世界のあっちこっちで・暮らしの中の小さな幸せ♪

hirorobox.exblog.jp
ブログトップ

日本のお盆を思う 聖エティエンヌ教会

最近なんとなく急に、亡くなった祖母のこととかを思い出していました。
そういえば、日本は今、お盆なのでしたね。。。
この時期は、日本人にとって、この世とあの世との境界線が
ちょっと薄くなるように感じられる時期なのかもしれません。

c0164052_4404254.jpg

c0164052_441173.jpg

この街の、
第一次世界大戦の犠牲者を祭る
モニュメントです。

フランス中のあらゆる街や村で、
このような慰霊碑を見かけますが、
第二次世界大戦の碑を見かけないのは
どうしてなのだろうと思います。

何かわけがあるのでしょうか。。。








すぐそばに、聖エティエンヌ教会(トゥールーズ大聖堂)があります。
c0164052_4541880.jpg

1078年から、数百年の年月をかけて、増築改築を繰り返して建てられたという建物は、
非対称で複雑な形をしていますが、それなりに均整のとれた美しさがあります。
教会の外側から見た窓は、保護のためにカバーがかけられていて、そんなに綺麗ではないのですが、
c0164052_458027.jpg

教会の中から見たステンドグラスは、それはもううっとりするほど素敵です。
c0164052_4582740.jpg

この教会には、トゥールーズで一番古いステンドグラスの窓がある教会だそうです。
そのガラスは13世紀末とも14世紀のものとも言われているようですが、
どの窓もそれぞれ素晴らしく、どれがその一番古いものなのか、私はわかりませんでした。
c0164052_55370.jpg

この壁に作りつけられた大きなパイプオルガンは、1613年に作られたものだそう。
c0164052_564098.jpg

椅子のひとつひとつ、木彫りの動物が全部違うのです。ひとつひとつ見てるだけで面白いです。
c0164052_5314031.jpg

                           正面の祭壇。
c0164052_5163316.jpg

この他にも見所がたくさんの、歴史ある古い教会なのですが、
妙に疲れてしまったので、この日はこのへんで帰ることにしました。
(宗教施設というものは、何かあるのか、時々短時間でとても疲れてしまうことがあります。。。謎)

c0164052_5215292.jpg
ガロンヌリバーに向かって
少し歩いて見ました。

ポン・ヌフ(新しい橋)
なんですが、
今ではそうとう古いです。(笑)

パリのポン・ヌフもそうですね。^^



c0164052_5253138.jpg

c0164052_526093.jpg

この日はたくさん歩いたので、
お腹が減って、
キャピトル広場で
買い食いしてしまいました。

なんでもないレモンフランなんですが、
なんだかとても美味しかったです。^^
[PR]
by hirorobox | 2009-08-14 06:25 | フランス編France