって、この期に及んで身をもって理解したのでした。(爆)

結局真剣にダイエットしたのは、ほんの1ヶ月ちょっとだけなんですが、
取り戻したのは、ちゃんとした?ウェストラインだけでなく、
きっと自分自身の健康もなんだろうな~と思うのです。^0^

************

偶然、この素敵なランチを作って下さったかたのブログを発見しました!
私の撮ったぼけぼけの写真より、ずっと綺麗で美味しそうな写真が見れます。
材料や作り方なども少し書いて下さっていますので、
ご興味のある方がいらっしゃいましたら、こちらのページをぜひご覧になって下さい。
[PR]
by hirorobox | 2010-11-20 08:00 | 日本編Japan | Comments(12)

遠征ウォーキング・印旛沼の金メダルコース

先日、人通りの少ない住宅街をしゃかしゃかとウォーキングしていたら、
後ろから走ってきた自転車のおじさんが、私を追い抜いた少し先で立ち止まり、
いきなり「綺麗な背中をしていますね」と声をかけてきました。

?????

もしこれがフランスでだったら、
アンニュイに微笑んで、上手に賛辞を受け流すのが、イイ女のマナーなのかも。

だけど、もしこれがUAEだったら、
キッとにらみつけて、私に近寄るなオーラ全開で拒否しなければ、トラブルの元。

アメリカでは、、、 まあ、相手に対する興味がなければ、無視するのが無難でしょうか。

で、ここは日本、相手は人の良さそうな地元のおじさん。 ←でも全然知らない人。
(いったいこれは、ナンパ? セクハラ? それともただの挨拶なのか???)
ご近所とはいえ、見ず知らずの異性から、いきなりこんなことを言われて、
えっ私はどう反応したらいいのと、一瞬頭が真っ白になりましたよ。

いぶかしげにしている私に、彼は聞こえなかったと思ったのか、
「綺麗な背中ですよ、姿勢がいいですねぇ」と、邪気も無く繰り返したので、
ああ、まったく悪気はない言葉かけだったのだと納得しましたが、
一応笑顔は見せず、固い表情は変えずにつらぬくことに致しました。

まるでフィットネスクラブのコーチみたいな挨拶ですよね。
地元のおばさんとかに体操でも教えているかただったのかもしれません。
このあたりでは防犯ボランティアグループのようなものもあって、
よく自転車で見回りをしてくれたりしています。
非番のボランティアさんだったのかな?
最近ウォーキングを始めた女、愛想が悪くて感じ悪いよとか、仲間内で噂されてたりして。^^;

なんというか、あちこちの国のいろんな文化の中に身を置いてみると、
どうも日本の常識みたいなものがだんだんわからなくなってきてしまいました。
道で人に会ったらちゃんとご挨拶しなさい、
ご近所の人に話しかけられたら丁寧に答えなさいと、躾けられた時代の私です。
ここはそんなに田舎ではないですが、まあ大都会の真ん中というわけでもなく、、、
ううむ、難しいものですね、ニッポンのご近所付き合い。。。

というわけで、毎日のウォーキングも、なんとなく時間を変えてみたり、コースを変えてみたり。
連れは遠い外国にいて、私は日本で一人暮らしの今、あまり自分の生活習慣や外出時間を
他人に読まれないようにする配慮も、一応大事かな~と感じたりもしています。

その点、遠征ウォーキングは、やっぱり気楽で楽しいですね~。
出会う人々は、みな接点の無い見ず知らずの人だし、にっこり挨拶を交わすのも、
黙々とすれ違うのも、相手の様子を見たり、その時の自分の気分次第でOKだったり。

さてこちらはお馴染みの、印旛沼湖畔。
c0164052_849123.jpg

ここは連れのお気に入りの場所で、たらたらお散歩にはよく行ったものですが、
真剣ウォーキング?にも、なかなかぴったりの場所ではないですか!

このあたりは、マラソンの金メダリストたちのトレーニングにもよく使われていたようで、
有森裕子さんや高橋尚子さんにちなんだ、こんなコースもあるんですよ。
c0164052_8505816.jpg

ま、私の場合は、ぜんぜんへたれな、ただのなんちゃってウォーキングなんですが、
このコースを歩いているだけで、ぴしっといっぱしの気分になってくるのは不思議です。
場の空気というのでしょうか。。。(←いや、それはただの気のせいだと思うけど)^^;

c0164052_92615.jpg

セイタカアワダチソウの咲く道を、
黙々と歩きます。








c0164052_93824.jpg

湖畔を吹き渡る風が、
とっても気持ちがいいのです。








c0164052_94544.jpg
歩き続けて、ハイな気分になってきた頃、、、
おお?
あの夕日が綺麗な、双子公園まであと3キロ?
そんなのすぐに行けちゃうじゃん、
と思いましたが、着いてもその後、歩いて
この広場の駐車場まで帰って来れるのか?
ここには、電車もバスもありませんよ~。
と心配になり、、、
やっぱり引き返すことにしました。


c0164052_9125134.jpg

そうだ! サイクリングだったら楽勝で、もっと遠くまで、
印旛沼ぐるり一周だってできちゃうかもですね?(そ、そこまでは無謀かもですが)^^;
次はレンタサイクルで、どこまで行けるか挑戦してみよう~!と思いました。
c0164052_91155.jpg

またいつか、お天気の良い日に、来て見るつもりです。
c0164052_914950.jpg


************

そしてこの日は、ウォーキングの後、禁断の外食をしてしまいました。
c0164052_9162510.jpg


c0164052_9201853.jpg
風車のあるふるさと広場の
ほど近くにあるこのお店。

喫茶「まめ」です。

とても美味しい、ヘルシーで家庭的な
玄米菜食がいただけるのです。

本日のまめご膳のメニューも素敵だ♪










c0164052_9211773.jpg

じゃーん、これがまめご膳。
c0164052_9214853.jpg

c0164052_9221572.jpg
デザートのマンゴーゼリー。

ごはんは半分残そうと思っていたのに、
美味しくて、全部食べちゃいました!
でもヘルシーだから、きっと大丈夫かな~。

嬉しいことに、なんちゃってダイエットで、
胃の大きさも普通に戻ってきたみたいです。
大食いだった以前は、これくらいのランチだと
お腹が減ってしまって、
おやつにたくさん食べてしまったものですが、
この日は、夕ごはんまで
しっかり満たされていましたよ。^0^

喫茶まめ、とっても地味~なお店ですが、
お料理はすごく美味しいです。
ご案内はこちらのページをどうぞ。
[PR]
by hirorobox | 2010-11-01 10:09 | 日本編Japan | Comments(10)