世界のあっちこっちで・暮らしの中の小さな幸せ♪

hirorobox.exblog.jp
ブログトップ

お別れのなんちゃって和食

親しい親戚家族とのお別れ食事会。
めげずに作った、なんちゃって和食メニューであります。

食材の目玉は、スーパー・カジノで見つけた、薄切り牛肉!
生食のマリネ用みたいなのですが、これで牛丼が作れるかもと思いました。
すき焼きパーティーなんかできたら、準備も簡単だし、日本ぽくて素敵なのですが、
こちらでは、ひとつの鍋をみんなでつつき合う行為というのは、違和感というか、すごく抵抗があるようです。
なので、メインディッシュは、牛丼ということにしてみました。
c0164052_530095.jpg

あとは、舞茸みたいなキノコと、長ネギに似てるこんな材料を買ってきて、
さてさて、どんな牛丼になることやら・・・。
c0164052_5303647.jpg


************

お食事スタート。
まずは、無難にサーモンロール。 マヨネーズをた~っぷり乗せましたので、まずまずの好評。
c0164052_537197.jpg

揚げ餃子は、ずいぶん気に入ってもらえたようです。
小さなお客さまも、お醤油をつけながらバクバク食べてくれたのに、ビックリ。
彼女は、このお料理が一番美味しかったそうです。 うれし~い。
c0164052_5405343.jpg

そしてメインの、牛丼(もどき)。^^;
c0164052_5414442.jpg

おどんぶりがないので、スープ皿でこんな盛り付けになっちゃいました。 こりゃ牛丼じゃないですね。^^;
反応は、、、う~む、いまいち、というか、いまじゅうくらい? ちょっとはずしてしまったようです。(涙)
だけど私にとっては、なんちゃってとはいえ感涙ものの日本の食べ物、すごく美味しく感じたのですが。
歩み寄れない、味覚の違い。 やっぱり和食の献立は、むずかしいデスネ。。。

写真がありませんが、デザートには、炊飯器で抹茶のヨーグルトスフレを作りました♪
たっぷりあま~くした上に、生クリームをものすごく厚塗りして、チェリーとミントで飾ってお出ししました。
すごい甘味と、ヨーグルトの酸味で、抹茶の味はほとんど隠れてしまいましたが、
(かえってそれが良かったのかも)^^;
きれいなグリーン色のスフレに、とっても感動してもらえましたよ。^0^

というわけで、バタバタのお別れ食事会・和食編。
一番好評だった、揚げ餃子の作り方覚え書きを、書いておこうと思います。

手作りなんかしてるヒマなかったので、コリアンショップで買った皮。
丸い餃子の皮は売っていなくて、四角いシュウマイの皮?で作りました。

牛ひき肉はどこにでもありますが、豚や鶏のひき肉を探すのは難しいフランス。
お肉屋さんにたのんでも、機械が牛肉専用だからと、ほんの少量をミンチになんかしてくれません。
自分で包丁でミンチにするのは、超手間なので、
どこかで見たうろ覚えのレシピを参考に作った、ひろろオリジナル?鶏肉の揚げギョーザです。

6人分くらい

・ 鶏むね肉(300gほど)を1㎝くらいのサイコロ型に切ります。(ミンチにするよりずいぶん楽デス)
・ お醤油(6T)、しょうが汁(2T)、みりん(2T)、それにマスタード(2T)を入れた漬け汁に
 1時間以上浸けます。 (このマスタードの味が、好評だった理由かも?)
・ 皮で包み、フライパンに厚めにひいた油で、揚げ焼きにします。

以上、シンプルな材料で簡単に作れちゃう、揚げギョーザ(マスタード風味)です♪
つけ汁の分量は、目分量でそれくらいだったかな~と言う感じなので、
多少違っても、いい加減でも、美味しくできると思いますヨ。マスタード、もう少し多めでもいいかも。

和風ぽい献立で、外国人のお客様をお迎えする時、メニューに困ったら、
これはあんまりハズレないと思います。 お試しあれ~♪
(あ、でもギョーザって中華料理ですね? まあ、だけどもうすっかり日本の国民食ですよね ^0^)

************

お別れフランス。 夕暮れ散歩。
c0164052_653927.jpg

[PR]
by hirorobox | 2011-07-02 07:29 | フランス編France