人気ブログランキング |

世界のあっちこっちで・暮らしの中の小さな幸せ♪

hirorobox.exblog.jp
ブログトップ

図書館へ行こう ・マカオ編  ロバート・ホートン図書館

こちらは、文化遺産にもなっている、素敵な図書館、ロバート・ホートン図書館です。
c0164052_1171980.jpg

ロバート・ホートンという香港の豪商が持っていた、マカオの別荘だったそうですが、
マカオ政府に寄付されて、図書館になったという由緒ある建物です。
緑あふれるお庭があって、まるで図書館というより、小さなホテルの庭園みたい。
ここでは、街なかの暑さと喧噪も嘘のように、静かな木陰で寛げます。
c0164052_11183699.jpg

c0164052_11193855.jpg

ホートン卿の邸宅だった建物の後ろには、近代的な4階建てのビルが建ち、
どちらも図書館として使われています。
c0164052_11244382.jpg

c0164052_11262882.jpg

ここの図書館には、5000冊もの、中国語やポルトガル語の貴重な古書が所蔵されているそうです。
日本の作家の本もたくさんあるのですが、マカオ大学の図書館とは違って、
残念ながらここのは全部、中国語に翻訳された本ばかり。。。
だけど、背表紙を見ながらひやかして歩くだけでも、なかなか楽しいものです。
松本清張のシリーズ間に、太宰治がいたりするし、、、
c0164052_11333587.jpg

辻仁成の「右岸」は2冊もあるのに、江國香織の「左岸」が無いのは、なぜかにゃ?、、、とか、
c0164052_1136887.jpg

蔵書検索できるパソコンも置いてありますが、中国語とポルトガル語しか使えないので、
私にはまったく歯がたちません。
c0164052_11411461.jpg

c0164052_1141485.jpg

本がいっぱいの館内の風景。
c0164052_13344529.jpg

窓から見える緑のお庭。
c0164052_13354447.jpg

「休息室」と書かれたお部屋から見える風景もいい感じ。
c0164052_1337268.jpg

c0164052_13384717.jpg

児童書のコーナーへ続くトンネルは、極彩色!
c0164052_13402046.jpg

お部屋も、すごい極彩色!
なるべくナチュラルで落ち着いた雰囲気にしようとする日本の図書館とは、いささか違った趣きです。
c0164052_1344649.jpg

奥のお庭の様子です。
c0164052_13475964.jpg

c0164052_13484444.jpg

c0164052_13494343.jpg

c0164052_1350552.jpg

この回廊のような、お庭を眺めながら過ごせる場所は、冷房がなくても風が通って涼しいのです。
観光客で混み合っている時もありますが、
今は暑い時期なので、あまり人もいなくて、静かで居心地が良いのです。
c0164052_13532752.jpg

この図書館は、一日中でもひとりで過ごせる、とてもお気に入りの場所のひとつです。
c0164052_1627032.jpg

余談ですが・・・
雑誌のコーナーで、日本の雑誌を発見!
c0164052_1634580.jpg

暑さで家にこもりがちな毎日、何か小さな手仕事でもしてみたら楽しく過ごせるかしらと
ちょうど考えていたところなのです。
これくらいの簡単なものなら、私にもすぐできそうかも?
c0164052_1634412.jpg

作り方のページをコピーしてもらいました。(一枚0.5MOP)
時間はたっぷりあるのだけれど、でも材料が・・・
手元にあるのは、日本から持って来た、針と糸の小さなソーイングセットだけ。(涙)
マカオでは、今まで手芸屋さんを見かけたことが一度もないのです。
香港まで行けば、有名な、日暮里繊維街みたいな町があるらしいのですけれど・・・?
by hirorobox | 2014-06-14 16:17 | マカオ編Macau